★MotoGP2017ヘレスサーキット 再舗装を8月までに完了の予定

サーキットによってその路面の再舗装にかける熱意はだいぶ異なるようで、再舗装をしなければレース開催はないと最後通牒を出されたバルセロナと対象的に、同じスペインのヘレスはこの夏に再舗装を行ない、8月には施工が完了するとのこと。

Sponsored Link

バルセロナが2018年にMotoGPを開催する場合にはトラックの再舗装が必要だとお伝えしたばかりだが、ヘレス・サーキットのウェブサイトは、このアンダルシア地方のサーキットが再舗装をすることをアナウンスしている。

この再舗装に関しては既に契約において計画されていたもので、夏の間に施工が行われ8月に完了する。835,000ユーロがこのプロジェクトに投資されており、このトラック全体が再舗装される。これにピットレーン、ランオフエリアの改修も含まれ、アンヘル・ニエトコーナーの中にあるメタルバリアも新しく交換される。

新しい路面となったサーキットでの最初のセッションは9月に行われるCEVで、10月にはスーパーバイクがスペイン戦で使用する。

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link