★バジャージ 今年100,000台のKTMとハスクバーナの生産を目指す

ハスクバーナの新型車両であるSvartpile、Vitpilenシリーズは、インドのバジャージ・オート(KTMの筆頭株主)が生産を行うこととなり、インドはもとより世界で販売されることとなります。なお、バジャージは既にKTMの小排気量モデルの生産を手がけています。

Sponsored Link

インドのバイクメーカーであるバジャージは出資先であるKTM傘下のハスクバーナのアジアにおける販売増と生産において極めて重要な役割を果たす事になる。

このパートナーシップによって、ハスクバーナのSvartpilen 401、Vitpilen 401は、本拠地であるオーストリアのマッティヒホーフェンにとって最初のモデルが製作されたあとに、バジャージのChakan工場で大量生産される。

KTMはハスクバーナを傘下に収めており、KTMの株式の一部はバジャージが保有している。既にバジャージはインドで小排気量モデルであるRC125、125Duke、RC390、390Dukeなどを生産している。バジャージとのパートナーシップによってKTMは生産コストを抑える事が出来、世界市場、そしてバジャージの国内マーケット(※インド)での製造と販売を伸ばしている。

バジャージは、KTMとハスクバーナのモーターサイクル合わせて100,000台を今年生産することを目標としており、来年度はこの2倍の生産数を見込んでいる。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★SWM 2017年に6,000台の生産を見込む
★新型BMW C evolution発表
★排気量3%アップながら出力18.3%アップの新エンジン搭載 スポーツモデル「YZF-R15」をインドネシアで発売
★ハスクバーナ(Husqvarna) フューエルインジェクション2ストロークモデルをラインナップ
★MotoGP2017アメリカGP ポル・エスパルガロのリタイア原因はクラッチトラブル
★KTM オレンジキャラバン東京を開催
★スズキ 2018年モデル GSX-S1000 ABS 7月発売予定
★スズキ 新型GSX-R600とGSX-R750の登場は2018年以降
★ホンダ 原付レジャーモデル「モンキー・50周年スペシャル」を限定発売
★Ducatiの新型V4スーパーバイク、今年秋ごろには登場か?
★ホンダ 125ccスポーツモデル「グロム」のカラーリングを変更し発売
★KTM 2017パイクスピークで KTMを駆るフィルモアが レコードタイムを記録し 最高峰クラスで勝利
★BMW 新型BMW HP4 RACEを発表
★二輪最高峰レースMotoGPマシンのイメージを再現した原付一種スクーター「ジョグ CE50ZR」 Movistar Yamaha MotoGP Editionを数量限定発売 現行「ジョグ」シリーズも...
★ヤマハ 二輪最高峰レースMotoGPマシンのイメージを再現した台数限定のロードスポーツモデル 「YZF-R3/R25」Movistar Yamaha MotoGP Editionを発売
★カワサキ Ninja H2Rの2018年モデルを発表
★BMW S1000RRの2018年モデルは2017年モデルを継続
★Ducati新型V4スーパーバイク 新たな動画が登場
★Triumph(トライアンフ)からボンネビル ボバーブラックが登場
★ヤマハ スリムで優美なスクーター「MIO S」 インドネシアで発売