★ハーレーダビッドソン 2017年第2四半期US市場の販売台数は昨年比9.3%減少

ハーレーダビッドソンが発表した第2四半期の結果によると、アメリカ市場、世界市場ともに販売が落ち込んでいるとのこと。第1四半期の売上も振るわなかっただけに、2017年は販売台数、売り上げなども昨年割れとなることが予想されます。

Sponsored Link

2017年にアメリカのモーターサイクル市場が伸びるという望みはどうやら無くなったようだ。ハーレーダビッドソンが2017年の第2四半期の結果として発表した内容によると、ハーレーダビッドソンのアメリカ国内の販売台数は昨年同時期との比較で9.3%もの減少を見せた。これによってハーレーはUS内のディーラーに供給する台数の調整の必要に迫られている。

ハーレーの世界市場の販売台数も同時期に2.3%減少しており、ハーレーダビッドソン全体の世界市場での販売台数は、2017年第2四半期で6.7%の減少となった。CEOであるマシュー・レバィックはこの結果を受けて、詳細は明かさなかったものの労働人員の削減を検討しているという。この第2四半期の結果を受けて、ハーレーダビッドソンの株価は10%以上下落。執筆時点の開始価格はそれまでよりも8%ほど低い価格となっている。

Harley-Davidson Retail Motorcycle Sales
In units as reported by H-D dealers 2nd Quarter Six Months
2017 2016 Change 2017 2016 Change
U.S. 49,668 54,786 (9.3)% 82,984 90,112 (7.9)%
Canada 3,827 3,813 0.4% 6,188 6,283 (1.5)%
Latin America 2,355 2,573 (8.5)% 4,697 4,459 5.3%
EMEA 17,230 17,513 (1.6)% 27,397 27,723 (1.2)%
Asia Pacific 8,308 8,581 (3.2)% 15,171 16,147 (6.0)%
International Total 31,720 32,480 (2.3)% 53,453 54,612 (2.1)%
Worldwide Total 81,388 87,266 (6.7)% 136,437 144,724 (5.7)%

ハーレーの売上はほぼ全世界的に悪化しており、昨年の過去6ヶ月の結果で伸びがあったのは唯一ラテンアメリカだけだ。こうした世界市場の結果を受けて、ハーレーは241,000台から246,000台の車両を今年ディーラーに送り届けると予想されている。

財政的な話としては、ハーレーの2017年第2四半期の当期純利益は2億5890万ドルだったのに対して、2016年の第2四半期は2億8040万ドルであった。同様に収益も18億6000万ドルから5%減少となる17億7000万ドルとなった。

こうした収益の悪化を考えると、ハーレーがDucatiを買収するという噂について、どの程度信憑性があるのかと思う方も少なくあるまい。


この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link