★MotoGP2017ドイツGP 11位ロレンソ「後半にバイクを曲げるのが難しくなってしまった」

レース序盤は良いペースで走っていたロレンソ選手でしたが、タイヤのグリップが落ちると共に順位を落としていき、最終的には11位でのゴールとなりました。未だにバイクのライディング方法に関して悪戦苦闘しているようです。

Sponsored Link

ホルへ・ロレンソ

「ウォームアップは最悪でした。グリッドの中でも最悪と言えるペースでしたから、レースへの期待は低かったんです。ただグリッドに向かう中で良い気分になっていたので、一周目にマルケスとペドロサに付いて行こうと思ったんです。タイヤのグリップが落ちるまでは、ほとんど同じペースで走行が出来ました。ただ、それ以降はバイクを曲げるのが難しくなってしまったんです。ラインを外してしまうようになり、それ以上のことは出来ませんでした。最後までプッシュしましたし、週末の中で最高のペースでしたから悪くはなかったと思います。」

「いろいろなことを試しています。自分のライディングであるとかバイクのセッティングをね。ただまだ問題を解決出来ずにいます。もしくは完全に解決出来ずにいると言ったほうがいいかもしれません。全く新しい何かをバイクから求めているんです。」

「バイクは高いポテンシャルを持っており、いかにライディングするかを理解している、もしくは異なったライディングが出来れば競争力を発揮出来ます。今のところ、これが自分には難しいんです。自分にとって良いトラックであれば、表彰台を争う事が出来ます、そうでないトラックでは後方に沈んでしまいます。ただ、バイクのコーナリングパフォーマンスが改善すれば、どのトラックでも高い競争力を発揮出来ると思います。」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017 ロレンソとドヴィツィオーゾの長い歴史
★MotoGP2017カタールGP4位 マルケス「ミディアムタイヤに変更したのは失敗」
★MotoGP2017アメリカGP Q2結果
★MotoGP2017 カピロッシ「ロレンソにはデスモセディチが求めるワイルドさが足りない」
★MotoGP2017フランスGP ロレンソ「デスモセディチが自分のバイクという感覚が強くなっている」
★MotoGP2017フランスGP 2位ザルコ「このままプッシュしていきたい」
★MotoGP2017フランスGP 4位ドヴィツィオーゾ「4位は悪くないが満足は出来ない」
★MotoGP2017イタリアGP 5位バウティスタ「今回は本当の意味での5位」
★MotoGP2017 KTM 今年もミカ・カリオがワイルドカード参戦
★MotoGP2017オランダGP ビニャーレス「ポールポジションを狙っていく」
★MotoGP2017 ダニロ・ペトルッチ「2019年はDucatiファクトリーで走りたい」
★MotoGP2017チェコGP ザルコ「ジョナスのザクセンでの表彰台獲得がモチベーションを与えてくれた」
★MotoGP2017チェコGP チーム代表プレスカンファレンス(チーム代表が語るMotoGP2017)
★MotoGP2017アラゴンGP 決勝プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2017日本GP ペドロサ「日本でのレースは本当に楽しみ」
★MotoGP2017日本GP 3位ペトルッチ「ポディウム獲得は常に素晴らしい」
★MotoGP2017ミシュランタイヤ オーストラリアGPプレビュー
★MotoGP2017 アレイシ・エスパルガロ「今週に手術を行ない、最終戦バレンシアに向けて準備したい」
★MotoGP2017バレンシアGP 予選1位マルケス「明日はもっと注意深く走行する必要がある」
★MotoGP2017ライダー写真ギャラリー ヨハン・ザルコ