★マン島TTのレジェンド ガイ・マーティン ロードレース休止を宣言

公道レース界で知らぬ人はいないとも言えるほど高い人気を持つガイ・マーティン選手が、ロードレースの休止を宣言しました。最新型のバイクが高い戦闘力を発揮するまで時間がかかることがありますが、待ち望まれていた新型CBRが熟成しきる前に色々な問題が出てしまったことも、今回の決定の要因の1つになったのかもしれません。

Sponsored Link

今年のアルスターGPへの不参加を発表した後、ガイ・マーティンは国際ロードレースのキャリアを一旦ストップすることを決めた。TTレーサーでありトラックのメカニックであった彼はTVスターへと転身。ホンダドリームチームと契約を結んだ後、23度のTT優勝経験を持つジョン・マクギネスと組んで、2017年に予期せぬ形でレースへの復帰を果たした。しかしこの夢はマーティンとラウスを本拠地とするチームにとって、すぐに悪夢へと変わった。

直前なって供給された完全新型のファイアーブレードによって、マーティンとマクギネスはテストの時間を制限され、そのせいで、彼らはテストをロードレースシーズンが始まっても行うこととなった。また、マクギネスはファイアーブレードのキットECUが予期せぬブリッピングをしたためにノースウェスト200で転倒。マーティンはTTに1人体制で参戦することとなったが、ここでも物事は計画通りに運ばなかった。

マーティンはスーパーバイクレースで転倒、シニアTTを棄権。Cadwell Parkでチームと最後のテストを行った後、マーティンはロードレース活動のキャリアを一旦終えることを決めた。マーティンはレース活動中止の理由をMCNのMatt Wildeeとのインタビューで語っている。

ガイ・マーティン

「レースはずっと自分にとって素晴らしいものでした。でも退屈に感じるようになってしまいました。1年の前半をシーズンに向けて準備をするために使って、テスト、レース、それについて振り返り、また同じことの繰り返し。※グラウンドホッグデーみたいなもんですよ。今がレース活動をストップすべき時ですね。」(※2月2日に催される、グラウンドホッグを使った春の訪れを予想する天気占いの行事。)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト3日目 ペドロサ「テストごとに自信が高まっている」
★MotoGP2017 クラッチロー「全てのサーキットで速く走る事が出来ると証明出来た。」
★TOP GEARでマット・ルブランクが1299スーパーレッジェーラをライディング
★MotoGP2017ホンダ リヴィオ・スッポ「現状は落ち着いてパニックにならないことが重要」
★CBR250R Frブレーキディスクボルト再使用禁止徹底のお願い
★ホンダ 新型の軽二輪スーパースポーツモデル「CBR250RR」を発売
★トライアンフ オールクラシックフェアのご案内
★MotoGP2017フランスGP 予選5位マルケス「セットアップにもう少し時間が必要」
★ヘイデン一家 正式にヘイデン選手の訃報を発表
『バイク王 バイクコンシェルジュ』開設 ~バイク王のサービスを、「バイクワールド」で受けられる!~
★マン島TT2017 霧の発生によりオープニングセッションがキャンセルに
★マン島TT2017 木曜日の予選セッションも悪天候によってキャンセル
★MotoGP2017カタルーニャGP 予選1位ペドロサ「今日の結果はチームに感謝」
★MotoGP2017カタルーニャGP ペドロサ「アグレッシブに、そしてスムーズに乗ることを学んだ」
★マン島TT2017 カワサキ/ジェームス・ヒリアー シニアTTでのスーパーセーブ
★MotoGP2017ドイツGP マルケス「落ち着いてレースに取り組む事が必要」
★鈴鹿8時間耐久ロードレース メーカー合同テストトップタイムはMuSASHi RT HARC-PROの高橋巧
★BMW Motorrad 各モデルの希望小売価格を発表
★MotoGP2017チェコGP クラッチロー「自分はレーサー。意思決定は自分でする」
★ツインリンクもてぎ 2023年までFIM MotoGP世界選手権 日本GPの開催地となることを発表