★MotoGP2017 ジャック・ミラーのホンダとの契約更新はなし

ジャック・ミラー選手はホンダと再契約をしてMarc VDSでと考えられていましたが、この線は無くなったようです。現在濃厚なのはレディング選手に変わってPramacで走るということのようですが、そうなるとホンダで散々なシーズンを送ったレディング選手がホンダに出戻ることは考えにくく、他のDucatiサテライトチームで走るのかなどなど、サテライトチームの動向もどうなるか気になりますね。

Sponsored Link

ビッグネームが関わらないと移籍劇が面白くないと誰が言ったのだろう?ペトルッチがアプリリアとDucatiのどちらを選ぶかということで注意を集めた後、ジャック・ミラーに関心が集まっている。

ミラーの将来は定かではないが、ミラーがMotoGP昇格から3年間を共に過ごしたホンダとの未来はないようだ。ミラーはHRCとの直接契約の更新を望んでいたがこれは実現しないようで、彼はMarc VDSとの契約更新は望んでいない。

さらに昨年のアッセンの優勝以来、ミラーは特に目立った活躍をしていない。ジャックと彼のマナージャーであるAki Ajoは、そのためいろいろなメーカー、チームのドアをノックしている。アプリリア、スズキ(イアンノーネが辞める場合)、そしてDucatiだ。

Ducatiは彼に関心を示しているようだが、最終的にはミラーの要望によって決まる。既にホンダが彼に関心を示していないため、彼のマーケットの中での価値は低くなっているという状態だ。考えられるのはDucatiのジュニアチームと言えるPramacでレディングの代わりに参戦するというものだ。Pramacはダニロ・ペトルッチとの再契約に成功し、今後はセカンドバイクに目を向けていくだろう。

ミラーがMarc VDSを去るとなるとチーム側にとっては問題だ。アレックス・マルケスは既にMoto2で来年も走る事が決まっており、あまり多くのライダーが残っていない状況だ。バウティスタというスーパーのパセリのように、なんとでも合う存在のライダーはいるが。。

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★Federal Moto CB750Kカスタム
★MotoGP2017 困難を極めるロレンソとDucatiの変革
★MotoGP2017アルゼンチンGP ロレンソ「シート高が問題だったのかもしれない」
★MotoGP2017アルゼンチンGP 3位クラッチロー「カタールの後にこうした結果で嬉しい」
★MotoGP2017アルゼンチンGP マルケス「そこまでプッシュしていたわけではない」
★MotoGP2017アルゼンチンGP クラッチロー「マルクは野獣のようにプッシュしていた」
★ホンダ ロードレース専用車「CBR1000RR SP2 レースベース車」を発売
★MotoGP2017アメリカGP予選6位 ロレンソ「少しづつ良くなっている」
★MotoGP2017ヘレスGP ロレンソ「Ducatiの戦闘力を上げるためにはどんな事もする覚悟がある」
★MotoGP2017ヘレスGP FP3結果
★MotoGP2017Ducati パオロ・チャバッティ「新しいカウルの作業を進めている」
★MotoGP2017ヘレスGP 決勝プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017フランスGP 優勝ビニャーレス「こういう形のレースを続けていきたい」
★MotoGP2017 ロレンソ「カタルーニャの最終セクターはホンダ向き」
★ヘイデン一家 正式にヘイデン選手の訃報を発表
★MotoGP2017 マルケス「ニッキーは自分が弟であるかのように接してくれた」
★MotoGP2017カタルーニャGP 木曜プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017カタルーニャGP Q1結果
★MotoGP2017カタルーニャテスト マルケス「アシンメトリックタイヤが必要なサーキットは少ない」
★ホンダ 原付二輪2017年度のイメージキャラクターに「ゴールデンボンバー」を起用