★MotoGP2017 リヴィオ・スッポ「必要なのは正しいセットアップ」

レプソルホンダのリヴィオ・スッポは、ブルノで行ったテストの内容や技術詳細についてはいつものように詳細を語らず、シーズン前半を振り返っています。けして諦めずにポイントを重ねていくという考えは、マルケス選手にもしっかりと浸透していますね。

Sponsored Link

リヴィオ・スッポはトラックで何が起きたかについては多くを語らず、新しいフレームについても口を閉ざしたままだった。

 

Q

「ブルノでのマルケスとペドロサのテストはどうでしたか?」

リヴィオ・スッポ

「良かったですよ。良い天気でした。暑すぎもせずね。技術的なことに関してはわかりません。とくに変わったことは無かったと思います”」

 

Q

「チャンピオンシップについてはいかがでしょう。」

リヴィオ・スッポ

「妙なシーズンですね。どのチームもアップダウンを繰り返しています。ヤマハはいくつかのトラックで苦しみ、自分達はまた別のトラックで苦しんでいるといった具合です。ウインターテストの後には、ビニャーレスが皆をリードしているような感じでしたが、彼もまた苦戦している時がありました。バランスの取れたチャンピオンシップだと言えるでしょう。」

 

Q

「何がバランスをもたらしているのでしょう?」

リヴィオ・スッポ

「タイヤが大きな役割を果たしています。ただ、ファンにとってはよりエキサイティングなチャンピオンシップになっているということは間違いありません。数ヶ月前はマーベリックとマルクの戦いに思えましたが、ドヴィツィオーゾが2勝し、ザルコやフォルガーも強さを発揮しているのを見るのは良いものです。」

 

Q

「このチャンピオンシップの結果はミシュランによって決まると?」

リヴィオ・スッポ

「そうは思いません。現時点のタイヤは使えるレンジが非常に限られていて、その性能を完全に発揮出来ないことがあります。必要なのは正しいセットアップなんです。タイヤが悪いということではなく、より複雑なんです。」

 

Q

「こうした状況の中で、その時ごとにやっていかねばならないというリスクがあるのでしょうか?」

リヴィオ・スッポ

「それはありません。最終的にはトップに来るだろうと思われているライダーがトップに来るものですし。状況はそう悲惨ではありませんよ。」

 

Q

「しかしアップダウンは続いています。時にマルケスやペドロサもバイクを批判することもあります。」

リヴィオ・スッポ

「完璧なバイクというのは存在しません。継続的な進化があるだけです。全てのバイクが特定のサーキットに合う、他のサーキットにはそうではないというキャラクターを持っているんです。
ヘレスを例に出すと、予選から3台のホンダがリードしておりレースでも同様の展開となるポテンシャルがありました。全てのレースで表彰台を狙えるバイクだと思いますが、継続的な改善は必要です。」

 

Q

「今年前半において嬉しい驚きとしてはどんなことがありましたか?」

リヴィオ・スッポ

「間違いなくザルコでしょう。彼は私達全てが予想していた以上の走りをしています。彼がMoto2で2度チャンピオンシップ優勝したにも関わらず、なぜこれほど評価されていないのか理解が出来ませんね。」

 

Q

「ネガティブな点としては?」

リヴィオ・スッポ

「ドヴィツィオーゾがDucatiで成し遂げたことをペトルッチ、そして時にはバウティスタ、ロレンソもやっているということです。Ducatiのバイクは、今や競争力の高いバイクになりました。ただ、ホルヘは我々の予想よりも苦戦しています。バレンティーノがDucatiに乗っていた時はDucatiの全ライダーが苦戦していましたが、現時点では彼だけが苦戦しているようです。」

 

Q

「今マルケスと会うことがありますか?」

リヴィオ・スッポ

「マルクはマルクですね。彼は常にポジティブな面を見ていますし、これが彼の強みでしょう。」

 

Q

「ペドロサは対照的ですか?」

リヴィオ・スッポ

「彼もポジティブですよ。今までにないほどね。彼は変わりました。力強く、マルクから26ポイントビハインドですが、いくつかのレースがプラン通りに運んでいればもう少し接近出来ていたでしょう。前半に苦戦した昨年と比較して良い走りをしています。」

 

Q

「2週ほどで後半戦が始まります。何を期待しますか?」

リヴィオ・スッポ

「難しいですね。諦めずに少しでもポイントを獲得するために戦うことが重要です。現時点では前半の9戦のように驚きがあるかどうかはわかりません。天候もまた重要になるでしょう。現時点では非常にバランスの取れたチャンピオンシップになっていますから、誰かが違いを生み出すほどの何かを発揮するかどうかはわかりません。」

 

Q

「タイヤがやはり鍵になりますか?」

リヴィオ・スッポ

「お話したように、性能を発揮出来る場面が限られていますから、より複雑なんです。ただ、誰にとっても条件は同じです。」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト2日目 ビニャーレス「今年は最低5名のライダーが優勝出来る」
★MotoGP2017 KTM ヘレス戦で新型エンジンを投入
★MotoGP2017カタールGP ロッシ/ロレンソ「カタールGPの日中開催は難しい」
★MotoGP2017アルゼンチンGP アブラハム「明日のレースにおいて大きなアドバンテージ」
★MotoGP2017アメリカGP ロッシ「他の2つのレースと比べると良いスタート」
★MotoGP2017アメリカGP11位 フォルガー「ミスによってオーバーテイクされてしまった」
★MotoGP2017ヘレスGP ロッシ「今週も最大の力で良いレースをしたい」
★MotoGP2017ヘレスGP FP2結果
★MotoGP2017ヘレスGP 2位マルケス「フロントタイヤが柔らかすぎた」
★ニッキー・ヘイデン 事故から2日経過も容態は好転せず
★MotoGP2017フランスGP FP4結果
★MotoGP2017フランスGP ウォームアップ結果
★MotoGP2017カタルーニャGP ビニャーレス「現在は良い流れにあるし自信もある」
★MotoGP2017カタルーニャGP FP1結果
★MotoGP2017 ポル・エスパルガロ「シーズン後半はトップ10で完走出来る」
“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第40回記念大会「鈴鹿8耐 40周年」記念トークショー & 特別展示 LIVE in AOYAMA「鈴鹿8耐 決勝レース パブリックビューイング」開...
★MotoGP2017オーストリアGP ビニャーレス「これからのレースでは表彰台獲得が重要」
★スコット・レディング 2018年よりサム・ロウズの後任としてアプリリアから参戦
★MotoGP2017アラゴンGP ザルコ「トップ5、表彰台を獲得したい」
★MotoGP2017アラゴンGP6位 アレイシ・エスパルガロ「RS-GPのフレームは今まで乗った中で最高」