★MotoGP2017ドイツGP 予選プレスカンファレンス翻訳

ドイツGPの予選プレスカンファレンスの翻訳をお届けします。練習走行同様にトリッキーなコンディションでのセッションでしたが、晴れても雨が降っても安定しているという意味では、レプソルホンダの2人の優勝争いになりそうですが、ウォームアップの結果ではマルケス選手に少し不安が残る形となりました。

Sponsored Link

 

ニック・ハリス

「またしてもポールポジションですが、今日は難しい1日、難しい週末でした。予選、練習走行など悪天の中でした。」

マルク・マルケス

「毎年難易度が上がっているような気がします。今年練習走行と予選がウェットコンディションだったのはクリティカルでした。ウェットではどういったフィーリングをバイクから感じられるかどうかというのは未知数です。Q2にウェットセッションの中挑むというのは少し奇妙でしたが、序盤はバイクのフィーリングを確かめていきスピードを上げていくことが出来ました。走行の中では全力でプッシュ出来る瞬間を待っていたんです。ただ路面の水が少ないほうがグリップしないと気づいたんです。そのためラップタイムを向上させていくのが難しかったですね。今日の目標はフロントロー獲得で、今日はポールポジションを獲得出来ました。明日はもちろんドライのレースを望んでいます。」

 

ニック・ハリス

「トラックは驚くほどのスピードで乾きますね。」

マルク・マルケス

「昨年もレースの時点ではかなり速く乾いていましたが、今年の新しいアスファルトではさらに速く乾くようですね。ですから、明日はドライなのかウェットなのかという事に関してしっかりと集中している必要があります。フラッグtoフラッグレースになる可能性がありますが、最も重要なことはウェットでも良いフィーリングがあるということです。どちらのコンディションでも準備は出来ています。明日は表彰台を目指しますが、当然優勝を狙っていきます。」


 

ニック・ハリス

「マルクありがとう。それではPramacのダニロ・ペトルッチ。今日はQ1からこの順位を獲得しました。通常はQ1から走ってきてもプラスになることはないと思いますが、今回はウェットコンディションで良い走行が出来ていましたし、プラスになったのではないでしょうか。」

ダニロ・ペトルッチ

「Q1から走行したことで、序盤に良いペースを記録することに役立ちました。ただ、最終ラップのアタックでリアのトラクションを少し失ってしまったので、少しセーブするべきでしたね。自分は非常に良いラップだったんですが、マルクのほうが自分よりも速かったですね。ただ今朝はセッション最終ラップのアタックでQ2にダイレクトに進出を決めることが出来そうなラップで転倒してしまいました。ですから今日はレインコンディションに助けられたというのはあるでしょうね。ドライコンディションであればフロントローを獲得出来たかわかりませんから。ただ、これで自分にとっては3連続のフロントロースタートとなります。ムジェロを考えれば(※トラックリミットを超えていたために、ラップがキャンセルされた)4連続となります。ですから非常に嬉しいですよね。明日のコンディションがどうなるかはわかりませんが、自分はいずれのコンディションでもポジティブです。」

 

ニック・ハリス

「ダニロありがとう。それでは最後にダニ・ペドロサに聞きましょう。簡単なセッションではなかったと思いますが、新しい路面は気に入ったようですね。」

ダニ・ペドロサ

「確かにそうですね。ウェットでもドライでも良いライディングが出来ていますし。先週は同じコンディションでしたが厳しい走行となりました。今回はウェットとドライの両方で良いペースで走る事が出来ました。昨日からウェットコンディションで良い走りが出来ていました。今日も良い走行が出来ていましたし、このフロントローは嬉しいですね。このトラックでは最初のコーナーがタイトですから、フロントローを獲得することは本当に重要なんです。」


 

ニック・ハリス

「まだ天候がどうなるかわかりませんが、フラッグtoフラッグになる可能性もありますよね。」

ダニ・ペドロサ

「ええ。天候はどうなるかわかりません。明日が晴れなら晴れで良い走行が出来るようにするということですが、雨の場合は路面にもの凄い量の水が溜まります。ただ雨が止んだ後はトラックが非常に速く乾いていきます。コンディションは刻々と変わっていきますから、どちらのコンディションであっても準備が出来ている事が重要です。ただ、少なくともいずれのコンディションであっても速い走行が出来ています。」
 

ニック・ハリス

「ダニありがとう。それではフロアからの質問をどうぞ。」

 

Q

「明日はマーベリック、ドヴィツィオーゾ、ロッシが後方にいますが、チャンピオンシップでリードするというのはどの程度重要なことでしょうか?」

マルク・マルケス

「こればっかりは自分がコントロール出来ることではありません。自分が優勝出来るかもしれませんが、彼が2位を獲得するかもしれません。明日は今日と同じようなフィーリングを見つけるということが重要です。今日は朝、そして午後も高い競争力がありました。ウォームアップからどういった走りが出来るのかにもよりますが、ここはチャンピオンシップにおけるポイントを詰めることが出来る可能性があるトラックです。こうしたチャンスは毎週あるわけではありません。目標は全てのライダーの前でゴールすること、そしてチャンピオンシップにおけるポイント差を詰めることです。」

 

Q

「予選の際にマーベリックと何があったのでしょうか?」

マルク・マルケス

「誤解が少しあったようです。自分はウェットタイヤで良いペースを維持したいと思ってプッシュしていて、序盤に彼をオーバーテイクしました。2周目も自分はプッシュを続けたんですが、おそらくターン2での自分のラインが彼とは異なっていたんでしょう。自分はコーナーにゆっくり進入して出口で思い切りスロットルを開ける走り方だったんです。彼は自分をインサイドからオーバーテイクして少しワイドになりました。自分は彼がワイドになるのがわかっていたんですが、彼は自分が予想していたよりも速くイン側に戻ってきたんです。そこで接触がありました。彼には既に謝罪をしています。重要なことは2人とも転倒せずに済んだということです。」
 

ニック・ハリス

「それでは以上ですか?それではスティーブン・デイにソーシャルメディアからの質問をお願いしましょう。」

 

スティーブン・デイ

「ダニ、Twitterからの質問です。”何かどうしても生理的に駄目なものはありますか?”蜘蛛が駄目な人などがいると思うのですが。何かありますか?」

ダニ・ペドロサ

「そうですね。蛇とかが駄目な人はいますが、自分の場合はこれが海に潜るっていうことなんです。自分はウインドサーフィンをやるんですが、海の中が黒く見える時っていうのは海に落ちたくないんですよ。自分は海の中にいるっていうのが駄目なんですよね。」

 

スティーブン・デイ

「ダニありがとう。それではダニロ、Twitterからの質問です。”他のライダー達から3つの能力を得られるとしたら、どのような能力を得たいですか?性格、ルックス、才能?”」

ダニロ・ペトルッチ

「体重に関しては自分はダニより遥かに思いですから、自分はダニのマトリョーシカ人形の外側になれますよね(笑)(※会場(笑))あとはマルケスのバイクに載乗っている時の手首はカッコイイですよね。(笑)」

 

スティーブン・デイ

「ダニロありがとう。それではマルク、Twitterからの質問です。”今まで見た中で最も奇妙だった夢を教えてもらえますか?”」

マルク・マルケス

「最も奇妙な夢っていうのはちょっとお話出来ませんが(笑)ただレースウィークの中だと多くのライダーもそうだと思いますが、バイクに乗っていて転倒する夢をよく見ます。奇妙ってことでいうとアッセンで見た夢なんですが、スタートしようとしていて全ての装備を身に着けているんですがグローブだけ付けていないんです。それでスタートするんですがグローブが無いので、ものすごく怖いんです。それで走りながらボックスに戻るか否かと考えているという夢をみました。」
 

スティーブン・デイ

「マルクありがとう。」

 

ニック・ハリス

「皆さんありがとうございました。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト2日目 ロッシ「ようやくフロントに良い感触を感じることが出来た」
★MotoGP2017アメリカGP マルケス「チャンピオンシップ争いに復活出来た」
★MotoGP2017ヘレスGP ウォームアップ結果
★MotoGPヘレステスト 各チームのコメント Ducati
★Ducatiパオロ・チャバッティ「2018年も、3つのサテライトチームにバイクを供給することになるだろう」
★MotoGP2017フランスGP ビニャーレス「雨の中でのパフォーマンスが向上している」
★MotoGP2017 カタルーニャ・サーキットの最終セクションにMotoGPライダー達から厳しい評価
★MotoGP2017イタリアGP 予選6位マルケス「フロントタイヤの選択が鍵」
★MotoGP2017カタルーニャGP ギュントーリ「バイク、タイヤについての理解が深まっている」
★MotoGP2017カタルーニャGP Q1結果
★MotoGP2017ドイツGP 予選2位ペトルッチ「いずれのコンディションでもトップ5は可能」
★MotoGP2017チェコGP マルケス「事前テストでは良いベースセットアップが出来た」
★MotoGP2017オーストリアGP イアンノーネ「ブルノの不幸は早く忘れたい」
★MotoGP2017 Ducati CEO クラウディオ・ドメニカーリ「ドヴィの事を讃えたい」
★MotoGP2017 来季のMotoGPクラスのシートを狙うルティ、シモン
★MotoGP2017イギリスGP FP1結果
★MotoGP2017イギリスGP クラッチローが採点するイギリス人ライダー
★MotoGP2017サンマリノGP ビニャーレス「今回も2018年のプロトタイプシャーシを使用」
★MotoGP2017アラゴンGP ウォームアップ結果
★MotoGP2017ミシュランタイヤ オーストラリアGPプレビュー