★MotoGP2017 コラード・チェッキネッリ「ウイングレット内蔵カウルが市販車に採用されるかも」

MotoGPの技術ディレクターであるコラード・チェッキネッリは、現在のMotoGPのウイングレット内蔵型のカウルは市販車にも採用されるかもしれないと語ります。確かに将来的にはスーパーカーのリアスポイラー同様に、速度域や走行するシチュエーションによって形状が変化するウイングレット内蔵カウルというのが登場しても不思議ではありませんね。

Sponsored Link

MotoGPのルールで外部ウイングレットが禁じられたことの副産物であるが、エアロダイナミクスの開発は公道で使用することを前提にした方向に舵が切られた。とはいえ、以前のウイングレットはいくつか安全上の最低基準を満たすとは言え、市販車で使用するには危険な造形であった。

MotoGP技術ディレクター コラード・チェッキネッリ

「今彼らがやっていること、もしくは私が彼らがこれからすることに期待するのは、あの酷い形状のウイングよりも公道での使用に関連したものです。これは新しいレギュレーションの良き副産物と言えるでしょう。これらのフェアリングはハイエンドのロードマシンに使用されるかもしれません。しかしウイングレットではありません。とは言え、これがゴールではありませんが、良き副産物と言えるでしょう。」

外部ウイングレットの禁止はエアロダイナミクスの開発における新たな制限を設けた形となった。これによって新しいメーカーを除いてシーズン中に一回のアップデートのみが許可されることとなった。

「合理的な妥協点を見つけることが出来たと思います。というのも2つの主なことに関して制限を設けることが出来ましたから。1つ目はエアロダイナミクスの開発における狂ったコストと投資への制限、そして2つ目はセーフティーコミッションから提唱された安全に関する内容です。これはつまりライダー達によるもので、FIMを経由してきたものです。」

「両方に制限をかけようと動き、コスト削減に関してはシーズンに中に行うことが出来るエアロダイナミクスのアップデート回数に制限を設けました。これは基本的には新メーカーであるKTMを除いてどのチームもシーズン中に1回のみです。そしてテクニカル・ディレクターに、どのカウルが安全なのか、そうでないのかという判断に関して多くの最良を与えました。」

「良い形での妥協点だったと思いますよ。これはダウンフォースを得るためのファアリングをデザイン出来ないということではありません。というのも、それはプロトタイプレーシングの精神に反していますからね。ですからいかなることも可能なんですが、それは頻繁には出来ず、ボディワークも外側に突き出た形状ではなく、危険性のないものに限るということです。これが妥協ということです。」

「エアロダイナミクス効果のあるフェアリングをデザインするべきではないということではありません。これがファリングの仕事ですから。そういったことを私達も望んでいるわけではないんです。というのも時に我々は”ウイングレットを禁止したが、メーカー達は別の手法でダウンフォースを得ているじゃないか”という批判を受けることがあるんです。ただ、自分達はダウンフォースを得ることに関して制限を課したわけではないんです。エアロダイナミクスに関して何か反対ということは全くなくて、あまりにも膨大な開発資金が投入されること、そして危険なウイングレットに関して反対をしていたんです。」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017フィリップアイランドテスト Pramac Ducati写真ギャラリー
★MotoGP2017カタールGP3位 ロッシ「けして諦めなかった」
★チャーン・インターナショナル・サーキット 2018年からMotoGPを開催か?
★3回目の開催となる「ヤマハ・VR46・マスター・キャンプ」の選手たちがキャンプを卒業
★MotoGP2017イタリアGP ピッロ「良いベースセットアップはある」
★MotoGP2017イタリアGP FP3結果
★MotoGP2017イタリアGP 予選1位ビニャーレス「チームが最高のバイクを用意してくれた」
★MotoGP2017イタリアGP ドヴィツィオーゾ「チャンピオンシップ争いをするのは難しい」
★MotoGP2017カタルーニャGP ダニロ・ペトルッチ「レース後半はクレイジーな展開になる」
★MotoGP2017カタルーニャテスト ロッシ「新しいシャーシでライディングが楽しくなった。」
★MotoGP2017ミシュラン オランダGP決勝レースリリース
★MotoGP2017ドイツGP アレイシ・エスパルガロ「土曜に備えて色々と試している」
★MotoGP2017ドイツGP Q2結果
★MotoGP2017チェコGP イアンノーネ「後半戦は前半戦よりも良い結果を残す必要がある」
★MotoGP2017 チーム代表が語るウイングレット/エアロダイナミクスの開発
★MotoGP2017オーストリアGP ペドロサ「ブルノで作ったセットアップから始めることが出来る」
★MotoGP2017 スコット・レディング 現時点でのアプリリア移籍を否定
★MotoGP2017オーストリアGP6位 ビニャーレス「チャンピオンシップ争いをするにはリアのグリップ低下が課題」
★MotoGP2017サンマリノGP マルケス「転倒で歓声があがるのは理解できない」
★MotoGP2017アラゴンGP FP2結果