★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 イエローライダー公式予選1

本日行われた鈴鹿8耐の公式予選走行1回目、イエローライダーの走行結果です。トップタイムはYAMAHA FACTORY RACING TEAMのアレックス・ロウズ選手が記録した2’06.405でした。ブルーライダーに引き続き、トップタイムを獲得したのはYAMAHA FACTORY RACING TEAMでした。

なお、第1ライダーはブルー、第2ライダーはイエロー、第3ライダーはレッドの腕章をしており、EWCのルールに基づき、スターティンググリッドは3名のライダーの平均タイムで決定されます。また、本日の詳細スケジュールは公式サイトでご確認ください。

Sponsored Link

イエローライダー公式予選1

1 位 EWC YAMAHA FACTORY RACING TEAM 2’06.405
2 位 EWC Kawasaki Team Green 2’07.398
3 位 EWC F.C.C.TSR HONDA 2’07.689
4 位 EWC S-PULSE DREAM RACING・IAI 2’08.035
5 位 EWC YART-YAMAHA 2’08.056
6 位 EWC YOSHIMURA SUZUKI MOTUL RACING 2’08.134
7 位 EWC MuSASHi RT HARC-PRO. Honda 2’08.595
8 位 EWC MORIWAKI MOTUL RACING 2’08.661
9 位 EWC GMT94 YAMAHA 2’09.454
10 位 EWC Honda Suzuka RacingTeam 2’09.482
11 位 EWC Honda Dream RT SAKURAI HONDA 2’09.599
12 位 EWC Team KAGAYAMA 2’09.605
13 位 EWC BMW Motorrad39 2’09.941
14 位 EWC Satu HATI. Honda Team Asia 2’10.074
15 位 EWC Team SuP Dream Honda 2’10.222
16 位 EWC Honda Dream Racing 2’10.286
17 位 EWC Mistresa with ATJ Racing 2’10.407
18 位 EWC MotoMapSUPPLY FutureAccess 2’10.46
19 位 SST ITO・RACING・GMD&REDGRIFFIN 2’10.708
20 位 EWC BOLLIGER TEAM SWITZERLAND 2’10.743

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★ル・マン24時間耐久 ウォームアップ走行トップはチームSRCカワサキ
★ル・マン24時間耐久 8時間の時点でヤマハ2チームがレースをリード
★オッシャースレーベン8時間耐久 予選1日目各ライダーの結果
★オッシャースレーベン8時間耐久レースがスタート
★オッシャースレーベン8時間耐久レース スタートから5時間後の順位
★オッシャースレーベン8時間耐久レース スタートから6時間後の順位
★オッシャースレーベン8時間耐久レース総合結果
★スロバキアリング8時間耐久レース 開始から1時間での順位
★スロバキアリング8時間耐久レース結果
★ホンダ 2016-2017 FIM世界耐久選手権シリーズ 最終戦 “コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第40回記念大会 参戦体制について
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐 公開合同テスト トップタイムは9年ぶりに参戦のモリワキ
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐 特別スポーツ走行1回目結果
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐 特別スポーツ走行2回目結果
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐 27日の特別スポーツ走行総合結果
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームが3連覇を達成
★鈴鹿8耐2017 ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームが3連勝、GMT94ヤマハが世界耐久選手権においてチャンピオンシップ優勝
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 ランディ・ド・プニエ「8耐でホンダに乗ることが出来たのは本当に誇らしい」
★スズキ 世界耐久選手権2017-2018年シーズンの参戦体制を発表
★2017-2018EWCボルドール24時間耐久予選 チームSRCカワサキがポールポジションを獲得 
★2017-2018EWCボルドール24時間耐久 波乱の幕開け