★MotoGP2017 Avintia Ducatiロリス・バズ 腕上がりの手術成功

シーズンオフには多くの選手が今までの怪我で挿入していたプレートの除去手術、現在抱えている症状の改善のための手術を行ないますが、Avintiaのバズ選手は腕上がりの手術を受けたとのこと。日数的にはチェコGPの練習走行までに回復出来そうですね。

Sponsored Link

予定されていたように、ロリス・バズは右腕の手術を受けた。手術は40分で、d’Aix en Provence病院で行われ、執刀医はOlivier Dufour医師。バズは今シーズンの開幕戦であるカタールから腕上がりに苦しんでいた。医師達は当初、腕の腱が問題と考えていたが、結果的にはMotoGPライダーにはお馴染みである腕上がりが原因だった。

痛みはレースごとに徐々に悪化し、バズは夏休みの開始と同時に手術を行うこととなった。現在バズはチャンピオンシップ15位で、GP15を操縦して最高順位は8位。GP16を操縦するチームメイトのヘクトル・バルベラを10ポイントリードしている。

バズにとってはチェコGPの練習走行が始まるまでの29日間の回復時間が残されているということになる。

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017アルゼンチンGP ビニャーレス「1年前にこんな結果は予想出来なかった」
★MotoGP2017アメリカGP ロッシ「ビニャーレスが初めからここまで速いのには驚いた」
★MotoGP2017アメリカGP FP1-3総合結果
★MotoGP2017ヘレスGP クラッチロー「今日は正直ラップタイムは期待していなかった」
★MotoGP2017ヘレスGP 4位ザルコ「最後まで3位争い出来ると思っていた。」
★MotoGP2017イタリアGP フォルガー「初めてのムジェロで自信を持って走行出来ている」
★MotoGP2017 スミス「アッセンのレースまでに指が90%の状態になれば良い」
★MotoGP2017チェコGP ドヴィツィオーゾ「色々なテストが出来た。全体的に良いペース」
★MotoGP2017チェコGP ビニャーレス「最悪の予選。全くフィーリングが得られなかった」
★MotoGP2017オーストリアGP FP2結果
★MotoGP2017オーストリアGP4位 ロレンソ「燃料消費、タイヤ右側のグリップに苦戦した」
★MotoGP2017イギリスGP ロレンソ「シーズンで最高の状態で迎えるレースとなる」
★MotoGP2017 来年以降のプレシーズンテストなどのあり方が変更される見通し
★MotoGP2017日本GP ロッシ「野左根の後ろを走ってみたが、彼は速い」
★MotoGP2017日本GP 予選2位ペトルッチ「1列目からスタート出来ることは重要」
★MotoGP2017マレーシアGP 予選3位ドヴィツィオーゾ「ドライコンディションの戦闘力は高い」
★MotoGP2017バレンシアGP ロレンソ「メッセージは見ていたが、ドヴィを引っ張る意図があった」
★MotoGP2018 ジャック・ミラー「GP17は本当に良いバイクだと感じる」
★MotoGP2018 ブレンボ「ロレンソ機のブレーキの問題を究明。同様の問題の再発はない」
★MotoGP2018アルゼンチンGP 9位シャーリン「ファクトリーヤマハにもついていけた」