★MotoGP2017ドイツGP マルケス「日曜に備えて最適なタイヤを選択する必要がある」

木曜のプレスカンファレンスでも語っていたように、ドライでもウェットでも安定した速さを発揮しているマルケス選手。路面が新しいこともあってタイヤの消耗が激しいようなので、レースに備えて最適なタイヤチョイスが必要とのこと。

Sponsored Link

マルク・マルケス

「今日は非常にポジティブでした。ドライコンディションで良い感触で力強く走れましたし、午後のウェットコンディションでも同様でした。これが重要なんです。ここではどのようなコンディションに直面するかわかりませんからね。明日と日曜は今のところ晴れそうですが、これも確かではありません。良いセットアップから始める事が出来て快適に感じています。トラックコンディションにしたがって改善を続けて行く必要があります。新しいアスファルトはどんどん良くなっていますし、これで全てが変わる可能性があります。ウェットコンディションでは既にグリップは素晴らしいレベルにあります。昨年より4秒くらい速く走れています。」

「ドライではポテンシャルはあると思います。ただ、アスファルトがまだ新しいですから、少し滑りやすいですね。とにかく明日の天候がどうなるかですけど、既にどのコンディションでも良い走行が出来ることがわかっています。正直なところ、ウェットコンディションでのグリップは昨年よりもだいぶ良いです。ラップごとに4秒ほど速く走れていますし、これはかなり大きなことです。グリップは良くなってますし、タイヤも昨年とくらべて良くなっていると思います。特にフロントに関してはそうですね。」

「ウェットではフィーリングは良い感じです。これが重要なことで、ドライコンディションでは少し状況が異なります。グリップはあるんですが、どのカテゴリーでもタイヤのグリップが落ちるのはかなり急で、これに関して作業が必要です。適切なリアタイヤを選ぶ必要があります。今回は様々なオプションがありますからね。今日は自分は2種類のタイヤのみを試しました。明日は日曜に備えて最適なタイヤを選ぶ必要があります。」

「ターン11は確かに高速コーナーで、今朝はここで0.1秒失いました。FP1では常に気を使う必要がありますし、ここでは220km/hほどで走行しますからリスクはあまり冒したくないんです。ここで転倒すると大変ですから。ただ、このコーナーでスローダウンするのは難しんです。ここでスローダウンするとバンクがよりきつくなってしまいますからね。ですから、ここでスローダウンするとなるとレイアウト全体を変える必要があるんですよ。」

「ただ、最終的には皆が今朝はソフトタイヤで走行を始めたというのは本当で、転倒が増えたのは、皆が新しいソフトリア、ミディアムフロントを履いた時なんです。これはグリップの高いタイヤを履いたことでフロントを押し出してしまう形となり、簡単にフロントを失うことになったんです。」

「今年はさらに(路面)バンクが増えるという話だったんですが、個人的には全く同じように感じます。ただ、こうしたコーナーには注意が必要ですし、フロントに注意が必要です。これはフィリップアイランドのターン4のような感じです。こうしたコーナーはシーズン中に常にあるんです。カタールのターン2だとか多くの転倒が起こるんです。こういったコーナーがあるということは理解が必要ですし、最適な形でコントロールする必要があるんです。」
(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017 ロッシ「フィーリングを見つけるのに苦戦している。」
★MotoGP2017カタールGP 決勝レースは日曜の日中開催の可能性あり
★MotoGP2017アルゼンチンGP マルケス「スリックを履こうかと思っていた」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ドヴィツィオーゾ「レースの中で順位を上げていきたい」
★CBR250R Frブレーキディスクボルト再使用禁止徹底のお願い
★MotoGP2017 データから見るアルゼンチンGP
★ホンダ 新型の軽二輪スーパースポーツモデル「CBR250RR」を発売
★MotoGP2017ヘレスGP FP3結果
★MotoGPヘレステスト 各チームのコメント Avintiaレーシング
★Eskil Suter 「MMX500はMotoGPマシンとも互角に戦える」
★MotoGP2017フランスGP 4位ドヴィツィオーゾ「4位は悪くないが満足は出来ない」
★MotoGP2017 マルケス「正直言って、カタルーニャの新レイアウトは気に入った」
★MotoGP2017アプリリア ロマーノ・アルベシアーノ「新しいフェアリングは明らかに利点がある」
★MotoGP2017チェコGP マルケス「こういう状況でも表彰台争いは出来る」
★MotoGP2017アラゴンGP ドヴィツィオーゾ「今週末も表彰台を狙っていく」
★MotoGP2017アラゴンGP ロッシ「快適に走る事が出来ている」
★MotoGP2017日本GP 木曜プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2017日本GP 予選プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2017日本GP 4位イアンノーネ「ようやく楽しんでレースが出来た」
★MotoGP2017ミシュランタイヤ オーストラリアGPプレビュー