★MotoGP2017ドイツGP 予選9位ロッシ「何が起きているのかわからない」

最近はビニャーレス選手が原因不明のトラブルを抱えていることが多いヤマハですが、今週はロッシ選手もタイムが伸びない理由が良くわからないようです。

Sponsored Link

予選9位 バレンティーノ・ロッシ

「残念ながらウェットコンディションで苦戦しました。どうやらヤマハはフォルガー以外、Ducati、ホンダよりも遅いようです。予選は非常に難しく、いろいろなことを試したんですが、十分な強さを発揮出来ませんでした。何が起きているのかよくわかりません。ザルコは2016年型のバイクで先週のアッセンでポールポジションを獲得しました。そして1週間後の今週は同じコンディションで19位なんです。」

「自分はアッセンではウェットコンディションで強さを発揮出来ましたが、ここではより苦戦しています。これはちょっと理解が難しいですね。また昨年と比べるとバイクのフィーリングは大きく異なります。昨年は自分はここでは最速の1人でした。まったくわけがわかりません。」

「マーベリックの問題が何なのかはわかりませんが、加速で確かに失っている部分があります。コーナー出口でトラクションが少なく、スピンが多くなっています。今日は大きく改善したんですが、ドライであまり素晴らしい走りが出来ていません。ただ、自分のペースはトップの選手達からそう離されてはいませんし、戦闘力はあります。」

「今週はクレイジーな天候になっていますし、常に変わっているようです。明日はどんな事も起き得るでしょう。明日はドライであると良いですね。そうすればトップに接近出来るでしょう。ただ、朝にいずれのコンディションでも対応が出来るようにモディファイが必要ですし、強い走りが出来るように何が必要か理解する必要があります。」

「明日のレースは昨年と同じような感じになるかもしれませんね。天候は非常に似ています。雨が降って晴れて、トラックが急激に乾いていく。昨年よりも乾くのは速いかもしれません。ですからしっかりと準備をして、フルウェットでも強い走りが出来るようにしたいです。そしてウォームアップに何らかの準備をしたいと思います。」

「問題はいずれのコンディションでも、新しいシャーシのほうが良いフィーリングを感じるということなんです。いずれにしても新しいシャーシでレースをすると思います。それか逆にするか。。いずれにしても完璧な状況ではないのは確かです。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link