★MotoGP2017ドイツGP 8位ドヴィツィオーゾ「リアタイヤのグリップ低下に苦戦」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「最終的なポジションにはがっかりしています。レースにはソフトリアを選んだんですが、ドライでの走行が少なかったので十分なデータがありませんでした。そして冒したリスクは報われませんでした。レース後半に向けてタイヤのグリップが急激に落ちたのでかなり苦戦してしまいました。ただ今年は妙なチャンピオンシップになっていますから、こうした異なる状況をコントロールするのは簡単ではありません。」

「ここザクセンリンクでの週末は本当に複雑なものになってしまいましたが、タイヤとバイクに関しての理解が深まったので将来的に考えて興味深いものでもありました。レースでは良い気分で、バイクの感触も素晴らしかったんです。これからのレースでも良い走行が出来ると思います。」


(Photo courtesy of Ducati)

<Ducati プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link