★バジャージ 今年100,000台のKTMとハスクバーナの生産を目指す

ハスクバーナの新型車両であるSvartpile、Vitpilenシリーズは、インドのバジャージ・オート(KTMの筆頭株主)が生産を行うこととなり、インドはもとより世界で販売されることとなります。なお、バジャージは既にKTMの小排気量モデルの生産を手がけています。

Sponsored Link

インドのバイクメーカーであるバジャージは出資先であるKTM傘下のハスクバーナのアジアにおける販売増と生産において極めて重要な役割を果たす事になる。

このパートナーシップによって、ハスクバーナのSvartpilen 401、Vitpilen 401は、本拠地であるオーストリアのマッティヒホーフェンにとって最初のモデルが製作されたあとに、バジャージのChakan工場で大量生産される。

KTMはハスクバーナを傘下に収めており、KTMの株式の一部はバジャージが保有している。既にバジャージはインドで小排気量モデルであるRC125、125Duke、RC390、390Dukeなどを生産している。バジャージとのパートナーシップによってKTMは生産コストを抑える事が出来、世界市場、そしてバジャージの国内マーケット(※インド)での製造と販売を伸ばしている。

バジャージは、KTMとハスクバーナのモーターサイクル合わせて100,000台を今年生産することを目標としており、来年度はこの2倍の生産数を見込んでいる。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★KTM、Husqvarna(ハスクバーナ)のデザインを行うKISKAがインターン募集中!
★スズキ 新型GSX-R750/隼を開発中との噂
★排気量3%アップながら出力18.3%アップの新エンジン搭載 スポーツモデル「YZF-R15」をインドネシアで発売
★「CBR250RRレースベース車」について
★クロスオーバーモデル「400X」の各部の熟成を図るとともにカラーリングを変更し発売
★ホンダ 原付三輪スクーター「ジャイロX」「ジャイロキャノピー」の法規対応とメンテナンス性を向上し発売
★MotoGP2017 KTM アラゴン戦の結果によっては2018年にスミスとカリオの交代もあり
★Ducati新型スーパーバイクと思われるパニガーレV4のスパイショット
★Ducati 210馬力のV型4気筒 デスモセディチSTRADALEエンジンを発表
★ヤマハ “Neo Retro”ロードスポーツ「XSR700 ABS」を新発売
★MotoGP2017 KTM 2018年のチーム体制を発表
★ヤマハ 155cm3スクーター「マジェスティ S XC155」2018年モデル発売
★ホンダ 第45回東京モーターショーにおいてCROSS CUB 110を出展
★カワサキ 第45回東京モーターショーにおいて2018年型Ninja250を出展
★Ducati ワールド・プレミア2018でパニガーレV4、ムルティストラーダ1260などを発表
★ホンダ EICMAでCRF1000L Africa Twin Adventure Sports(アフリカツイン アドベンチャースポーツ)を発表
★ヤマハ フロント2輪の3輪バイク新製品 ロードスポーツ「NIKEN」を「EICMA」に出展
★ヤマハ発動機 ロードレースおよびサーキット走行専用モデル 「YZF-R1レースベース車」を受注生産で発売
★カワサキからニューモデル「Ninja 250」「Ninja 250 KRT Edition」登場
★プレストコーポレーション 「YZF-R1」「YZF-R1M」「YZF-R6」の2018年モデル取り扱い決定!!