★交通事故で入院していたアンヘル・ニエト 木曜日に息を引き取る

回復が見込まれていたアンヘル・ニエトですが、木曜日に脳浮腫によって急激に容態が悪化し、家族に見守られるなか息を引き取ったということです。偉大なライダーがまた一人交通事故で亡くなってしまいました。

Sponsored Link

グランプリレーシングの伝説であるアンヘル・ニエトが木曜日にイビサの病院で亡くなった。これは先週に負ったクアッドバイクでの事故によるもの。享年70歳だった。

ニエトは13回世界チャンピオンになっており、死因は7月26日に彼の運転していたクアッドバイクと車の接触事故で負った脳のダメージによるもの。70歳のニエトは交差点でクアッドバイクから投げ出された後に頭部を地面に強く打っていた。

ニエトは昏睡状態となっており、今週初めに医師たちは彼の意識を取り戻すための作業を始めるとアナウンスしていた。しかし木曜の朝に脳浮腫によって彼の容態が急激に悪化。ニエトは家族に見守られながら息を引き取った。

ニエトは軽量級クラスで活躍。彼の世界タイトルは50ccから125ccによるもの。しかし現在のMotoGPにおいても、彼は伝説のライダーの1人として尊敬されている。

彼はキャリアを通じて90戦グランプリレースで優勝。1969年から1985年にこれを成し遂げた。彼よりも勝利数が多いライダーは、バレンティーノ・ロッシ(115勝)、ジャコモ・アゴスティーニ(122勝)のみだ。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link