★MotoGP2017ドイツGP FP3結果

ドイツGPのFP3結果です。ドライコンディションのFP3でトップタイムを獲得したのはマルケス選手。2位にビニャーレス選手。この2人のみが20秒台を記録しています。3位は地元ドイツのフォルガー選手、4位アレイシ・エスパルガロ選手、5位クラッチロー選手、6位ロッシ選手、7位ロレンソ選手、8位ドヴィツィオーゾ選手、9位ペドロサ選手、10位バウティスタ選手というトップ10です。

Sponsored Link

好調が続いていたペトルッチ選手は11位、ザルコ選手17位となっており、主要選手が徐々に良いタイムを記録しています。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017カタールGP 予選プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017カタールGP9位 アレックス・リンス「多くの事を学んだ」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ロッシ「問題が再発している」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ロッシ「フルドライかフルウェットのレースがいい」
★MotoGP2017アルゼンチンGP 予選プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017アメリカGP バウティスタ「今のレベルを維持したい」
★MotoGP2017アメリカGP FP2結果
★MotoGP2017アメリカGP マルケス「まだまだ改善出来るポイントがある」
★MotoGP2017ヘレスGP サム・ローズ「MotoGPクラスでの初ポイント獲得を目指したい」
★MotoGP2017ヘレスGP Q1結果
★MotoGP2017ヘレスGP Q2結果
★MotoGP2017フランスGP ギュントーリ「ル・マンでの走行が本当に楽しみ」
★モビスターヤマハ「ロッシは明日からの練習走行に参加出来る」
★MotoGP2017イタリアGP Q2結果
★MotoGP2017イタリアGP 6位マルケス「前後ミディアム以外に選択肢はなかった」
★MotoGP2017オランダGP FP2結果
★MotoGP2017オランダGP フォルガー「アッセンにライディングスタイルは合っている」
★MotoGP2017オランダGP FP4結果
★MotoGP2017 6/27時点でのポイントスタンディング
★MotoGP2017 ジャック・ミラー2018年はPramac Ducatiから参戦