★MotoGP2017ドイツGP 4位ビニャーレス「ミシュランが今後も同じタイヤを持ち込んでくれることを希望」

レースウィークの中での苦戦が嘘のように、決勝は力強い走りでポジションを周回を追うごとに上げていったビニャーレス選手。最終的に4位でレースを終えました。マルケス選手、ドヴィツィオーゾ選手などと比較した場合、タイヤが合うか合わないかによって成績の変動が大きいのがこの人の特徴かもしれません。

Sponsored Link

マーべリック・ビニャーレス

「現実的に考えると今日のベストポジションは3位ポジションでした。ジョナスも非常に速かったですね。今日はフロントからスタートしていたとして、ジョナスやマルクについていくというリスクを冒したかどうかはわかりません。今日は3位を狙えればという感じでしたから、ここまで順位を挽回出来たことを嬉しく思っています。良いスタートが出来ましたし、パッシングの仕方について勉強になりました。ポジティブな点に集中する必要がありますし、バイクはレースの間に極めて良い形で機能しました。多くのライダーを抜く中でかなりタイムを失いましたが良いレースでした。何度も21秒台で走行することが出来ましたが、まだ改善点はあります。」

「レース中盤は素晴らしいフィーリングでした。前にライダーがいなかったので楽に21秒台を記録出来ました。フルタンクの状態ではあまり良いフィーリングではなく、コーナリングスピードの維持が難しかったんです。ただ、10周目から最後までバイクは非常に良い形で機能しましたし、それに関して嬉しく思っています。まだまだレースで力強い走行をするには練習走行の中でハードに作業をする必要があります。」

「ロッシとのバトルは際どい瞬間がありましたね。ダウンヒルでは前にいるバイクの事を見るのが難しいんですよ。非常に接近していましたが、残り6周しかなかったのでバレを引き離す必要がありました。バレはレースの終わりには非常に強いですからね。それにその瞬間は自分は前にいるライダー達よりもスピードがありましたし。ミディアムの前後というタイヤ選択は正しかったですね。レースを通じて良いパフォーマンスを発揮しました。特に最初の25周に関しては素晴らしかったです。このコンパウンドではスズキの時も良いパフォーマンスを発揮していました。どちらのシャーシを使用していたかについては、ヤマハから口止めされているんです。」

「苦戦していたレースでは電子制御でパワーを抑えていたんですが、今は電子制御からさらなるパワーを絞り出す必要がありそうです。幾つかのレースでは非常に困惑しましたし、電子制御に関して同じ方向性を維持出来ておらず、色々と変更を続けていました。ミシュランが同じタイヤを多くのレースに持ち込んでくれるといいんですが。そうすれば電子制御に関して多く時間を裂くことが出来ます。それに今日は電子制御に関しては100%と言える状態ではありませんでした。ですから作業を続ける必要がありますし、タイヤ、バイクからシーズン前半のような自信を得ることが必要です。」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールGP11位 ロレンソ「やるべき事は沢山ある」
★MotoGP2017アルゼンチンGP マルケス「そこまでプッシュしていたわけではない」
★MotoGP2017 クラッチロー「全てのメーカーで自分の速さを証明できた」
★MotoGP2017 ロッシが今年10度目のタイトルを獲得出来ると言える理由
★MotoGP2017ヘレスGP アレイシ・エスパルガロ「ウェットでこんなに良いフィーリングは久しぶり」
★MotoGP2017ヘレステスト初日 マルケス「新エキゾーストは加速で良い感触」
★MotoGP2017フランスGP ロッシ「バイクのフィーリングは向上している」
★MotoGP2017フランスGP 予選2位ロッシ「新しいアスファルトが良い仕事をしている」
★MotoGP2017カタルーニャテスト ロッシ「新しいシャーシでライディングが楽しくなった。」
★MotoGP2017 ヨハン・ザルコ「良いテストが出来た」
★MotoGP2017 カル・クラッチロー「全てのコーナリングでマルクは他のホンダライダーよりも優れている」
★MotoGP2017チェコGP ロレンソ「バイクから良いパフォーマンスを引き出せると思う」
★MotoGP2017チェコGP クラッチロー「自分はレーサー。意思決定は自分でする」
★MotoGP2017チェコGP 写真ギャラリー
★MotoGP2017オーストリアGP Q1結果
★MotoGP2017サンマリノGP ロレンソ「ここ数戦の調子の良さを確認したい」
★MotoGP2017日本GP クラッチロー「2人共無事だったことが重要」
★MotoGP2017オーストラリアGP ドヴィツィオーゾ「Ducatiには少し難しいトラック」
★MotoGP2017 テック3 エルヴェ・ポンシャラル「ヤマハが戦闘力の高いパッケージ供給してくれると信じている」
★MotoGP2018 ヤマハ セパンにおいてプライベートテストを実施