★MotoGP2017 ダニロ・ペトルッチが解説するMotoGPマシンのサムブレーキ

こちらもシーズン前のテストの中での動画ですが、ダニロ・ペトルッチ選手がサムブレーキについて語っています。リーン角度が大きいMotoGPバイクの場合、通常のリアブレーキだと操作が難しくなってくるというのは頷ける話です。なおDucatiではドヴィツィオーゾ選手もサムブレーキを使用していますね。

Sponsored Link

ダニロ・ペトルッチ

「今日はサムブレーキ(リアブレーキ)について解説するよ。誰もがこうしたブレーキをバイクに装着しているわけではないんだ。通常は背の高いライダーか、右コーナーでリアブレーキを操作出来ないライダーがサムブレーキを装着しているんだ。というのもリアブレーキは右側に付いてるからね。バンク角が大きいとブレーキペダルが体に近くなって、車体をリーンさせながらのリアブレーキ操作というのが出来なくなるんだ。だから自分もその他のライダーのようにサムブレーキを付けたんだよ。効き方は普通のリアブレーキと同じ。操作はこのレバー(親指で押しているもの)を押すことでブレーキが掛かるんだ。スクーターや自転車じゃないから、この左のレバーはクラッチになる。」

「基本的にはマシンがリーンしている時に使用するんだけど、自分はスロットルをオフにしてブレーキをかける時、右足はこの位置に置いているんだ。だから当然リアブレーキの操作は出来ない。ブレーキを操作するには足をかなり移動させないと行けなくて、実際のところそれは不可能なんだ。だから昨年の中頃からサムブレーキを使うようになったんだよ。多分最初にこのサムブレーキを使い始めたのはミック・ドゥーハンだと思う。彼は右足でブレーキ操作が出来なかったから、親指でブレーキを操作したんだ。実際多くのライダーがここにレバーを付けてブレーキとして使っている。自分は本当にこのサムブレーキが気にいっているんだ。この位置に(指で示す)小さいレバーを付けることも考えていたんだけど、クラッチもあるからちょっと面倒くさいんだよね。」


「このサムブレーキを良く使うサーキットは、かなりハードに走る必要があるサーキット、もしくは狭いサーキットだね。ヘレスなんかはストレートからターン1、ターン2などの右コーナーに続いていくので、サムブレーキを多用するサーキットだと言える。あとは加速のコントロールをする時にも使用はするね。バイクのリアの車高が高くなってしまってくるような時にもサムブレーキをよく使っているよ。サムブレーキはいろいろなサーキットで使えるんだけど、2つのリアブレーキをどのように使い分けるかにもよってくるね。」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017 エクトル・バルベラ「怪我を嘆いても仕方ない」
★MotoGP2017カタールテスト2日目 アレイシ・エスパルガロ「レースではこんなリスクは冒せない」
★MotoGP2017カタールテスト3日目 ドヴィツィオーゾ「ビニャーレスはもっと速く走れる」
★MotoGP2017 ミシュラン 2017年シーズンの変化への準備は万端
★MotoGP2017 ロレンソとドヴィツィオーゾの長い歴史
★MotoGP2017カタールGP11位 ロレンソ「やるべき事は沢山ある」
★MotoGP2017カタールGP ロッシ「ザルコがここまで速いとは思っていなかった」
★MotoGP2017アプリリア ロマーノ・アルベシアーノ「全ての面で向上を続けることが必要」
★MotoGP2017アメリカGP 決勝プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017ヘレスGP ウォームアップ結果
★MotoGP2017 ポル・エスパルガロ「エンジンに狂ったように蹴飛ばされることはなくなった」
★MotoGP2017フランスGP ビニャーレス「良い仕事が出来るはず」
★バレンティーノ・ロッシ「さようなら。ニッキー。」
★MotoGP2017 サム・ローズ「新カウルのウイリー抑止効果は高い」
★MotoGP2017イタリアGP ペトルッチ「ロッシを抜いた時は、誰かに殺されるんじゃないかと思っていた」
★MotoGP2017カタルーニャGP 10位ビニャーレス「何が起きているのかわからない」
★MotoGP2017オランダGP予選4位 ロッシ「面白いレースになる」
★MotoGP2017ドイツGP マルケス「落ち着いてレースに取り組む事が必要」
★MotoGP2017ドイツGP ロレンソ「再びポジティブなフィーリングを見つけることが重要」
★MotoGP2017 サム・ロウズのアプリリア残留の可能性が高まる