★ヤマハから2018年型X-MAX 400が登場

ヤマハのX-MAX400が新しくなりました。ボディワークは小排気量バージョンのX-MAX300の影響を受けたと思われるもので、LEDライトを前後に装備しています。このクラスで最もコンパクトと謳う車体は先代モデルより5kgのダイエットに成功して210kgとなりました。400ccのエンジンはEuro4に適合し、フロントにダブルディスクブレーキ、トラクションコントロールとABSを装備しています。


Sponsored Link

2つのフルフェイスヘルメットが収納可能な広大なシート下スペースを備え、ウインドスクリーン、ハンドルバーは2つのポジションを選択可能です。キーレスイグニッションシステム、マルチファンクションLCDディスプレイなども備えています。車体カラーはファントムブルー、ソニックグレー、ブレイジンググレーの3色。登場次期は8月となります。(※海外市場の場合)



<yamaha-motor.eu プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★SWM 2017年に6,000台の生産を見込む
★MotoGP2017カタールGP 今年は何名のライダーが優勝するのか?
★MotoGP2017カタールGP ビニャーレス「FP2の転倒は完全に自分のミス」
★MotoGP2017カタールGP ミシュラン決勝レースリリース
★MotoGP2017アルゼンチンGP ビニャーレス「満足しているし、自信もある」
★MotoGP2017アメリカGP ビニャーレス「100%の力を出せれば優勝争い出来る」
★ホンダ ウェルカムプラザ青山 ニッキー・ヘイデン選手 追悼展示
★トライアンフ TIGER 800XRT / TIGER 800 XCA 限定導入のご案内
★MotoGP2017オランダGP ザルコ「ロッシの後を継ぐのはライダーの夢」
★MotoGP2017ドイツGP ビニャーレス「今は前を向いて進みたい」
★MotoGP2017ドイツGP ロッシ「新品タイヤでのフロントのフィーリングが課題」
★ヤマハ発動機コミュニケーションプラザ 夏休み特別イベント 「親子で楽しめる工場見学 & 体験教室」を開催
★BMW MOTORSPORT FESTIVAL 2017開催報告
★BMW S1000RR 2018年モデルとして今年のミラノショーで登場か?
★MotoGP2017オーストリアGP5位 ザルコ「トップ5に戻ってこれたのが嬉しい」
★MotoGP2017 ブロック・パークス フォルガーの代役としてオーストラリアGPに参戦
★ホンダ ロングセラーモデル「スーパーカブ50」「スーパーカブ110」と「スーパーカブ50 プロ」「スーパーカブ110 プロ」をモデルチェンジし発売
★MotoGP2017オーストラリアGP ロッシ「ザルコをファクトリーバイクに乗せるのはちょっと。。」
★ヤマハ 249cm3“BLUE COREエンジン”搭載 新型スクーター「XMAX ABS」を発売
★MotoGP2017ライダー写真ギャラリー マーべリック・ビニャーレス