★MotoGP2017 マルク・マルケス「ホルヘは今期優勝出来る」

マルケス選手は未だにロレンソ選手が今期優勝が出来ると考えているようですが、その他のライバルに関しても楽観は出来ないといいます。今年は前半戦を折り返してもほぼポイント差のないチャンピオンシップになっていますので、後半戦も非常に楽しみですね。次回のMotoGP開催は8月6日ブルノGPです。

Sponsored Link

マルク・マルケスは、ホルへ・ロレンソが今シーズン始めにトラブルを抱えていたとは言え、優勝することが出来ると考えている。ロレンソは今年ヤマハからDucatiへと乗り換えてアップダウンのあるシーズンを過ごしてきた。ヘレスで表彰台を獲得したものの、アッセンでは15位も獲得している。

これによってロレンソはチャンピオンシップにおいて9位、チームメイトのアンドレア・ドヴィツィオーゾからは58ポイント差となっており、ドヴィツィオーゾは今期2勝、ポイントシップリーダーのマルケスからは僅か6ポイントしか離されていない状況だ。

マルク・マルケス

「シーズン開始の時点で話していますけど、ホルへは今年表彰台獲得、そして何勝か出来ると思っています。今でもその考えは変わりません。タイトル争いをするには、バイクのこと、装備のことを良く理解している必要があります。そして全てが100%である必要があるんです。コンスタントさという部分が彼には不足しているんです。ただ、彼も努力をしていますし、彼が優勝する日は来ると思います。」

マルケスは7月頭に今期2勝目となるザクセンリンクの勝利の後でチャンピオンシップトップとなっており、チャンピオンシップにおいては多くの選手がその後に付けている。ヤマハのマーべリック・ビニャーレスは5ポイント後ろ、ドヴィツィオーゾとバレンティーノ・ロッシは、それぞれ6ポイント、10ポイント差だ。スポンサーのイベントにおいて、マルケスは各ライバルについて次のように語っている。

「マーべリックはスピード、バレンティーノは経験、ドヴィツィオーゾはコンスタントさですね。ダニはその全てを持ち合わせています。それを言葉で言い表すとすると才能でしょうね。誰もダニのことは言及しませんが、粛々と彼はトップにいるんですよ。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017スズキ 河内健氏「早い段階でタイトル争いに参加したい」 
★MotoGP2017カタールGP ロッシ「ミシュランのフロントタイヤに苦戦」
★MotoGP2017カタールGP ビニャーレス「自分達のベストを尽くす」
★MotoGP2017アルゼンチンGP バウティスタ「天候次第では10位以上を狙える」
★MotoGP2017 アレイシ・エスパルガロ「目標はアプリリアでのMotoGP初優勝」
★MotoGP2017ヘレスGP ビニャーレス「今日は難しいコンディションだった」
★MotoGP2017ヘレスGP 津田「大きな問題なく初日を終えてほっとしている。」
★MotoGP2017ヘレスGP Q1結果
★MotoGP2017フランスGP ロッシ「今年はタイヤとM1、トラックの相性が良くない」
★MotoGP2017ミシュラン フランスGP決勝レースリリース
★MotoGP2017アプリリア カタールニャで新型シームレスギアボックスをテスト
★MotoGP2017カタルーニャGP FP2結果
★ホンダ 125ccスポーツモデル「グロム」のカラーリングを変更し発売
★中本修平氏 ドルナでタレントプロモーション部門のマネジメンを担当
★MotoGP2017チェコGP マルケス「こういう状況でも表彰台争いは出来る」
★MotoGP2017 ブルノテスト結果
★MotoGP2017サンマリノGP マルケス「今までと同じメンタリティーで挑む」
★MotoGP2017サンマリノGP ロッシ「既に理学療法をスタートしている」
★MotoGP2017 9/15時点でのポイントスタンディング
★MotoGP2017ミシュランタイヤ アラゴンGPプレビュー