★MotoGP2017ドイツGP 8位ドヴィツィオーゾ「リアタイヤのグリップ低下に苦戦」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「最終的なポジションにはがっかりしています。レースにはソフトリアを選んだんですが、ドライでの走行が少なかったので十分なデータがありませんでした。そして冒したリスクは報われませんでした。レース後半に向けてタイヤのグリップが急激に落ちたのでかなり苦戦してしまいました。ただ今年は妙なチャンピオンシップになっていますから、こうした異なる状況をコントロールするのは簡単ではありません。」

「ここザクセンリンクでの週末は本当に複雑なものになってしまいましたが、タイヤとバイクに関しての理解が深まったので将来的に考えて興味深いものでもありました。レースでは良い気分で、バイクの感触も素晴らしかったんです。これからのレースでも良い走行が出来ると思います。」


(Photo courtesy of Ducati)

<Ducati プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★Ducatiジジ・ダッリーニャ「まだチャンピオンシップ争いが出来るレベルではない」
★MotoGP2017 ペドロサ「今年はあらゆる面で最高の自分を見つけていきたい」
★MotoGP2017カタールGP ウォームアップ結果
★MotoGP2017カタールGP5位 ペドロサ「プッシュすることが出来なかった」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ドヴィツィオーゾ「レースが非常に楽しみ」
★MotoGP2017アルゼンチンGP アレイシ・エスパルガロ「良いスタートが鍵」
★MotoGP2017アルゼンチンGP リンス「自分の体調も助けにはならなかった」
★MotoGP2017アルゼンチンGP フォルガー「ザルコがターゲット」
★MotoGP2017アメリカGP クラッチロー「COTAはセットアップに時間がかかる」
★MotoGP2017アメリカGP 決勝プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017ヘレスGP 10位ロッシ「バイクとタイヤが喧嘩をしている状態だった」
★MotoGP2017フランスGP ロッシ「ル・マンは非常に重要なレースになる」
★MotoGP2017フランスGP 予選13位ペドロサ「1周目はアグレッシブに走る必要がある」
★MotoGP2017ミシュラン イタリアGPプレビュー
★MotoGP2017イタリアGP 3位ペトルッチ「今日は人生最良の日」
★MotoGP2017カタルーニャGP 予選9位ビニャーレス「リアのグリップが感じられない」
★MotoGP2017カタルーニャGP 優勝ドヴィツィオーゾ「マシン開発が最優先。チャンピオンシップ争いは視野にない」
★MotoGP2017オランダGP 木曜プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2017オランダGP ロレンソ「過去3年、4年の中でも最悪のレース」
★【7月29~30日】Ducati Road Show 2017 – “コカ・コーラ”鈴鹿8耐 イベントエリア(BASE8耐) @ 鈴鹿サーキット