★MotoGP2017ドイツGP 予選6位ロレンソ「このポジションには満足」

ヤマハ時代にロレンソ選手が、レインコンディションで良い走行をしているという記憶はあまりありませんが、今回はDucatiでレインコンディションで納得のいく走りが出来たようです。実際のレースにおける天候によっていろいろな展開が予想されます。

Sponsored Link

ホルへ・ロレンソ

「Ducatiであればレインコンディションでも良い走りが出来ると話していましたが、今日はそれを証明できました。自分が望むようにバイクを止められなかった点など少し苦戦してはしまったんですが、通常のレインコンディションであれば自分は競争力があるんです。このポジションには満足です。このトラックは狭いですからね。今朝はセッティングを大きく変更しました。そのおかげでいつもどおりのライディングが出来るようになりましたし、フロントの自信もさらに持つことが出来ました。まだ改善点はあります。例えばトラクションコントロールをあまり作動させないようにアクセルを開けたりという点です。いずれにしても、将来的に役立つ方向で作業を進める事が出来ていると思います。」

「ドライのウォームアップがどうなるか興味深いです。自分のライディングスタイルで作業を進めるためにもね。それからレースは良いスタートが不可欠です。ホンダはここで非常に速いですし、レースペースに関してはまさにそうだと言えます。自分はセカンドグループで戦える自信はあります。ウェットレースになった場合はどんな事も起きるでしょう。トラック上の水の量が重要になりますし、バイクをライン上でしっかりと起こしておくということもそうです。タイヤ選択も鍵になります。そして出来る限りタイヤを温存させるということもそうですね。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link