★二輪最高峰レースMotoGPマシンのイメージを再現した原付一種スクーター「ジョグ CE50ZR」 Movistar Yamaha MotoGP Editionを数量限定発売 現行「ジョグ」シリーズも新排出ガス規制へ適合

ヤマハ発動機株式会社は、スポーティなスタイルで人気の原付一種スクーター「ジョグ CE50ZR」に、Movistar Yamaha MotoGP Editionを設定、数量限定1,500台で9月29日より発売します。現行のジョグシリーズ「ジョグ CE50」「ジョグ CE50D」「ジョグプチ CE50P」「ジョグ CE50ZR」についても平成28年度国内排出ガス規制へ適合し、8月21日より発売します。

Sponsored Link

“Movistar Yamaha MotoGP Edition”は、スタンダードモデルをベースに、二輪車最高峰のレースMotoGPで活躍するレーシングマシン「YZR-M1」のカラーリングイメージを再現しました。主な特徴は、1)レースを象徴するカラーであるヤマハレーシングブルーの外装色、2)MotoGPをイメージさせる車体グラフィックとゴールドカラーの音叉マーク、3)Movistarロゴマークをあしらったグラブバーなどです。
なお、本製品の製造はヤマハモーター台湾で行います。

名称 発売日 メーカー希望小売価格 販売計画
「JOG ZR」(「ジョグ CE50ZR」)
Movistar Yamaha MotoGP Edition
・デイープパープリッシュブルーメタリックC (ブルー)
2017年9月29日 210,600円
(本体価格 195,000円/消費税15,600円)
1,500台限定
(国内)
「JOG」(「ジョグ CE50」)
・マットダークグレーイッシュリーフグリーンメタリック2 (マットグリーン)
・ダークブルーイッシュグレーソリッドC (グレー)
・ライトグレーメタリックH (ライトグレー)
・ブラックメタリックX (ブラック)
・ダルレッドメタリックD (レッド)
2017年8月21日 171,720円
(本体価格 159,000円/消費税12,720円)
26,000台
(シリーズ合計/年間、国内)
「JOG DELUXE」(「ジョグ CE50D」)
・マットダルパープリッシュブルーメタリック2 (マットブルー)
・ブラックメタリックX (ブラック)
・ホワイトメタリック1 (ホワイト)
184,680円
(本体価格 171,000円/消費税13,680円)
「JOG petit」(「ジョグ CE50P」)
・ダークグレーイッシュマゼンタメタリック1 (パープル)
・ダークレディッシュグレーメタリック2 (ダークブラウン)
171,720円
(本体価格 159,000円/消費税12,720円)
「JOG ZR」(「ジョグ CE50ZR」)
・マットダークブルーイッシュグレーメタリック2 (マットダークブルー)
・ラジカルホワイト (ホワイト)
・マットブラック2 (マットブラック)
205,200円
(本体価格 190,000円/消費税15,200円)

※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれていません。

ジョグ CE50ZR」Movistar Yamaha MotoGP Editionフィーチャーマップ

<ヤマハ発動機 プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト1日目 フォルガー「スタンダードなM1の調子が良い」
★MotoGP2017カタールGP ビニャーレス「自信を感じている」
★ホンダ 150SS Racerをバンコクモーターショーで発表
★ホンダ 「Dio110」に新色を追加し発売
★ル・マン24時間耐久レース2位 YARTヤマハオフィシャルEWCチーム3選手のコメント
★MotoGP2017アメリカGP ロッシ「ビニャーレスが初めからここまで速いのには驚いた」
★MotoGP2017アメリカGP ザルコ「小排気量カテゴリーにも注目して欲しい」
★MotoGP2017アメリカGP予選5位 ザルコ「トップの選手についていって学びたい」
★MotoGP2017アメリカGP11位 フォルガー「ミスによってオーバーテイクされてしまった」
★ヴァレンティーノ・ロッシ「ニッキー、皆が君のそばにいるよ」
★MotoGP2017フランスGP ロッシ「今年はタイヤとM1、トラックの相性が良くない」
★MotoGP2017フランスGP ロッシ「バイクのフィーリングは向上している」
★ヤマハグランプリ通算500勝を達成
★ヤマハ発動機 “鋳造のエキスパート”として独自技術を紹介 『人とくるまのテクノロジー展』 ヤマハブースについて
★トライアンフ TIGER 800XRT / TIGER 800 XCA 限定導入のご案内
★ヤマハ 鈴鹿8耐3連覇を目指し、ファクトリー体制の2チームが参戦
★MotoGP2017カタルーニャGP ロッシ「今回は表彰台を獲得したい」
★MotoGP2017 ヨハン・ザルコ「良いテストが出来た」
★MotoGP2017 エルヴェ・ポンシャラル「カルこそ、全てのモーターサイクルレーサーがなるべき姿」
★MotoGP2017オーストリアGP ザルコ「MotoGPバイクに乗ってどんなレースになるか楽しみ」