★MotoGP2017 マルク・マルケス「ホルヘは今期優勝出来る」

マルケス選手は未だにロレンソ選手が今期優勝が出来ると考えているようですが、その他のライバルに関しても楽観は出来ないといいます。今年は前半戦を折り返してもほぼポイント差のないチャンピオンシップになっていますので、後半戦も非常に楽しみですね。次回のMotoGP開催は8月6日ブルノGPです。

Sponsored Link

マルク・マルケスは、ホルへ・ロレンソが今シーズン始めにトラブルを抱えていたとは言え、優勝することが出来ると考えている。ロレンソは今年ヤマハからDucatiへと乗り換えてアップダウンのあるシーズンを過ごしてきた。ヘレスで表彰台を獲得したものの、アッセンでは15位も獲得している。

これによってロレンソはチャンピオンシップにおいて9位、チームメイトのアンドレア・ドヴィツィオーゾからは58ポイント差となっており、ドヴィツィオーゾは今期2勝、ポイントシップリーダーのマルケスからは僅か6ポイントしか離されていない状況だ。

マルク・マルケス

「シーズン開始の時点で話していますけど、ホルへは今年表彰台獲得、そして何勝か出来ると思っています。今でもその考えは変わりません。タイトル争いをするには、バイクのこと、装備のことを良く理解している必要があります。そして全てが100%である必要があるんです。コンスタントさという部分が彼には不足しているんです。ただ、彼も努力をしていますし、彼が優勝する日は来ると思います。」

マルケスは7月頭に今期2勝目となるザクセンリンクの勝利の後でチャンピオンシップトップとなっており、チャンピオンシップにおいては多くの選手がその後に付けている。ヤマハのマーべリック・ビニャーレスは5ポイント後ろ、ドヴィツィオーゾとバレンティーノ・ロッシは、それぞれ6ポイント、10ポイント差だ。スポンサーのイベントにおいて、マルケスは各ライバルについて次のように語っている。

「マーべリックはスピード、バレンティーノは経験、ドヴィツィオーゾはコンスタントさですね。ダニはその全てを持ち合わせています。それを言葉で言い表すとすると才能でしょうね。誰もダニのことは言及しませんが、粛々と彼はトップにいるんですよ。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト3日目 ロッシ「昨日のような走りが出来なかった」
★MotoGP2017開幕前アンケート
★MotoGP2017カタールGP ロッシ「フロントのフィーリングを見つける必要がある。」
★MotoGP2017カタールGP イアンノーネ「リアグリップを改善出来れば可能性あり」
★MotoGP2017カタールGP7位 レディング「こんな結果は予想していなかった」
★コリン・ファーズ 世界最速100馬力のダージャム(バンパーカー)
★MotoGP2017 リン・ジャービス「チーム内の雰囲気は最高」
★ホンダ・レーシング マクギネスの怪我を受けて今年のノースウェスト200から辞退
★MotoGP2017イタリアGP アレイシ・エスパルガロ「良いポイントを獲得することが重要」
★HRC 2018年度 アジア・タレント・カップ参加ライダー選出について
★MotoGP2017アプリリア 2019年のサテライトチーム投入は可能
★ホンダ 2016-2017 FIM世界耐久選手権シリーズ 最終戦 “コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第40回記念大会 参戦体制について
★MotoGP2017 ケビン・シュワンツ「GSX-RRは20位で終わるようなバイクではない」
★MotoGP2017 ジャック・ミラーのホンダとの契約更新はなし
★MotoGP2017オーストリアGP6位 ビニャーレス「チャンピオンシップ争いをするにはリアのグリップ低下が課題」
★MotoGP2017オーストリアGP10位 カリオ「最高のMotoGPクラスでのレースだった」
★MotoGP2017サンマリノGP 決勝プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2017オーストラリアGP 13位ドヴィツィオーゾ「スピードが無かったという事が問題」
★ホンダ 全日本モトクロス選手権で「山本鯨」がチャンピオンを獲得
★MotoGP2017マレーシアGP FP2結果