★米国運輸省道路交通安全局 BMW R1200GS/R1200GSアドヴェンチャーのリコールを正式に発表

アメリカ市場におけるBMW R1200GS、GSアドヴェンチャーのリコールが正式に発表されました。対象となるのはアメリカ市場だけで14,626台と膨大な数の車両が対象となります。

Sponsored Link

既にBMW R1200GSのフロントフォークチューブに関するリコールについてはお伝えしていたが、今日、米国運輸省道路交通安全局がこのリコールを正式に発表した。これによるとBMWモトラッドUSAはアメリカ市場だけで14,000台以上の車両をリコール対象とし、その数は世界市場で販売された台数の1/10に近い数字となる。このリコールの対象となるのは2014-2017年式の該当シリアルのBMW R1200GSとBMW R1200GSアドヴェンチャーだ。

先にお伝えしたように、リコールの内容はフィクスドフォークチューブをアッパートリプルクランプに固定しているシールプラグがチューブから分離するということに関するものだ。この問題が初めて確認されたのは2016年3月。BMWは影響のあるオーナー達に連絡を行ない、BMWディーラーはフィクスドフォークチューブブッシュを取り付けることとなる。フォークに既にかなりのダメージがある場合は、モディファイが加えられた新しいパーツへと交換が行われる。これらの交換作業等は無料となる。交換用の部品の数が限られていることから、このリコール作業が始まるのは2017年の9月1日となる予定だ。


この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★KTM、Husqvarna(ハスクバーナ)のデザインを行うKISKAがインターン募集中!
★TOP GEARでマット・ルブランクが1299スーパーレッジェーラをライディング
★CBR250R Frブレーキディスクボルト再使用禁止徹底のお願い
★BMW HP4 RACE写真ギャラリー
★BMWモトラッド 新ウェブサイトを公開(まずはドイツと南アフリカから)
★ニッキー・ヘイデン 容態は未だ深刻、事故原因について調査が進む
★無限 マン島TTゼロチャレンジクラスでマクギネスの代役にブルース・アンスティを起用
★ヤマハ 2012年の創設から6年連続の受賞 インドのデザイン賞「インディアデザインマーク(I Mark)」を受賞
★HRC 2018年度 アジア・タレント・カップ参加ライダー選出について
★KTM 2017パイクスピークで KTMを駆るフィルモアが レコードタイムを記録し 最高峰クラスで勝利
★電動バイクの新ブランド「XEAM」を立ち上げ!第一弾製品となる電動スクーター「notte」も発表。
★BMW Motorrad 各モデルの希望小売価格を発表
★ホンダ ハンディータイプ蓄電機「LiB-AID E500」を発売
★「トニー・ボウ」トライアル世界選手権で11連覇を達成
★東京モーターショーに向けて高まるMOTOBOTへの期待
★ヤマハ <エンジニア、デザイナー、プランナーの方へ>バイクとの新しいライフスタイルを創造する『BIKE_A_THON(バイカソン)』10月13日から募集開始!
★プレスト試乗車キャラバン 開催日変更のお知らせ
★バイク好き若手クリエイターによる自主制作ムービーを配信!~10月31日、コンテンツサイト「Bike Life Lab」にて配信開始!~
★BMW EICMAでBMW C400Xを発表
★Hondaウエルカムプラザ青山では12月9日(土)と10日(日)に、クリスマスイベントを開催します。