★MotoGP2017ドイツGP イアンノーネ「シュワンツの批評にはトラック上で応える」

今回のレースでは16番グリッドからのスタートで、最終的には完走出来ないままに夏休みを迎える形となったイアンノーネ選手。ケビン・シュワンツからも非難されているようで、厳しい立ち位置にあります。

Sponsored Link

アンドレア・イアンノーネ

「これほど後ろから(※16番グリッド)のスタートとなったのは残念です。序盤苦戦した最初の3周を除いては素晴らしいペースで走行出来ました。ほとんどレースリーダー達と変わらないペースだったと思います。これは昨日から今日にかけて前進したという意味で重要な点だと思います。スズキが成し遂げた仕事に関しては嬉しく思っています。」

「バイクはスライドを始めてしまったんです。ブレーキングポイントでは最初に大きなスライドがあって、なんとか制御できたんですが、その後にフロントが滑って何も出来ませんでした。タイヤのパフォーマンスも大きく低下してしまい、ペースを維持する事が出来ませんでした。それ以外にもホルヘをオーバーテイクして前に出たかったんですが、自分が思ったような形にはいきませんでした。」

「タイヤのコンスタントさに関して改善が必要です。レース序盤であっても苦戦していました。ハードに作業を進めたいと思いますし、けしてあきらめません。シーズン後半からは大きな改善を期待しています。ブルノではベストを尽くしますし、スズキにはさらに競争力の高いバイクを供給してくれることを期待しています。」

「シュワンツのことは人としてもライダーとしても尊敬していたんですが、彼のコメントは残念ですね。何度も顔を合わせているんだし、同じメーカーのために働いているんですから、面と向かって言って欲しかったと思います。彼は自分の父親と同じような年齢なわけですし。自分は彼と息子と父親のような関係を築きたいと思っていたんですが、どうやら無理そうです。彼からの批評は受け止めて、トラック上の結果で返答したいと思います。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017 Red Bull KTM 2017年カラーのカウルで走行を開始
★MotoGP2017カタールGP2位 ドヴィツィオーゾ「最後の5周はタイヤが終わっていた」
★MotoGP2017 データから見るカタールGP
★MotoGP 2017アルゼンチンGPのブレーキングをブレンボが徹底解説
★MotoGP2017アルゼンチンGP ロッシ「問題が再発している」
★スズキ・エンデュランス・レーシング・チーム ル・マン24時間を終えて3ポイントのリード
★MotoGP2017ヘレスGP マルケス「バイクの感触は良くないが、何故か速く走れる」
★MotoGP2017ヘレスGP FP3結果
★MotoGP2017ヘレステスト ギュントーリ「トップとの差は思ったほどではなかった」
★MotoGP2017 マルケス「ニッキーは自分が弟であるかのように接してくれた」
★MotoGP2017イタリアGP ドヴィツィオーゾ「良い結果が得られる事を期待している」
★MotoGP2017イタリアGP 6位マルケス「前後ミディアム以外に選択肢はなかった」
★MotoGP2017オランダGP ビニャーレス「何が起きたのか説明出来ない」
★MotoGP2017 バレンティーノ・ロッシ「3台目の2017年型M1を走らせるメリットは大きい」
★MotoGP2017 KTM CEOステファン・ピエラ「MotoGPには表彰台を獲得し、優勝するために参戦している」
★MotoGP2017イギリスGP イアンノーネ「昨年のデータが役に立つ」
★MotoGP2017 ロレンソ「ライディングスタイルを少し変えた。未来は明るい」
★MotoGP2017アラゴンGP ファン・デル・マルク「走ることになればベストを尽くして楽しみたい」
★MotoGP2017日本GP ロレンソ「あの接触は別として、良い走行が出来た1日だった。」
★MotoGP2018バレンシアテスト2日目 初日の遅れを取り戻すべく作業を進めたスズキ