★MotoGP2017 Avintia Ducatiロリス・バズ 腕上がりの手術成功

シーズンオフには多くの選手が今までの怪我で挿入していたプレートの除去手術、現在抱えている症状の改善のための手術を行ないますが、Avintiaのバズ選手は腕上がりの手術を受けたとのこと。日数的にはチェコGPの練習走行までに回復出来そうですね。

Sponsored Link

予定されていたように、ロリス・バズは右腕の手術を受けた。手術は40分で、d’Aix en Provence病院で行われ、執刀医はOlivier Dufour医師。バズは今シーズンの開幕戦であるカタールから腕上がりに苦しんでいた。医師達は当初、腕の腱が問題と考えていたが、結果的にはMotoGPライダーにはお馴染みである腕上がりが原因だった。

痛みはレースごとに徐々に悪化し、バズは夏休みの開始と同時に手術を行うこととなった。現在バズはチャンピオンシップ15位で、GP15を操縦して最高順位は8位。GP16を操縦するチームメイトのヘクトル・バルベラを10ポイントリードしている。

バズにとってはチェコGPの練習走行が始まるまでの29日間の回復時間が残されているということになる。

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link