★MotoGP2017チェコGP ミケーレ・ピッロ「新型フェアリングがロレンソの助けとなる」

なんとなく質問をはぐらかしながらではありますが、ピッロ選手の言葉によると、チェコGPでDucatiの新型フェアリングの登場はありえるかもしれません。この新型フェアリングはロレンソ選手のコーナーエントリーの助けになるとのことですが、その効果もさることながら、見た目めがどうなるかも気になるポイントです。

Sponsored Link

夏休みのことなど知りたくないというライダーがいるとしたら、それはミケーレ・ピッロだろう。先週ピッロレンソはイタリア選手権(CIV)において7勝目、8勝目をミサノの太陽の下で獲得。すでにスーパーバイククラスのタイトルに手をかけていると言える。祝賀の後で、もう1つの彼の仕事をする時がきた。そうホルへ・ロレンソのトラックコーチという仕事だ。

ミケーレ・ピッロ

「ホルヘはこの休みが必要だったでしょう。しっかりとエネルギーをチャージした彼を見ることが出来るでしょう。彼が苦戦しているのを見るのはいい気分ではありません。彼の努力が我々の努力と合わさって実を結ぶことを願っています。」

 

Q

「ヘレスの表彰台の後にここまで苦戦を予想していましたか?」

ミケーレ・ピッロ

「いいえ。あの表彰台の後にコンスタントにあのレベルの走りを見ることが出来ると思っていました。レースの中では学習が止まることはありません。これは今日のMotoGPのレベルがいかに高いのかを表しているのだと思います。1つのレースで表彰台を獲得したライダーであっても、次のトラックではここまで苦戦するのだということなんです。」

 

Q

「どの部分で作業が必要なのでしょうか?」

ミケーレ・ピッロ

「ホルヘには自信が足りません。Ducatiのような新しくユニークなバイクを乗りこなそうとする時は必ずそういうことが起きるんです。彼はフロントタイヤを使い、非常にスムーズにクリーンにライディングするライダーです。そうした部分で強みが使えないということは、他のライダー達よりも苦戦をするということです。」

 

Q

「あなたがテストした新しいフェアリングが、ある程度助けになるのでしょうか?この新しいフェアリングの狙いというのは?」

ミケーレ・ピッロ

「失った部分を再び得ようとしているんです。エアロダイナミクスの観点でウイングレットのメリットをということです。この新しいフェアリングがコーナーエントリーの部分でホルヘを助けてくれることを願っています。彼は11月にウイング有りのバイクを試した時は、その感触に満足していましたからね。最大のゴールは、彼にフロント周りの自信を与えるということです。」

 

Q

「ブルノでは新しいフェアリングを見ることが出来るのでしょうか?」

ミケーレ・ピッロ

「使用するには、これが機能するのだという確信が必要です。そしてブルノのようなトラックで有効なのかということを検証する必要があります。」

 

Q

「ブルノの後はオーストリアです。オーストリアでは1、2フィニッシュを再び狙っているのでしょうか?」

ミケーレ・ピッロ

「何とも言えません。今年は何もかもがどうなるかわかりませんから。昨年は我々に強みがありました。しかし、ロレンソは昨年Ducatiから数秒遅れという状態でしたので、我々の強みが大きかったというわけでもありません。今年も昨年苦戦していたトラックで優勝したり表彰台を獲得したりということが多い年です。そしてそれ以外のトラックでは、良い結果を期待していたのに結果が付いてこないこともありました。それにタイヤに関してもわからないことが多いですし、どうなるか見てみないとわかりません。」

 

Q

「ロレンソは苦戦していますがドヴィツィオーゾは良い感じですね。」

ミケーレ・ピッロ

「ドビは確信を持って走っています。彼の意志の強さと長年の努力が実ったと言えるでしょう。彼は今年の終わりまでタイトル争いに加わると断言出来ます。これは自分達にとっても誇らしいことです。自分は彼と共にDucatiに来て、同様の問題を抱えていました。ですから、彼のことが本当に嬉しいんです。」

 

Q

「少し話題を変えましょう。来年のイタリア選手権ではV4バイクを拝むことが出来るのでしょうか?」

ミケーレ・ピッロ

「現時点でそれは無理でしょう。それだけ新しいモデルではレースのための認証を得ることが出来ません。テストをするのは嬉しいですし、間違いなく楽しいでしょうけどね。」

 

Q

「最後の質問です。あなたほど速くて経験があるライダーに、Ducati以外のオファーは来ないものなのでしょうか?」

ミケーレ・ピッロ

「オファーはあったんですけど、Ducatiにぞっこんなんですよ。」
(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017アルゼンチンGP 2位ロッシ「チームにも自分にも良い結果になった」
★MotoGP2017ヘレスGP Q1結果
★MotoGP2017ヘレスGP 優勝ペドロサ「このトラックでの優勝は本当に最高」
★MotoGP2017フランスGP ドヴィツィオーゾ「明日はドライになることを希望」
★MotoGP2017イタリアGP フォルガー「ムジェロはヤマハに合っている」
★MotoGP2017イタリアGP ビニャーレス「ヤマハの高いグリップを最大に活かしたい」
★MotoGP2017イタリアGP ギュントーリ「ここで再びレースが出来る事が嬉しい」
★MotoGP2017イタリアGP 2位ビニャーレス「今日の結果には本当に満足」
★MotoGP2017カタルーニャGP 予選13位ロッシ「5周だけ速く走るか、ずっと遅いペースで走るか」
★MotoGP2017カタルーニャGP 4位ロレンソ「Ducatiは他のバイクより柔らかめのタイヤを使用出来る」
★MotoGP2017オランダGP ペトルッチ「最終的な差は本当に小さかった」
★中本修平氏 ドルナでタレントプロモーション部門のマネジメンを担当
★MotoGP2017オーストリアGP 予選6位ザルコ「1列目は獲得出来たはず」
★MotoGP2017 エクトル・バルベラ「2018年はMoto2への参戦を考えている」
★MotoGP2017 スズキ 雨で日本からの新パーツをテスト出来ず。次のチャンスはアラゴンGP後か
★MotoGP2017日本GP 予選2位ペトルッチ「1列目からスタート出来ることは重要」
★MotoGP2017日本GP 優勝ドヴィツィオーゾ「最後まで諦めなかったのが鍵」
★MotoGP2017日本GP 写真ギャラリー
★MotoGP2017バレンシアGP アプリリア今年もREDのスペシャルカラーリングで参戦
★トロイ・ベイリス 48歳にしてオーストラリアン・スーパーバイク選手権に参戦