★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐 公開合同テスト トップタイムは9年ぶりに参戦のモリワキ

9年ぶりに鈴鹿8耐へ参戦しているモリワキモチュールレーシングが、11日から13日にかけて行われた公開合同テストにおいてトップタイムを記録しました。各有力チームのベストタイムはこれからさらに速くなっていくと思われますが、9年ぶりに出場を決めたモリワキのこのタイムは、多くの有力チームを驚かせたでしょう。

Sponsored Link

モリワキモチュールレーシングは、3日間行われた鈴鹿の合同テストで最速タイムを記録。9年間の空白の後、ピレリを履いたホンダチームは鈴鹿8耐の優秀候補の1つだ。2’07.346を記録したのは清成龍一。このタイムによって、モリワキモチュールレーシングは名だたる有力チームを抑えてトップ順位を獲得。モリワキが鈴鹿8耐に最後に参戦したのは2008年。この時チームは6位を獲得。ライダーは山口辰也、カル・クラッチロー、ジェイソン・オハロランだった。なお、この10年間、モリワキはMoto2マシンの開発に集中していた。

今年モリワキはピレリを使用し、4度8耐で優勝経験のある清成龍一、高橋祐樹、ダン・リンフットというチームで挑む。3日間のテストで、彼らは他の優勝候補のホンダチームであるMusashi RT Harc-Pro(高橋巧、中上貴晶、ジャック・ミラー)、ヤマハファクトリーレーシングチーム(中須賀克行、アレックス・ロウズ、マイケル・ヴァン・デル・マルク)、そしてもう1つのホンダのトップチームである F.C.C. TSR Honda (ステファン・ブラドル、ドミニク・エガーター、ランディ・ドプニエ)よりも速かった。カワサキチーム・グリーン、ヨシムラスズキMotulレーシングはすぐ後ろにつけているが、彼らが集中していたのはレースシミュレーションであって、最速タイムを追っていたわけではない。

FIM EWC 2016-2017のタイトル獲得候補とされているYARTヤマハオフィシャルEWCチームのベストタイムは2’08.861であり、これはGMT94ヤマハ(2’10.882)、スズキ・エンデュランス・レーシングチーム(2’11.811)よりも速いタイムとなる。鈴鹿8時間耐久レースの最初のテストセッションは7月27日木曜日から開催される。

鈴鹿8時間耐久 トップ25位

1- Moriwaki Motul Racing (Honda CBR1000 RR SP2/Pirelli) 2’07.346
2- Musashi RT Harc-Pro (Honda CBR1000 RR SP2/Bridgestone) 2’07.592
3- Yamaha Factory Racing Team (Yamaha YZF R1/Bridgestone) 2’07.603
4- F.C.C. TSR Honda (Honda CBR1000 RR SP2/Bridgestone) 2’07.700
5- Kawasaki Team Green (Kawasaki ZX-10RR/Bridgestone) 2’07.805
6- Yoshimura Suzuki Motul Racing (Suzuki GSX-R 1000/Bridgestone) 2’07.954
7- YART Yamaha Official EWC Team (Yamaha YZF R1/Bridgestone) 2’08.861
8- Honda Suzuka Racing Team (Honda CBR1000 RR SP2/Bridgestone) 2’08.886
9- Team Kagayama (Suzuki GSX-R 1000/Dunlop) 2’09.032
10- Honda Dream Racing (Honda CBR1000RR SP2/Bridgestone) 2’09.126
11- S-Pulse Dream Racing IAI (Suzuki GSX-R 1000/Bridgestone) 2’09.157
12- Team SuP Dream Honda (Honda CBR1000RR SP2/Bridgestone) 2’09.242
13- Honda Dream RT Sakurai Honda (Honda CBR1000RR SP2/Bridgestone) 2’09.521
14- MotoMap Supply FutureAccess (Suzuki GSX-R 1000/Bridgestone) 2’09.628
15- SatuHATI Honda Team Asia (Honda CBR1000RR SP2/Bridgestone) 2’09.721
16- Team JP DFR & RS-Itoh (Kawasaki ZX-10RR/Dunlop) 2’10.142
17- BMW Motorrad39 (BMW S1000RR/Bridgestone) 2’10.567
18- EVA RT Webike Trick Star (Kawasaki ZX-10R/Dunlop) 2’10.705
19- GMT94 Yamaha (Yamaha YZF R1/Dunlop) 2’10.882
20- au & Teluru-Kohara RT (Honda CBR1000RR SP2/Dunlop) 2’10.967
21- Mistresa with ATJ Racing (Honda CBR1000RR SP2/Bridgestone) 2’11.095
22- Titanium Power Hooters Racing (Yamaha YZF R1/Bridgestone) 2’11.291
23- ITO Racing GMD & Redgriffin (Yamaha YZF R1/Bridgestone) 2’11.318
24- Akeno Speed Yamaha (Yamaha YZF R1/Bridgestone) 2’11.750
25- Suzuki Endurance Racing Team (Suzuki GSX-R 1000/Dunlop) 2’11.811

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト1日目 マルケス転倒の理由は新型カウル
★ホンダNM4 北米で2018年モデルとして復活
★MotoGP2017アルゼンチンGP 3位クラッチロー「カタールの後にこうした結果で嬉しい」
★ホンダ 新型アドベンチャーモデル「X-ADV」を発売
★ル・マン24時間耐久 スタートから16時間後の順位
★MotoGP2017アメリカGP クラッチロー「COTAはセットアップに時間がかかる」
★MotoGP2017アメリカGP予選9位 クラッチロー「転倒がなければ3番手だった」
★MotoGP2017アメリカGP10位 ミラー「ホルヘがミスをすることを願っていた」
★MotoGP LCRホンダ 2018年からMoto2のトップ選手を加えた2台体制を検討か?
★ジョン・マクギネス ノースウェスト200の予選で転倒。マン島TT欠場の恐れ
★ホンダ・レーシング マクギネスの怪我を受けて今年のノースウェスト200から辞退
★元MotoGP王者ニッキー・ヘイデン 自転車で走行中に車と衝突し重体
★ニッキー・ヘイデン 容態は未だ深刻、事故原因について調査が進む
★ヴァレンティーノ・ロッシ「ニッキー、皆が君のそばにいるよ」
★オッシャースレーベン8時間耐久 予選1日目総合結果
★MotoGP2017フランスGP 予選5位マルケス「セットアップにもう少し時間が必要」
★トミー・ヘイデン「ニッキーは私たち家族の誇り」
★MotoGP2017オランダGP フランコ・モルビデッリMarc VDSとの2年契約を交わす
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐 公開合同テスト  7月12日 総合結果
★スズキ・エンデュランス・チーム 濱原 颯道選手を3人目の選手として起用