★MotoGP2017ドイツGP 予選2位ペトルッチ「いずれのコンディションでもトップ5は可能」

ドイツGPで予選2位を獲得したペトルッチ選手。Q1から進出してそのままQ2でも1列目という素晴らしい走りでした。ペトルッチ選手は2018年もPramac Ducatiとの契約を更新しており、ファクトリー契約のオファーが来ていたアプリリアを断ってDucatiに残るという決断をしたようです。これに関しては2019年にチャンスがあるかもと話しています。

Sponsored Link

予選2位ダニロ・ペトルッチ

「今日は午前中はドライでFP4もドライ、それから予選はウェットとなりましたので難しいコンディションでした。Q1で自信を持ってQ2にレインコンディションで進出出来たのはラッキーでしたね。Q2はマルクのほうが速かったですけど、マルクとダニと良いバトルが出来ましたので、これに関して嬉しく思っています。2人はMotoGPクラス最速の2人ですから。天候はどうなるかわかりませんが、ウェットのほうが自分は速く走れるでしょうね。ただ個人的にはドライレースを望んでいます。ウェットレースだと非常にレースが長く感じますし難しいですから。どちらのコンディションでもトップ5は可能だと感じています。」

「Pramacでもう1年走る事が出来るのは本当に嬉しいです。Ducatiも情熱的なメーカーですし、Pramacは自分のキャリアを通じて常にサポートしてきてくれています。自分にオファーを出してくれたアプリリアも別のイタリアブランドで、非常に巨大なメーカーです。これに関しては彼らに感謝したいと思っています。2019年にもしかしたらそういったチャンスがあるかもしれませんね。Ducatiは皆情熱的でDucatiで働いている人達にしても自分は大好きなんです。簡単な選択ではありませんでしたが、PramacとDucatiと働くという情熱的な部分が選択の決めてでしたね。」
(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017アメリカGP ビニャーレス「少なくとも3秒台は出せる」
★MotoGP2017アメリカGP マルケス「徐々に良いベースに近づきつつある」
★MotoGP2017アメリカGP3位 ペドロサ「フロントタイヤが駄目になってしまった」
★MotoGPはバレエなのか、それともバトルなのか?
★MotoGP2017ヘレスGP 予選23位 津田「レースの中で多くを学びたい」
★Eskil Suter 「MMX500はMotoGPマシンとも互角に戦える」
★MotoGP2017フランスGP ロッシ「ル・マンは非常に重要なレースになる」
★MotoGP2017フランスGP 予選7位レディング「2列目は獲得出来るペースだった」
★MotoGP2017フランスGP 5位クラッチロー「今日の目標はトップ6での完走だった」
★MotoGP2017ミシュラン カタルーニャGPプレビュー
★MotoGP2017アプリリア 2019年のサテライトチーム投入は可能
★MotoGP2017 ケビン・シュワンツ「GSX-RRは20位で終わるようなバイクではない」
★MotoGP2017 コラード・チェッキネッリ「メーカー独自IMUがチートに使われている可能性がある」
★MotoGP2017チェコGP ロレンソ「新型カウルはポジティブ80%、ネガティブ20%」
★MotoGP2017オーストリアGP 予選4位ビニャーレス「セクター1、2の加速性の向上が必要」
★MotoGP2017イギリスGP サム・ロウズ「現在、Moto2での選択肢は3つある」
★MotoGP2017サンマリノGP ビニャーレス「シーズン前半と同じ感触を感じている」
★MotoGP2017サンマリノGP マルケス「転倒で歓声があがるのは理解できない」
★MotoGP2017アラゴンGP ビニャーレス「自分達ならやれると信じる事が重要」
★MotoGP2017スズキ アラゴンでのテストをポジティブに終了