★バジャージ 今年100,000台のKTMとハスクバーナの生産を目指す

ハスクバーナの新型車両であるSvartpile、Vitpilenシリーズは、インドのバジャージ・オート(KTMの筆頭株主)が生産を行うこととなり、インドはもとより世界で販売されることとなります。なお、バジャージは既にKTMの小排気量モデルの生産を手がけています。

Sponsored Link

インドのバイクメーカーであるバジャージは出資先であるKTM傘下のハスクバーナのアジアにおける販売増と生産において極めて重要な役割を果たす事になる。

このパートナーシップによって、ハスクバーナのSvartpilen 401、Vitpilen 401は、本拠地であるオーストリアのマッティヒホーフェンにとって最初のモデルが製作されたあとに、バジャージのChakan工場で大量生産される。

KTMはハスクバーナを傘下に収めており、KTMの株式の一部はバジャージが保有している。既にバジャージはインドで小排気量モデルであるRC125、125Duke、RC390、390Dukeなどを生産している。バジャージとのパートナーシップによってKTMは生産コストを抑える事が出来、世界市場、そしてバジャージの国内マーケット(※インド)での製造と販売を伸ばしている。

バジャージは、KTMとハスクバーナのモーターサイクル合わせて100,000台を今年生産することを目標としており、来年度はこの2倍の生産数を見込んでいる。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017フィリップアイランドテスト Red Bull KTM写真ギャラリー
★スズキ GSX-Sシリーズの新型モデル「GSX-S750 ABS」を発売
★スズキ 新型GSX-R750/隼を開発中との噂
★MotoGP2017カタールGP ブラッドリー・スミス「多くのデータが得られた」
★MotoGP2017フランスGP 予選10位スミス「良いスタートを決めて速いライダーについていきたい」
★ヤマハから2018年型X-MAX 400が登場
★二輪最高峰レースMotoGPマシンのイメージを再現した原付一種スクーター「ジョグ CE50ZR」 Movistar Yamaha MotoGP Editionを数量限定発売 現行「ジョグ」シリーズも...
★Ducati デスモセディチSTRADALEエンジン ギャラリー
★ヤマハ “Neo Retro”ロードスポーツ「XSR700 ABS」を新発売
★スズキ 北米でハヤブサ、GSX-R750、GSX-R600の2018年モデルを発表
★BMW EICMAでF750GSとF850GSを発表
★BMW EICMAでK1600 Grand Americaを発表
★ホンダ 普通自動二輪教習車「CB400 SUPER FOUR(教習車仕様)」に法規対応を施して発売
★MotoGP2018 スミス「2018年シーズンの目標はトップ6を走れるバイクにすること」
★ヤマハ発動機 ハイエンドモデルとのリレーションを強調したニューカラー&グラフィックを採用 ロードスポーツ「MT-03」「MT-25」2018年モデルを発売
★BMW Motorradが新しいプレミアム・カスタマイズ・プログラムBMW Motorrad Spezialを発表
★カワサキからニューモデル「Ninja H2 SX」「Ninja H2 SX SE」登場
★ヤマハ マットブラックとゴールドホイールの組み合わせなど 高級感をさらに強調 155cm3スクーター「NMAX155 ABS」のカラーリングを変更
★MotoGP2018 ミカ・カリオ「旋回性は向上したが、別の部分で足りない部分がある」
★MotoGP2018 テック3 ヤマハとのパートナーシップを2018年末で終了、次のマシンはKTMか?