★米国運輸省道路交通安全局 BMW R1200GS/R1200GSアドヴェンチャーのリコールを正式に発表

アメリカ市場におけるBMW R1200GS、GSアドヴェンチャーのリコールが正式に発表されました。対象となるのはアメリカ市場だけで14,626台と膨大な数の車両が対象となります。

Sponsored Link

既にBMW R1200GSのフロントフォークチューブに関するリコールについてはお伝えしていたが、今日、米国運輸省道路交通安全局がこのリコールを正式に発表した。これによるとBMWモトラッドUSAはアメリカ市場だけで14,000台以上の車両をリコール対象とし、その数は世界市場で販売された台数の1/10に近い数字となる。このリコールの対象となるのは2014-2017年式の該当シリアルのBMW R1200GSとBMW R1200GSアドヴェンチャーだ。

先にお伝えしたように、リコールの内容はフィクスドフォークチューブをアッパートリプルクランプに固定しているシールプラグがチューブから分離するということに関するものだ。この問題が初めて確認されたのは2016年3月。BMWは影響のあるオーナー達に連絡を行ない、BMWディーラーはフィクスドフォークチューブブッシュを取り付けることとなる。フォークに既にかなりのダメージがある場合は、モディファイが加えられた新しいパーツへと交換が行われる。これらの交換作業等は無料となる。交換用の部品の数が限られていることから、このリコール作業が始まるのは2017年の9月1日となる予定だ。


この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★Moto2 将来的にはMagneti MarelliのECUを採用へ
★懐かしいあの名車の音が高音質のハイレゾで楽しめる!バイクの音を楽しむ「名車図鑑」を公開!
★CBR250R Frブレーキディスクボルト再使用禁止徹底のお願い
★BMW HP4 RACE写真ギャラリー
★オークネット 中古バイクオークション 3月成約排気量別ランキング
★ブレンボ ラジアルマスターシリンダーの歴史を解説
★プレストコーポレーション XT1200ZE フルパニアセット購入支援キャンペーン
★ジョン・マクギネス ノースウェスト200の予選で転倒。マン島TT欠場の恐れ
★元MotoGP王者ニッキー・ヘイデン 自転車で走行中に車と衝突し重体
★ロジャー・リー・ヘイデン「兄さん、また一緒に走る時まで。。愛をこめて」
★Red Bull ホンダ ワールドスーパーバイクチーム ヘイデン選手へのお別れの言葉
★マン島TT2017 霧の発生によりオープニングセッションがキャンセルに
★マン島TTオフィシャル ハッチンソン転倒時の映像を公開
★HRC CBR250RR Dream Cup レーススケジュール
★枻出版社 「Amazon Prime Day 2017」に900万円超の高級バイクを出品! バイク雑誌『RIDERS CLUB』×「モトコルセ」スペシャルエディション登場
★「プロト バイクユーザーレポート 2017」結果まとまる
★BMWモトラッド 2018年モデルの詳細を発表
★WSBK王者カール・フォガティ DirtQuakeで転倒し肋骨などを骨折
★ヤマハ バイク生産終了モデルのご案内
★HRC 2017年CBR250R Dream Cup グランドチャンピオン大会参加枠のご案内