★ヤマハから2018年型X-MAX 400が登場

ヤマハのX-MAX400が新しくなりました。ボディワークは小排気量バージョンのX-MAX300の影響を受けたと思われるもので、LEDライトを前後に装備しています。このクラスで最もコンパクトと謳う車体は先代モデルより5kgのダイエットに成功して210kgとなりました。400ccのエンジンはEuro4に適合し、フロントにダブルディスクブレーキ、トラクションコントロールとABSを装備しています。


Sponsored Link

2つのフルフェイスヘルメットが収納可能な広大なシート下スペースを備え、ウインドスクリーン、ハンドルバーは2つのポジションを選択可能です。キーレスイグニッションシステム、マルチファンクションLCDディスプレイなども備えています。車体カラーはファントムブルー、ソニックグレー、ブレイジンググレーの3色。登場次期は8月となります。(※海外市場の場合)



<yamaha-motor.eu プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017フィリップアイランドテスト テック3ヤマハ写真ギャラリー
★ツーリングシーズンの幕開けを告げる「BikeJIN春祭り2017」4月8日(土)に袖ヶ浦フォレストレースウェイで開催
★ヤマハ 「BOLT ABS」「BOLT Rスペック ABS」2017年モデル発売
★ホンダ 新型の軽二輪スーパースポーツモデル「CBR250RR」を発売
★MotoGP2017アメリカGP ビニャーレス「M1がここでどんな走りをするのか楽しみ」
★MotoGP2017アメリカGP ビニャーレス「少なくとも3秒台は出せる」
★MotoGP2017アメリカGP Q2結果
★MotoGP2017アメリカGP2位 ロッシ「オースティンで最高の結果になった」
★スズキ 2018年モデル GSX-S1000F ABS 7月発売予定
★MotoGP2017 ロッシが今年10度目のタイトルを獲得出来ると言える理由
★MotoGP2017ヤマハ マッテオ・フラミニが語るロッシと電子制御
★MotoGP2017ヘレスGP 4位ザルコ「最後まで3位争い出来ると思っていた。」
★MotoGP2017ヘレステスト初日 ビニャーレス「レースと全く違う結果だった」 
★USヨシムラからVERSYS-X 300用ストリートR-77 スリップオンマフラーが登場
★MotoGP2017フランスGP ロッシ「バイクのフィーリングは向上している」
★MotoGP2017フランスGP 7位フォルガー「レース序盤のペース改善が必要」
★ホンダ 大型スーパースポーツモデル「CBR1000RR SP2」を発売
★MotoGP2017イタリアGP ロッシ「腹部と胸部にまだ痛みがある」
★スロバキアリング8時間耐久レース 予選総合結果
★「プロト バイクユーザーレポート 2017」結果まとまる