★MotoGP2017ドイツGP 8位ドヴィツィオーゾ「リアタイヤのグリップ低下に苦戦」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「最終的なポジションにはがっかりしています。レースにはソフトリアを選んだんですが、ドライでの走行が少なかったので十分なデータがありませんでした。そして冒したリスクは報われませんでした。レース後半に向けてタイヤのグリップが急激に落ちたのでかなり苦戦してしまいました。ただ今年は妙なチャンピオンシップになっていますから、こうした異なる状況をコントロールするのは簡単ではありません。」

「ここザクセンリンクでの週末は本当に複雑なものになってしまいましたが、タイヤとバイクに関しての理解が深まったので将来的に考えて興味深いものでもありました。レースでは良い気分で、バイクの感触も素晴らしかったんです。これからのレースでも良い走行が出来ると思います。」


(Photo courtesy of Ducati)

<Ducati プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017カタールGP ブラッドリー・スミス「多くのデータが得られた」
★MotoGP2017 困難を極めるロレンソとDucatiの変革
★MotoGP2017アルゼンチンGP ペドロサ「チャレンジングな1日だった」
★MotoGP2017アルゼンチンGP 3位クラッチロー「カタールの後にこうした結果で嬉しい」
★MotoGP2017アメリカGP ロレンソ「この困難な時期はすぐに終わる」
★MotoGP2017アメリカGP FP1結果
★MotoGP2017アメリカGP ビニャーレス「少なくとも3秒台は出せる」
★MotoGP2017 バウティスタ「将来的に助けになるものは見つかった」
★MotoGP2017カタルーニャGP ロレンソ「フロントのグリップをいかに維持できるかが鍵」
★MotoGP2017オランダGP クラッチロー「勝つためにここにいる。サテライトでも優勝は可能。」
★MotoGP2017オランダGP Q2結果
★売却が噂されるDucatiを購入するのはハーレーか?
★MotoGP2017ドイツGP 予選プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2017 エルヴェ・ポンシャラル「2019年にMoto2のタイムはさらにMotoGPクラスに接近する」
★MotoGP2017オーストリアGP イアンノーネ「ブルノの不幸は早く忘れたい」
★MotoGP2017オーストリアGP ロレンソ「新型フェアリングを使用すると0.5秒は速く走れる」
★MotoGP2017サンマリノGP 2位ペトルッチ「今日のレースに関して後悔はない」
★MotoGP2017アラゴンGP予選2位 ロレンソ「Q2にダイレクトに進出しなくて良かった」
★NTS 福島県拠点の 「NTS」 とオランダの 「RW レーシング」FIM 世界選手権グランプリ Moto2 共同参戦契約を締結!
★MotoGP2017オーストラリアGP マルケス「明日は高速コーナーの安定性を改善したい」