★MotoGP2017 バレンティーノ・ロッシ「3台目の2017年型M1を走らせるメリットは大きい」

開発のスピードアップという意味では、最新型のファクトリーバイクをサテライトチームにも供給するほうがメリットがあるでしょう。ロッシ選手が引退後、VR46でヤマハのサテライトチームを走らせるなんて事になれば、サテライトチームにも最新型のファクトリーバイクが供給されるかもしれません。

Sponsored Link

バレンティーノ・ロッシは、ヤマハMotoGPチームは2017年型のバイクをホンダ、Ducati同様に走らせればそこから得られるメリットは大きいだろうとしている。ヤマハのライバル達は最新のマシンをサテライトチームにも供給しており、Pramacのダニロ・ペトルッチは今年GP17を、LCRホンダはカル・クラッチローはマルク・マルケスやダニ・ペドロサと似たスペックのマシンを走らせている。

バレンティーノ・ロッシ

「3人目を走らせれば間違いなくメリットはあるでしょう。ただ、そのライダーも非常に速い必要があります。こうしたレベルのラップタイムを記録出来るライダーというのは少ないんです。(テストライダーの)中須賀も速いですよね。彼は何度も全日本で優勝していますし、8耐にしてもそうです。ただ、自分達ほどの速さはありません。シーズン中はテック3のライダー達が2016年型のバイクで良い走行が出来ることを証明しました。これは彼らも同様に素晴らしいライダー達だからです。彼らは強いですし、ル・マンのザルコ、ザクセンのフォルガーのように素晴らしい走行が出来るわけです。ザルコは常にスピードがあり、リアタイヤをセーブして走ることが出来ます。こういう違いを生み出せるライダーというのは、賞賛せざるを得ないでしょう。」

今月のザクセンリンク戦ではフォルガーがマルケスに続いて2位で完走し、過去3戦の中で、テック3のライダー達がロッシとビニャーレスよりも上の順位で完走した2回目のレースとなった。バルセロナではロッシとビニャーレスはグリップの低い路面で苦戦していたが、アッセンで導入された新しいシャーシが幸運を呼び寄せる形となり、ロッシはオランダで今期初勝利を遂げた。サテライトライダー達に負けるということについて心配しているかという問にロッシはこう語る。

「いいえ。新しいシャーシがなければヘレスやバルセロナのような結果になっていたでしょうから嬉しいです。サテライトバイクの前にいるようにしなければいけませんが、チャンピオンシップで考えると自分達のほうが前にいますよね。ですから、9戦で考えれば自分達のほうがサテライトバイクよりも良いレースが出来ているってことです。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017フィリップアイランドテスト Pull&Bear Aspar Team写真ギャラリー
★MotoGP2017カタールGP カピロッシ 土曜のセッションキャンセルについて説明
★MotoGP2017アルゼンチンGP ドヴィツィオーゾ「レースが非常に楽しみ」
★MotoGP2017アルゼンチンGP クラッチロー「良い結果でチームに応えたい」
★MotoGP2017アルゼンチンGP 木曜プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017アメリカGP予選9位 クラッチロー「転倒がなければ3番手だった」
★MotoGP2017ヘレステスト初日 ビニャーレス「レースと全く違う結果だった」 
★MotoGPヘレステスト 各チームのコメント Ducati
★ニッキー・ヘイデン容態は変わらず 引き続き危険な状態
★ヤマハ 鈴鹿8耐3連覇を目指し、ファクトリー体制の2チームが参戦
★MotoGP2017イタリアGP 木曜プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017 ブラッドリー・スミス「カタルーニャには再舗装するよう最後通牒を送るべき」
★ヤマハ発動機コミュニケーションプラザ 夏休み特別イベント 「親子で楽しめる工場見学 & 体験教室」を開催
★MotoGP2017レプソルホンダの2人の特別レース
★MotoGP2017オーストリアGP ビニャーレス「これからのレースでは表彰台獲得が重要」
★MotoGP2017オーストリアGP5位 ザルコ「トップ5に戻ってこれたのが嬉しい」
★MotoGP2017 ジョナス・フォルガーが語るマルケスの強さの秘密
★MotoGP2017イギリスGP ロレンソ「シーズンで最高の状態で迎えるレースとなる」
★MotoGP2017日本GP ロッシ「氷の上を走っているような感じだった」
★MotoGP2017オーストラリアGP イアンノーネ「日本の結果は希望を与えてくれた」