★バルセロナ‐カタルーニャ・サーキット 「2018年もMotoGPを開催する」

カタルーニャGPでは、レースウィークが始まった時から路面のバンプの酷さ、舗装の劣化、改修された最終区間の作業の雑さなどが選手達によって指摘されており、金曜日に行われたFP1、FP2の結果、新造されたシケインの危険性が高いということが判明し、FP3から昨年同様のレイアウトが使用されることが急遽決定されるという事態となりました。レース終了後、再舗装、再改修がない限り来年の開催は不可能と最後通牒が出されたわけですが、これに対してサーキット側はこれらの改修を行うという回答を発表しています。これら作業が本当に行われるのか?行われるとしてしっかりとした仕事が行われるのか?ということは、現時点では何とも言えません。

Sponsored Link

バルセロナ(カタルーニャ)・サーキットを管理するコンソーシアムのVincenç Aguileraは「必要な改修は行われる予定で、2018年にMotoGPが開催されないということはない」と述べ、モントメロにおいて来年もMotoGPレースが開催されることを認めた。

ライダー達はサーキット全体の再舗装、ルイス・サロムが亡くなったターン12のランオフエリアの拡大、シケインをなくした状態で新たなレイアウトへの改修を求めていたため、来年MotoGPが開催されるかどうかについては不明となっていた。先週にカルメロ・エスペレーターは、こうした改修は必要不可欠で、こうした改修なしに今後の開催はないとしていた。

サーキットオーナーは冬の間にかけて新たに新設したシケインをバレンティーノ・ロッシが気に入らなかったということでロッシを個人攻撃しており、「彼は我々に€200,000ドブに捨てさせた。」と述べており、ロッシは「シケインについて危険だと言っていたのは、自分だけでなく全てのライダーも同様。自分はそう言い出したに過ぎない。」と述べている。

こうした改修が本当に行われ、作業が完了するのかについては、これから見届けることになるだろう。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link