★Triumph(トライアンフ)のMoto2エンジン採用に向けて進む準備

2019年からTriumph(トライアンフ)がMoto2のエンジンサプライヤーとなることが正式に決定しましたが、それを受けてMotoGP側も色々と準備を進めているようです。

Sponsored Link

Moto2世界選手権は、2019年からオフィシャルのエンジンサプライヤーがホンダからトライアンフに変わる際に大きな転換点を迎える。MotoGPのテクニカルディレクターであるダニー・アルドリッジは、今までのところの準備などについて教えてくれた。

ダニー・アルドリッジ

「この決定は前もって行われていました。夏休みの間にExternproと共にトライアンフを訪れ、シャーシメーカーからの要求に関する全ての内容などを伝えます。ここザクセンリンクで、木曜日にシャーシメーカー達と打ち合わせをしていました。」

 

Q

「現段階では、シャーシメーカーはどのような事を知りたがっているのでしょうか?」

ダニー・アルドリッジ

「最も重要なのはエンジンの3D図面です。どのセンサーが使用され、どの部品が必須で、どういった部品をシャーシメーカー自体が使用出来るのかといった内容です。ただ、現段階で最も重要なのはエンジン自体の寸法です。私達は2019年のMoto2テクニカルインフォメーションというのを作り始めたんです。長年ホンダエンジンでやってきて、新しくトライアンフのバージョンのものを作ろうとしているんです。これはマウンティングポイントに関する全ての情報、エンジンディメンションなどが載っています。シャーシメーカーにとっては情報を得るために非常に重要になるものです。」

「Suter、Kalex、KTM、Tech3、Speed Upはトライアンフとは直接的な連絡を取ることが出来ません。必ず自分達を通すことになっています。私達は全ての情報を一箇所にまとめています。そしてトライアンフとの連絡は、私かExternproのトレヴァー・モリスを通すことになります。我々はこの文章をまとめて、定期的に更新していきます。そうすれば皆が同じタイミングで同じ情報を得ることが出来ますからね。」

 

Q

「ということは、1つのシャーシメーカーがあなたに質問をすると、全てのメーカーが答えを得るということですか?」

ダニー・アルドリッジ

「その通りです。公平な競争の場ですからね。毎週トライアンフからはアップデートを受けています。非常にうまくいっています。」

 

Q

「Externproの実際の役割というのは何なのでしょう?」

ダニー・アルドリッジ

「トライアンフはスタンダードエンジンをExternproに送り、彼らがMoto2のスペックに沿う形でモディファイを加えます。スタンダードエンジンよりもパワフルになりますが、今使用しているエンジン同様に最も重要なのは、エンジンの性能にばらつきを無くすということなんです。30基全く同じ出力のエンジンを用意出来ないのであれば、150馬力のエンジンを使用する意味がそもそもありません。ですから、馬力自体よりも、同じ馬力のエンジンを用意するということのほうが重要なんです。」

 

Q

「可能な限り同じ性能のエンジンを、Externproはどのように供給するのでしょうか?」

ダニー・アルドリッジ

「Externproはコンスタントに120基のエンジンを抱えており、それはトラックかリビルドのために彼らの手元にあります。一度リビルドを行うと、エンジンはダイノ上でテストをされ、その結果を元にExternproは、使用限界を過ぎていない性能が限りなく近いエンジンを選ぶのです。これらのエンジンの性能の均質さ具合というのは信じられないほどです。」

 

Q

「トライアンフのエンジンを、チームがテスト出来るのがいつごろになるのかわかりますか?」

ダニー・アルドリッジ

「まずはシャーシメーカーにスタンダードエンジンを供給します。そして正式なトライアンフのMoto2エンジンが使用されるのはオフィシャルテストでとなります。これは我々の監修のもとで行われ、テスト終了後にエンジンはシャーシメーカーが触れぬように密閉されるか、Externproのもとに返却されることとなります。」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017 Marc VDS ミラーに新エンジン/ラバトはテストに復帰
★MotoGP2017カタールGP7位 レディング「こんな結果は予想していなかった」
★MotoGP2017アルゼンチンGP フォルガー「ザルコがターゲット」
★MotoGP2017アメリカGP ロッシ「他の2つのレースと比べると良いスタート」
★MotoGP2017アメリカGP予選4位 ペドロサ「フロントのチャタリングで改善出来なかった」
★MotoGP2017 カピロッシ「ロレンソにはデスモセディチが求めるワイルドさが足りない」
★MotoGP2017フランスGP ダニ・ペドロサ「一番重要なのはコンスタントさ」
★MotoGP2017 ロレンソ「カタルーニャの最終セクターはホンダ向き」
★MotoGP2017イタリアGP ロッシ「体調は日増しに回復している」
★MotoGP2017カタルーニャGP ペドロサ「ムジェロ以前のレベルを取り戻したい」
★MotoGP2017 KTM 今年もミカ・カリオがワイルドカード参戦
★MotoGP2017ドイツGP 2位フォルガー「今日のレースは今までの優勝よりも嬉しい」
★MotoGP2017チェコGP ドヴィツィオーゾ「今日は戦略面で学びがあった」
★MotoGP2017後半戦 チャンピオンシップ優勝予想アンケート結果発表
★MotoGP2017オーストリアGP 予選4位ビニャーレス「セクター1、2の加速性の向上が必要」
★MotoGP2017 ロッシ「7位でレースを終えてチャンピオンシップ争いは語れない。」
★MotoGP2017オーストリアGP 決勝プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2017 来季のMotoGPクラスのシートを狙うルティ、シモン
★ロッシ ファンクラブ副社長「他の選手に野次を飛ばす人間にはファンの資格はない」
★MotoGP2017アラゴンGP ロッシの驚異的な走りにライバルから賞賛の言葉が集まる