★KTM 2017パイクスピークで KTMを駆るフィルモアが レコードタイムを記録し 最高峰クラスで勝利

2017年6月26日、KTMのネイキッドモデル「1290SUPER DUKE R/スーパー・デュークR」がモータースポーツ史に新たな記録を打ち立てました。元AMAスーパーバイク選手権/現MotoAmerica選手権でKTMのスーパースポーツバイクを走らせていたChris Fillmore(クリス・フィルモア)が、アメリカ・コロラド州で開催された「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムレース」において二輪でのコースレコードを更新するとともに、最高峰クラス/ヘビーウェイト・モーターサイクル・クラスにおいて優勝を飾りました。フィルモアが駆った「1290SUPER DUKE R」はKTMのオプションパーツシリーズ/Power Parts(パワーパーツ)でセットアップされ、標高4302m地点まで、19.99kmのコースを9分49秒625で駆け抜けました。

Sponsored Link

驚くべきことに、アメリカのスーパーモタード選手権でタイトルを獲得し、スーパーバイク選手権も戦ったフィルモアが、パイクスピークでは新人だったのです。

この世界一有名なヒルクライムレースでのKTMのポテンシャルに対し「素晴らしい」と表現したフィルモアは、山頂までの156コーナーを攻めきりました。同時にフィルモアは、パイクスピークに参加できたことに感謝の意を表し、この歴史的なレースの歴史の一部になったことを大いに喜びました。そしてライダーの安全を確保するために入念な準備を重ねた主催者を称賛しました。

フィルモアのコメント

「目標は、ルーキーイヤーである今年にコースレコードを更新することだった。しかしレースが始まると、コースは3つのセクションに別れていて、それぞれ走行時間が分けられていることが分かった。したがってコースを通して走ったのは、タイムアタックのときが最初だった。そこではウォームアップランもサイティングラップもなく、ただ順番にスタートしていくだけだった。だからレース前は、レコードを更新できる確信が得られなかった。もちろんスタート地点からは、あらゆる地点のコンディションも予測できなかった」

「またバンピーな路面がいたるところにあり、レコード更新は難しいだろうと、多くのライダーにアドバイスを受けた。しかし、だからこそレコードを更新する価値があると感じた。自分は最高のバイクと最高のサポートを受け、目標を達成した。そして1290SUPER DUKE Rの高いポテンシャルを見せつけ、KTMの名をパイクスピークのレース史に刻むことができた。こんなに嬉しいことはない」

  
「1290SUPER DUKE R」は2017年モデルで大幅にアップデートしました。特徴的なLEDヘッドライトに注目が集まりますが、そのアップデートの中心はエンジンであり、シャシーであり、エレクトロニクスなのです。

「1290SUPER DUKE R」が搭載する新型LC8/V型2気筒エンジンは、排気量1301ccで最高出力177馬力を発揮。インテークチタンバルブを採用するとともに圧縮比をアップ。またエアクリーナーボックス内にセットするインテークファンネルをショート化しています。

またWP製倒立フロントフォークは減衰機能とスプリング機能を分けることで、よりスポーティなセットアップを可能にしています。またリアショックは、高速側および低速側での減衰圧調整が可能。またTFTカラー液晶メーターディスプレイやスイッチ類を浮かび上がらせるイルミネイテッド・メニュー・スイッチを採用。あらゆる速度域でライダーに正確で明確なインフォメーションを提供し、ライダーが直感的に操作できるよう、あらゆるデバイスを開発しました。

また新しく追加された「Track Pack(トラックパック)」では、強烈なスタートを実現するローンチコントロールを装備。またTMCスピンアジャスターを装備し、前後タイヤのスリップ率を9段階で調節可能で、レース中のタイムアップに貢献することができます。走行モードの「Track(トラック)」モードを選択すればさまざまな出力特性を持つエンジンマップを持ち、よりアグレッシブな出力特性を造り出すことができ、アンチウイリーもセットすることが可能なのです。

「1290SUPER DUKE R」の詳しい情報は、KTM.comをご覧下さい。

<KTM プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017 Red Bull KTM 2017年カラーのカウルで走行を開始
★MotoGP2017カタールGP ブラッドリー・スミス「多くのデータが得られた」
★「XSR900」が世界的権威のデザイン賞で最高賞に選定
★MotoGP2017アルゼンチンGP ポル・エスパルガロ「KTMで初めてポイントを獲得出来た」
★「国内最大級」のバイクイベント開催!!バイク「3000台」が集結!!
★無限 マン島TTゼロチャレンジクラスでマクギネスの代役にブルース・アンスティを起用
★MotoGP2017 KTM 今年もミカ・カリオがワイルドカード参戦
★マックス・ビアッジ 選手達と練習中にスーパーモタードで転倒し骨折
★HRC CBR250RR Dream Cup レーススケジュール
★MotoGP2017アラゴンGP カリオ「明日しっかりと結果を残す事が重要」
★経営状態悪化が囁かれるBimota 現状に関する声明を発表
★バイク好き若手クリエイターによる自主制作ムービーを配信!~10月31日、コンテンツサイト「Bike Life Lab」にて配信開始!~
★ヤマハ発動機 超精密ペーパークラフト「YA-1」の予告ページを更新。1955年に「第一回浅間高原レース」が行われた場所で撮影を敢行。
★MotoGP2018ヘレステスト ポル・エスパルガロ「1年でここまで来れるとは思っていなかった」
★ナップス 国道246号線沿いに「ナップス座間店」がオープン12月15日(金)よりオープニングセールを開催
★MotoGP2017 マニュファクチャラーズプレスカンファレンス翻訳 KTM
★ホンダ アメリカ市場でVT1300CX FURYの燃料タンクに関するリコールを発表
★Ducati 2017年に2016年を上回る55,871台の車両を販売
★MotoGP2018 テック3 ヤマハとのパートナーシップを2018年末で終了、次のマシンはKTMか?
★「BiGMACHINE零(ビッグマシン ゼロ)」Vol.3が刊行!