★MotoGP2017 7/5時点でのポイントスタンディング

ドイツGPを終えてのポイントスタンディングです。ザクセンリンクの王者と呼ばれるマルケス選手は、8連続ポールポジションからの優勝で、自身ザクセンリンク8連勝を遂げました。マルケス選手は、これでチャンピオンシップ首位に返り咲き夏休みを迎えることとなります。

Sponsored Link

チャンピオンシップ2位となったのは11位スタートから巻き返して4位を獲得したビニャーレス選手。マルケス選手との差は僅か5ポイントです。3位は今まで首位だったドヴィツィオーゾ選手。ビニャーレス選手との差は僅かに1ポイントと接近しています。4位はロッシ選手。アッセンでの優勝からの勢いで優勝争いとは行かず、苦しみながらレースでは5位を獲得しました。

首位のマルケス選手から4位のロッシ選手までは僅かに10ポイントの差となっており、MotoGPは僅差のまま夏休みを迎えることとなります。

5位はペドロサ選手。首位のマルケス選手とのポイント差は26ポイントと、一時ビニャーレス選手とポイント差が30ポイント以上あったマルケス選手と比べると、まだまだ可能性がないわけではありません。

6位は今まで良い走行を続けてきたザルコ選手。今回は少し苦戦してしまったようです。7位となったのは今回地元で嬉しい表彰台を獲得したフォルガー選手。まだまだチームメイトで
あるザルコ選手との差は大きく開いています。

8位はPramacとの契約更新を発表したペトルッチ選手。9位ロレンソ選手、10位クラッチロー選手となっています。なお、次回のレースは夏休みを挟んで8月6日、チェコのブルノ・サーキットにて開催されます。

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールGP ロッシ「ミシュランのフロントタイヤに苦戦」
★MotoGP2017ロレンソ、ドヴィツィオーゾ ヘレスでプライベートテストに参加
★MotoGP2017アメリカGP ロッシ「マルケスとビニャーレスについていくのは難しいかもしれない」
★MotoGP2017 ウェイン・レイニーが語るロッシとビニャーレス
★MotoGP2017ロッシ 病院を退院し自宅で静養
★MotoGP 2017カタルーニャGPのブレーキングをブレンボが徹底解説
★MotoGP2017カタルーニャGP FP3結果
★MotoGP2017 カタルーニャテスト結果
★MotoGP2017オランダGP フォルガー「アッセンにライディングスタイルは合っている」
★MotoGP 2019年から電動バイクシリーズを本格的に検討
★MotoGP2017 エルヴェ・ポンシャラル「カルこそ、全てのモーターサイクルレーサーがなるべき姿」
★MotoGP2017チェコGP 2位ペドロサ「1周遅くピットインしたことを後悔している」
★MotoGP2017 ロレンソ「ライディングスタイルを少し変えた。未来は明るい」
★MotoGP2017オーストラリアGP マルケス「アグレッシブだったが、結局これがレース」
★MotoGP2017ミシュランタイヤ マレーシアGPプレビュー
★MotoGP2017マレーシアGP ロレンソ「コーナーでタイムを失っている部分が大きい」
★MotoGP2017マレーシアGP 決勝1位ドヴィツィオーゾ「最高の週末。チームに感謝したい」
★MotoGP2017 ドヴィツィオーゾ「速いライダーはバイクの弱点をカバーして走れる」
★MotoGP2017マレーシアGP 決勝プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2017バレンシアGP FP4結果