★MotoGP2017 コラード・チェッキネッリ「メーカー独自IMUがチートに使われている可能性がある」

MotoGPの技術ディレクターであるコラード・チェッキネッリは、可能であれば将来的に統合IMUを導入したいと語ります。これはメーカー独自のIMUが、統合ECUをより理想的に機能させるためにECUへの出力をドーピングしている可能性があるためということです。

Sponsored Link

 

Q

「今年のMotoGPは再び激しい競争が展開されています。テクニカルルールに関しては満足ですか?」

MotoGP技術ディレクター コラード・チェッキネッリ

「ええ。個人的にはまた別のことをしたいと思っています。ただ非常に満足していますし、天候に恵まれなかったことが結果的に面白いショーを演出してくれたので、我々にとってラッキーでした。ですから昨年、今年はMotoGPはショーとして大きな進歩をしたと思います。ただ正直に言うと、ショーがこういう展開になったのは全て我々がやったことに基づいていてわけでもないんです。例えばタイヤだとかECUだとかは我々が関係する物事ですけど、天候であるとかライダーの数という素晴らしい要因は我々が関係していた物事ではありません。」

 

Q

「また別のことという話ですが、何か次のステップがあるのですか?」

コラード・チェッキネッリ

「これは次のステップとして考えているわけではありません。というのも、これは既に忘れさられていることだからです。ただ、私としては、RPMリミッター(最高回転数制限)と、小径ホイールによってコーナリングスピードを遅くするなどといったことに関して作業をしないとと思っているんです。これらは既に提案されていながら実現していないだけなんです。ですから、今の状態としては望んでいた状態というわけでもないんです。これらに関しては、我々が今懸念している物事ではないんです。」

 

Q

「MotoGPクラスのメーカー間で共通の最高回転数を設けるということに関しては、まだ時間が掛かりそうなんですか?」

コラード・チェッキネッリ

「まだ議論は始まっていません。ただ、現状のシナリオの1つである統合IMU(※慣性計測ユニット)を使用するというのは、そう馬鹿げた話ではないと思っています。慣性計測ユニットというのはジャイロスコープなどを搭載しているものです。これは現在のシチュエーションから考えて、より実践的で関連性があると思いますね。現時点で回転数制限を設けるのはまったく別の話です。しかしレギュレーションで統合IMUを使用するということは、今出来る現実的なステップと言えます。」

 

Q

「それが、このスポーツを盛り上げるうえでどのような意味合いがあるのでしょう?」

コラード・チェッキネッリ

「コスト面での違いは間違いなく大きいでしょう。これは生産数が増える事によるものです。これがメリットの1つ目です。しかし私にとってメインとなるメリットとしては技術格差が縮まるということです。いくつかのメーカーが統合IMUを使いたがらないのは、彼らの独自IMUのほうが性能が高いからでしょう。で、彼らがそう思っているのであれば、実際そうなんですよ。加えて、IMUはセンサーが詰まった箱で数学処理が出来るファームウェアが入っています。ですから演算処理が出来る可能性があり、それがチートに使われる可能性があります。」

 

Q

「それはどのように?」

コラード・チェッキネッリ

IMUは言ってみれば、ECUの一部なんですよ。(統合)ECUはIMUを備えているんですが、正確性が不十分なので使用されていないんです。これが外部IMUの使用を認めている唯一の理由です。概念上IMUは私にとってはECUの一部です。ですからECU同様に統合化されるべきなんです。というのも、IMUの中には”脳”があって、単純なセンサーではないんです。」

 

Q

「ということはチームはIMUをプログラムしている?」

コラード・チェッキネッリ

「そうです。IMUはリーンアングルを計測していると思っている人がいますが、それは正しくありません。IMUは傾き具合を計測し、それを元にリーンアングルを計算しているんです。リーンアングルを直接計測しているわけではないんですよ。」

「しかし、この計算の中で積分以上ことをしていたらどうでしょうか。例えば(※IMUが)傾き具合とタイヤ温度を計測していたとします。それを元にドーピングされたリーンアングルをECUに送ります。この時のリーンアングルは実際の数字ではなく、タイヤの温度によって変化するものとします。こうなってくると、これは状況に応じたトラクションコントロールになりますよね。

 

Q

「では、ECUに本来と異なるアウトプットを送るために、パフォーマンス上の理由でIMUを操作するという事が可能ということですね。」

コラード・チェッキネッリ

「ええ。IMUに本来の仕事をさせるためにプログラミングを行うことは避けられませんから。ですから、私もIMUとPCを繋いで何かをするなとは言えません。IMUを機能させるために必要な作業ですからね。そういうこともあって、私は何が行われているのか把握はしていません。そこにチートの可能性があります。」

「IMUは実際のところコンピューターでありCANラインに繋がっていますから、理論上はそうしたことが可能ですし、我々のコントロールの範疇を超えています。ECUが受け取るインプットが正しい数値ではなく、ドーピングされたアウトプットであったとしたら明らかにルール違反です。例えば、メーカー側が我々が統合ソフトウェアにおいてトラクションコントロールのかかり具合を決定するのに、どの程度リーンアングルを考慮するかという部分の計算を間違えていると思っているとします。」

「それで自分達でIMUをプログラミングして修正したリーンアングルを入力するわけです。これはセンサーではなくコンピューターですよ。IMUはECUの中の統合ソフトウェアよりも入力としては上流側にあります。IMUからの出力をドーピングしてやれば、統合ソフトウェアのロジックを変更するということになります。それがごく僅かだとしても、ロジックを変更していることには変わりません。」

 

Q

「統合IMUの導入への道のりはまだ長いのでしょうか?」

コラード・チェッキネッリ

「ええ。同意には至らないでしょう。理論上は今まで議論されてこなかった”オープン”なアイテムなんです。回転数制限について話し合った時には、IMUはこうした”オープン”なアイテムではありませんでした。統合IMUを使用するように我々が強制すればありがたいと思うメーカーもあるでしょうが、そういうことなら選手権を撤退すると脅してくるメーカーもあるでしょうね。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017フィリップアイランドテスト Ducatiファクトリー写真ギャラリー
★MotoGP2017カタールGP4位 マルケス「ミディアムタイヤに変更したのは失敗」
★MotoGP 2017アルゼンチンGPのブレーキングをブレンボが徹底解説
★MotoGP2017アルゼンチンGP ペドロサ「チャレンジングな1日だった」
★MotoGP2017アルゼンチンGP フォルガー「ザルコがターゲット」
★MotoGP2017ヘレスGP ロレンソ「ヤマハでの優勝よりも大きな結果」
★MotoGPヘレステスト 各チームのコメント Avintiaレーシング
★MotoGP2017イタリアGP アレイシ・エスパルガロ「良いポイントを獲得することが重要」
★MotoGP2017イタリアGP 予選2位ロッシ「明日はタフなレースになる」
★MotoGP2017カタルーニャGP 予選5位アレイシ・エスパルガロ「素晴らしい日曜になることを期待
★MotoGP2017ビニャーレス「電子制御のセットアップに関して混乱がある」
★Triumph(トライアンフ)のMoto2エンジン採用に向けて進む準備
★MotoGP2017 クラッチロー「イギリスGPを開催するならドニントン。シルバーストーンは退屈」
★MotoGP2017オーストリアGP FP2結果
★MotoGP2017 Ducati CEO クラウディオ・ドメニカーリ「ドヴィの事を讃えたい」
★MotoGP2017イギリスGP マルケス「現在非常に良いセットアップが見つかっている」
★Ducati 新型エンジン「デスモセディチSTRADALE」をサンマリノGPで発表
★ロッシ ファンクラブ副社長「他の選手に野次を飛ばす人間にはファンの資格はない」
★MotoGP2017アラゴンGP予選3位 ロッシ「1列目を獲得出来たのは驚き」
★MotoGP2017アラゴンGP ウォームアップ結果