★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐 特別スポーツ走行2回目結果

昨日に鈴鹿で行われた特別スポーツ走行2回目の結果です。トップタイムはHARC-PROが獲得した2’07.756です。
なお、本日28日はフリー走行・公式予選・夜間走行が行われます。

Sponsored Link

特別スポーツ走行2回目結果

1 位 MuSASHi RT HARC-PRO. 2’07.756
2 位 YAMAHA FACTORY RACING TEAM 2’08.020
3 位 YOSHIMURA SUZUKI MOTUL RACING 2’08.321
4 位 F.C.C.TSR 2’08.342
5 位 Kawasaki Team GREEN 2’08.430
6 位 Honda Suzuka RacingTeam 2’08.617
7 位 BMW Motorrad39 2’08.926
8 位 MORIWAKI MOTUL RACING 2’08.938
9 位 S-PULSE DREAM RACING・IAI 2’09.312
10 位 YART-YAMAHA 2’09.383

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★ル・マン24時間耐久 チームSRCカワサキ 転倒により順位を落とす
★ル・マン24時間耐久 優勝はGMT94ヤマハチーム
★ル・マン24時間耐久レース優勝 GMT94ヤマハ3選手のコメント
★オッシャースレーベン8時間耐久 予選1日目各ライダーの結果
★オッシャースレーベン8時間耐久 予選1日目総合結果
★オッシャースレーベン8時間耐久 予選2日目総合結果
★オッシャースレーベン8時間耐久レース スタートから6時間後の順位
★オッシャースレーベン8時間耐久レース総合結果
★ヤマハ 鈴鹿8耐3連覇を目指し、ファクトリー体制の2チームが参戦
★スロバキアリング8時間耐久レース 開始から3時間での順位
★スロバキアリング8時間耐久レース 開始から6時間での順位
★スロバキアリング8時間耐久レース結果
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐 公開合同テスト トップタイムは9年ぶりに参戦のモリワキ
★スズキ・エンデュランス・チーム 濱原 颯道選手を3人目の選手として起用
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐 特別スポーツ走行1回目結果
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 ジャック・ミラー「鈴鹿は最高のイベント。週末が楽しみ」
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 トップ10トライアル結果
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 ヤマハ・ファクトリー・レーシング3年連続でポールポジションを獲得
★鈴鹿8耐2017 ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームが3連勝、GMT94ヤマハが世界耐久選手権においてチャンピオンシップ優勝
★2017-2018EWCボルドール24時間耐久 現チャンピオンGMT94ヤマハが完全優勝