★アンヘル・ニエト イビサ島で交通事故に遭い重傷

ロードレース世界選手権の軽量級クラスで活躍したスペインの元ライダーであるアンヘル・ニエトが、イビサ島で交通事故に遭い重傷を負ったとのこと。命に別状は無いようですが、御年70歳ですので回復が心配されます。

Sponsored Link

複数タイトル保持者のアンヘル・ニエトは水曜日にスペインのイビサ島で交通事故に遭い、一時昏睡状態に陥った。13のタイトルを保有する世界チャンピオンはクアッドを運転中に後ろの車に追突され、車から投げ出された。

ニエトは70歳で複数の頭部外傷により病院へと搬送された。地元メディアによると彼は手術を受け、重傷であるが致命的な外傷ではないとのこと。

ニエトは1964年から1986年にグランプリレースに参戦。キャリアを通じて90勝、13のタイトルを50cc、80cc、125ccクラスで獲得している。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link