★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐 公開合同テスト トップタイムは9年ぶりに参戦のモリワキ

9年ぶりに鈴鹿8耐へ参戦しているモリワキモチュールレーシングが、11日から13日にかけて行われた公開合同テストにおいてトップタイムを記録しました。各有力チームのベストタイムはこれからさらに速くなっていくと思われますが、9年ぶりに出場を決めたモリワキのこのタイムは、多くの有力チームを驚かせたでしょう。

Sponsored Link

モリワキモチュールレーシングは、3日間行われた鈴鹿の合同テストで最速タイムを記録。9年間の空白の後、ピレリを履いたホンダチームは鈴鹿8耐の優秀候補の1つだ。2’07.346を記録したのは清成龍一。このタイムによって、モリワキモチュールレーシングは名だたる有力チームを抑えてトップ順位を獲得。モリワキが鈴鹿8耐に最後に参戦したのは2008年。この時チームは6位を獲得。ライダーは山口辰也、カル・クラッチロー、ジェイソン・オハロランだった。なお、この10年間、モリワキはMoto2マシンの開発に集中していた。

今年モリワキはピレリを使用し、4度8耐で優勝経験のある清成龍一、高橋祐樹、ダン・リンフットというチームで挑む。3日間のテストで、彼らは他の優勝候補のホンダチームであるMusashi RT Harc-Pro(高橋巧、中上貴晶、ジャック・ミラー)、ヤマハファクトリーレーシングチーム(中須賀克行、アレックス・ロウズ、マイケル・ヴァン・デル・マルク)、そしてもう1つのホンダのトップチームである F.C.C. TSR Honda (ステファン・ブラドル、ドミニク・エガーター、ランディ・ドプニエ)よりも速かった。カワサキチーム・グリーン、ヨシムラスズキMotulレーシングはすぐ後ろにつけているが、彼らが集中していたのはレースシミュレーションであって、最速タイムを追っていたわけではない。

FIM EWC 2016-2017のタイトル獲得候補とされているYARTヤマハオフィシャルEWCチームのベストタイムは2’08.861であり、これはGMT94ヤマハ(2’10.882)、スズキ・エンデュランス・レーシングチーム(2’11.811)よりも速いタイムとなる。鈴鹿8時間耐久レースの最初のテストセッションは7月27日木曜日から開催される。

鈴鹿8時間耐久 トップ25位

1- Moriwaki Motul Racing (Honda CBR1000 RR SP2/Pirelli) 2’07.346
2- Musashi RT Harc-Pro (Honda CBR1000 RR SP2/Bridgestone) 2’07.592
3- Yamaha Factory Racing Team (Yamaha YZF R1/Bridgestone) 2’07.603
4- F.C.C. TSR Honda (Honda CBR1000 RR SP2/Bridgestone) 2’07.700
5- Kawasaki Team Green (Kawasaki ZX-10RR/Bridgestone) 2’07.805
6- Yoshimura Suzuki Motul Racing (Suzuki GSX-R 1000/Bridgestone) 2’07.954
7- YART Yamaha Official EWC Team (Yamaha YZF R1/Bridgestone) 2’08.861
8- Honda Suzuka Racing Team (Honda CBR1000 RR SP2/Bridgestone) 2’08.886
9- Team Kagayama (Suzuki GSX-R 1000/Dunlop) 2’09.032
10- Honda Dream Racing (Honda CBR1000RR SP2/Bridgestone) 2’09.126
11- S-Pulse Dream Racing IAI (Suzuki GSX-R 1000/Bridgestone) 2’09.157
12- Team SuP Dream Honda (Honda CBR1000RR SP2/Bridgestone) 2’09.242
13- Honda Dream RT Sakurai Honda (Honda CBR1000RR SP2/Bridgestone) 2’09.521
14- MotoMap Supply FutureAccess (Suzuki GSX-R 1000/Bridgestone) 2’09.628
15- SatuHATI Honda Team Asia (Honda CBR1000RR SP2/Bridgestone) 2’09.721
16- Team JP DFR & RS-Itoh (Kawasaki ZX-10RR/Dunlop) 2’10.142
17- BMW Motorrad39 (BMW S1000RR/Bridgestone) 2’10.567
18- EVA RT Webike Trick Star (Kawasaki ZX-10R/Dunlop) 2’10.705
19- GMT94 Yamaha (Yamaha YZF R1/Dunlop) 2’10.882
20- au & Teluru-Kohara RT (Honda CBR1000RR SP2/Dunlop) 2’10.967
21- Mistresa with ATJ Racing (Honda CBR1000RR SP2/Bridgestone) 2’11.095
22- Titanium Power Hooters Racing (Yamaha YZF R1/Bridgestone) 2’11.291
23- ITO Racing GMD & Redgriffin (Yamaha YZF R1/Bridgestone) 2’11.318
24- Akeno Speed Yamaha (Yamaha YZF R1/Bridgestone) 2’11.750
25- Suzuki Endurance Racing Team (Suzuki GSX-R 1000/Dunlop) 2’11.811

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017アメリカGP マルケス「チャンピオンシップ争いに復活出来た」
★マルケスの2016年チャンピオンシップを追ったドキュメンタリー「From Cervera to Tokyo」が公開
★MotoGP2017フランスGP 予選13位ペドロサ「1周目はアグレッシブに走る必要がある」
★MotoGPクラスの選手達からの、ヘイデン選手への言葉
★スロバキアリング8時間耐久レース 開始から1時間での順位
★さいたま市・本田技研工業・ヤマハ発動機による原付一種クラス電動二輪車(EVバイク)の実証実験開始について
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 イエローライダー公式予選1
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームが3連覇を達成
★MotoGP2017オーストリアGP ペドロサ「ブルノで作ったセットアップから始めることが出来る」
★MotoGP2017サンマリノGP クラッチロー 左手人差し指を怪我するもレースには出場予定
★MotoGP2017サンマリノGP 14位ペドロサ「氷の上でライディングしているようだった」
★スズキ 世界耐久選手権2017-2018年シーズンの参戦体制を発表
★ホンダ モトクロス競技専用車「CRF250R」をフルモデルチェンジし発売
★MotoGP2017バレンシアGP チャンピオンシップ優勝プレスカンファレンス
★MotoGP2017ライダー写真ギャラリー カル・クラッチロー
★MotoGP2018 セパンテスト2日目 中上 「転倒のせいでテストプランを変更する形になった」
★MotoGP2018 カタールテスト2日目 3位マルケス「新しいパーツは全て機能している」
★ホンダ 2018年型のフォルツァ300を発表
★世界耐久選手権(EWC)のプライベートテストがル・マンで開催される
★2017-2018EWCル・マン24時間耐久 F.C.C. TSR Honda Franceが優勝、チャンピオンシップにおいてもトップへと浮上