★Ducati2気筒への決別 1299パニガーレRファイナルエディションを発表

Ducatiはアメリカで開催されているワールドスーパーバイク世界選手権のラグナセカ戦において、1299パニガーレの最終モデルとなるDucatiは1299パニガーレRファイナルエディションを発表しました。CEOのクラウディオ・ドメニカーリの言葉を聞く限り、スーパーバイクにおいては連綿と続いてきた2気筒エンジンとの決別を述べた内容となっており、Ducatiの歴史において非常に象徴的な出来事と言えるでしょう。

Sponsored Link

Ducatiは1299パニガーレRファイナルエディションの発表の場としてワールドスーパーバイク世界選手権のラグナセカ戦を選びました。この場で、DucatiのCEOであるクラウディオ・ドメニカーリは、チャズ・デイビーズ、マルコ・メランドリと共に新型車両を公開。この最新モデルは他に比較するモデルがない最新技術とパフォーマンス、デザインを誇ります。最新のEuro4を満たすロードバイクとなっており、1299パニガーレRファイナルエディションはシリアルナンバーがふられています。

1299スーパーレッジェーラの派生エンジンを積むこのファイナルエディションは、11,000回転で209馬力を発生。9,000回転で14.5kgmのトルクを発生します。軽量のクランクシャフトと大型のクランクピンを装備し、タングステン製のバランシングパッドを装備。コンロッド、吸排気バルブなどはチタニウム製となります。

Ducatiコルセによって開発された超コンパクトなモノコック構造のフレームはエアボックスとシャーシの中心的な役割を果たしており、1299パニガーレRファイナルエディションの重量は僅か179kgとなります。

シャーシセットアップに関してはパニガーレRと同様で、オーリンズ製サスペンションを備え、レイク角は24°となります。Euro4を満たしたアクラポビッチ製のオールチタンエキゾーストは、ワールドスーパーバイク選手権で戦うパニガーレRが装備しているものと非常に良く似たものです。

エレクトロニクスパッケージとしてはボッシュ製の慣性計測装置(IMU)、ABSコーナリング、DucatiウイリーコントロールEVO、DucatiトラクションコントロールEVO、エンジンブレーキコントロールを装備します。これらのシステムは、選択されたライディングモード(レース、スポーツ、ウェット)に対してデフォルトのセッティングを備えていますが、ライダーの好みで変更が可能です。

Ducati CEO クラウディオ・ドメニカーリ

「この最新バージョンのパニガーレを皆さんにご紹介することが出来て本当に嬉しく思っています。Ducatiはその2気筒のスポーツエンジンが特徴ですが、Ducatiほどにエンジンとそのバイクの名称が密接に結びついているブランドは存在しないでしょう。今日ここに我々は、その歴史を祝うために集まっています。これは圧倒的なパフォーマンスをMotoGPで発揮しているエンジンから得られた経験を元に開発された新型のV型4気筒エンジンという、新たな時代の始まりと言えるエンジンにも、我々のデスモドローミック機構が使用されているのと同様です。」

「しかしこれが未来なのです。今日我々は、今までに参加した全てのスーパーバイクチャンピオンシップにおいて勝利を収めた、素晴らしいトルクとコンパクトさを併せ持つ2気筒エンジンへのオマージュを捧げたいと思います。別の言い方をすると、このエンジンがワールドスーパーバイクの歴史を作ったと言えるでしょう。この歴史は1988年4月3日にマルコ・ルッキネリが851を操縦してドニントンパークで獲得した勝利から、2017年のチャズ・デイビース、マルコ・メランドリがパニガーレRで獲得した勝利まで続いており、Ducatiは333戦以上のレースに参戦し、17回コンストラクターズタイトル、14回ライダーズタイトルを獲得しています。」

1299パニガーレRファイナルエディション主要諸元

エンジン:Superquadro Lツイン
排気量:1,285 cc
ボア x ストローク:116 x 60,8 mm
圧縮比: 13,0:1
最大出力:209 hp @ 11,000 rpm
最大トルク:142.0 Nm (104.7 lb-ft) @ 9,000 rpm
フレーム:モノコックアルミニウム
フロントサスペンション:オーリンズ製 NIX30 43mm
フロントホイール:3スポーク/Wシェイプ/3.50″ x 17″
フロントタイヤ:Pirelli Diablo Supercorsa SP 120/70 ZR17
リア・サスペンション:オーリンズ製 TTX36
リアホイール:3スポーク/Wシェイプ/6.00″ x 17
リアタイヤ:Pirelli Diablo Supercorsa SP 200/55 ZR17
ホイールトラベル:F 120 mm (4.72 in) -/R 130 mm (5.12 in)
フロントブレーキ:2 x 330mm セミフローティングディスク/ラジアルマウントブレンボ製モノブロックキャリパーM50
リアブレーキ:245mmディスク
乾燥重量:168 kg (370.4 lb)
車両重量:190 kg (418.9 lb)
シート高:830 mm (32.48 in)
ホイールベース:1,443 mm (56.81 in)
レイク角:24°
トレール:96 mm (3.78 in)
燃料タンク容量:17 l – 4.5 gallon (US)

<Ducati プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★無限 東京モーターサイクルショーで電動モトクロッサー「無限E.REX」を発表
★MotoGP2017 ロレンソはチャンピオンシップ争いに参加出来るのか?
★往年の空冷ファンに捧げる XTR Pepo  Pata Negra
★MotoGP2017アメリカGP ロレンソ「この困難な時期はすぐに終わる」
★MotoGP2017アメリカGP9位 ロレンソ「フィーリングとペースが向上した」
★ホンダ 「CBR250RR」の受注状況について
★MotoGP2017ヘレスGP ロレンソ「ホームGPのファンの前でDucatiを乗るのが待ちきれない」
★MotoGP2017イタリアGP ペトルッチ「ロッシを抜いた時は、誰かに殺されるんじゃないかと思っていた」
★MotoGP2017カタルーニャGP 予選2位ロレンソ「既に良いベースはある」
★ヤマハ 上級オフロードレーサーの最新カラーリングイメージを採用 キッズ向けファンバイク「PW50」2018年モデルを発売
★売却が噂されるDucatiを購入するのはハーレーか?
★MotoGP2017ドイツGP ドヴィツィオーゾ「フロントのグリップ不足に苦戦」
★MotoGP2017ドイツGP 予選6位ロレンソ「このポジションには満足」
★新型スズキ隼は2018年には登場しない?
★MotoGP2017 Ducati CEO クラウディオ・ドメニカーリ「ドヴィの事を讃えたい」
★MotoGP2017 エクトル・バルベラ「2018年はMoto2への参戦を考えている」
★MotoGP2017ケーシー・ストーナー Ducatiのバレンシアテストに参加
★スズキ GSX‐Sシリーズの新型モデル「GSX‐S125 ABS」を発売
★MotoGP2017アラゴンGP7位 ドヴィツィオーゾ「ソフトタイヤを選択したのは間違いではない」
★MotoGP2017日本GP 3位ペトルッチ「常に問題なのはドヴィとマルクの2人」