★BMW R1200GSのリコール対象台数は世界で150,000台以上のおそれ

しばらく前にサービスキャンペーンとして発表されたBMW R1200GS、R1200GSアドヴェンチャーのフロントフォークに関する話題ですが、イギリス、北米では既に大規模なリコールとしてディーラーが対策に追われているようです。世界的にも常に最も売れているモデルだけに、業績への影響はかなりありそうです。

Sponsored Link

水冷のBMW R1200GSの世界的なサービスキャンペーンとして始まった内容は、BMWにとって世界規模のリコールへと発展した。BMWモトラッドUSAはBMWディーラーに”販売の中止”を通達。これは米国運輸省道路交通安全局が今回のリコールについてリリースを予定している文章の内容によるもの。

このリコールではBMWモトラッドのディーラーは、2013年11月から2017年6月に製造されたR1200GSのフォークチューブの点検を行う。もし車両のフォークパイプ、シールプラグのギャップが大きすぎる場合、そのフォークをディーラーで修理することは不可能で、交換が必要となる。

もしギャップが確認されない場合であっても(もしくはギャップが許容値の場合)ディーラーはオーナーにバイクを返す前にフォークにスリーブを挿入する必要がある。世界規模では150,000台以上が対象となることから、BMWモトラッドにとっては大変なリコールだ。

BMWモトラッドUSAはアメリカのディーラー達に1週間につき僅か10個のブッシュのオーダーしかしないようにと通達している。ということは、世界にBMWモトラッドのディーラーが約1,500あることを考えると、計算上はこのリコールが完了するのには20週かかることになる。(※全ての対象となるバイクにブッシュを圧入する作業が必要とした場合)

もちろんBMWモトラッドはこのリコールを速く解決しようとするだろうし、全ての対象台数にこうした問題が発生しているわけではなかろう。こうしたことを考えるとリコール対象の水冷BMW R1200GSとR1200GSアドヴェンチャーのリコールが完了する時間は少し短くなると予想される。とは言え、BMWの最も人気があるモデルに大規模なリコールが発生したという事実は変わらない。

今後は米国運輸省道路交通安全局からこのリコールについての正式発表があるだろう。とは言え、対象となるBMWに乗っているオーナーにおいては、BMWモトラッドUSAに連絡を取ったほうが良いだろう。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★Unique Custom Cycles R1150 GSカフェレーサー
★TOP GEARでマット・ルブランクが1299スーパーレッジェーラをライディング
★「アウトドアデイジャパン2017 東京」出展概要
★米GoPro 最新モデルが割引で購入出来る下取りキャンペーンを開始
★ハーレーダビッドソン 2017年第一四半期の売上高は昨年比4.2%減少
★元MotoGP王者ニッキー・ヘイデン 自転車で走行中に車と衝突し重体
★ロジャー・リー・ヘイデン「兄さん、また一緒に走る時まで。。愛をこめて」
★ホンダ ニッキー・ヘイデン選手の逝去について
★ヤマハ発動機 “鋳造のエキスパート”として独自技術を紹介 『人とくるまのテクノロジー展』 ヤマハブースについて
★ホンダ 世界中でスーパーカブを楽しむ人たちを写真でつなぐフォトプロジェクト「Love Cub Snap」をスタート
★ヤマハ発動機の大ファン日本画家が描いた「MT-07」「MT-09」を企業ミュージアム「コミュニケーションプラザ」にて展示開始
★DHL MotoGP™とコラボし「World's Best Roadキャンペーン」を開始
★バイク王 バイクライフ研究所『リセール・プライス』ランキングを発表『カワサキ・ZRX1200 DAEG』が3連覇!
★さいたま市・本田技研工業・ヤマハ発動機による原付一種クラス電動二輪車(EVバイク)の実証実験開始について
★インドBajaj Auto(バジャージオート) Ducati買収に自信あり
★ホンダ ウエルカムプラザ青山 モンキー発売50周年記念 スペシャル・トークショー
★ホンダ ウエルカムプラザ青山 『第21回 カフェカブミーティング in 青山』
★ホンダ 「スーパーカブ」シリーズ、世界生産累計1億台を達成
★バイク好き若手クリエイターによる自主制作ムービーを配信!~10月31日、コンテンツサイト「Bike Life Lab」にて配信開始!~
★株式会社バイク王&カンパニー 「バイク王新潟店」が1月20日(土)に移転オープン ~新装オープンの「新潟中央部品 パーツ/整備館」内で、在庫約20台の小売販売開始!~