★MotoGP2017 バレンティーノ・ロッシ「モルビデッリは皆にとって来年強敵となる。」

来年からMotoGPに昇格が決まっているフランコ・モルビデッリ選手について、ロッシ選手は「誰にとっても強敵になる」と語り、そのポテンシャルの高さを改めて語っています。今年は特にザルコ選手という絶対的な王者がいなくなったMoto2で圧倒的な強さを発揮しているモルビデッリ選手にとっても、来年そのスピードを発揮出来るかどうかは重要になってくるでしょう。

Sponsored Link

フランコ・モルビデッリはVR46ライダーズアカデミーの生徒として1つ、近く2つの歴史を作るかもしれない。彼はアカデミーの生徒として初めてMotoGPライダーとなることが決まっており、来年Marc VDSから参戦することになる。また、モルビデッリは恐らくアカデミーの生徒として初めて世界チャンピオンとなることが予想されており、現時点でライバルのトーマス・ルティに34ポイント差を付けている。モルビデッリの友人でありメンターであるバレンティーノ・ロッシは、彼が来年MotoGPライダーとなることをどのように思っているのだろうか?

バレンティーノ・ロッシ

「フランコのことは長年知っています。彼はアカデミーの中でも最初期のメンバーです。彼のお母さんはブラジル出身でお父さんはローマ出身です。彼のお父さんは元ライダーでタブリアに越してきたんです。フランコを良い環境に置くためにね。フランコのお父さんはグラツィアーノ(※ロッシ父)のところに行ってフランコを助けてもらえるか聞いたんです。ですから、自分がフランコを見たのはずっと前で、彼は自分の父と一緒にいました。そして自分とマルコ・シモンチェリと共に450でトレーニングを初めたんです。で、その時から彼とは友人なんですよ。」

「彼は素晴らしい才能を持っていると思います。すごい走りをすることが出来ますし、今年はそれを証明してますよね。一緒にトレーニングしていた時は彼は常にタフな相手でした。ですからMotoGPにおいても、皆にとって強敵になるんじゃないでしょうか。」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link