★交通事故で入院していたアンヘル・ニエト 木曜日に息を引き取る

回復が見込まれていたアンヘル・ニエトですが、木曜日に脳浮腫によって急激に容態が悪化し、家族に見守られるなか息を引き取ったということです。偉大なライダーがまた一人交通事故で亡くなってしまいました。

Sponsored Link

グランプリレーシングの伝説であるアンヘル・ニエトが木曜日にイビサの病院で亡くなった。これは先週に負ったクアッドバイクでの事故によるもの。享年70歳だった。

ニエトは13回世界チャンピオンになっており、死因は7月26日に彼の運転していたクアッドバイクと車の接触事故で負った脳のダメージによるもの。70歳のニエトは交差点でクアッドバイクから投げ出された後に頭部を地面に強く打っていた。

ニエトは昏睡状態となっており、今週初めに医師たちは彼の意識を取り戻すための作業を始めるとアナウンスしていた。しかし木曜の朝に脳浮腫によって彼の容態が急激に悪化。ニエトは家族に見守られながら息を引き取った。

ニエトは軽量級クラスで活躍。彼の世界タイトルは50ccから125ccによるもの。しかし現在のMotoGPにおいても、彼は伝説のライダーの1人として尊敬されている。

彼はキャリアを通じて90戦グランプリレースで優勝。1969年から1985年にこれを成し遂げた。彼よりも勝利数が多いライダーは、バレンティーノ・ロッシ(115勝)、ジャコモ・アゴスティーニ(122勝)のみだ。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017 ビニャーレス「戦闘力は高いと思っている」
★MotoGP2017カタールGP11位 ロレンソ「やるべき事は沢山ある」
★MotoGP2017アメリカGP Q2結果
★MotoGP2017アメリカGP マルケスのスペシャルヘルメット”GiveMe5”
★MotoGP2017アメリカGP リンス「転倒で支払った代償は大きい」
★MotoGP2017 5/10時点でのポイントスタンディング
★MotoGPヘレステスト 各チームのコメント チームスズキECSTAR
★ヘイデン一家 ヘイデン選手の意志に基づき、臓器提供に同意
★MotoGP2017イタリアGP ピッロ「良いベースセットアップはある」
★MotoGP2017カタルーニャGP Q1結果
★ヤマハ発動機の独自技術『LMWテクノロジー』の実証テスト動画2017年版を公開
★MotoGP2017チェコGP ミケーレ・ピッロ「新型フェアリングがロレンソの助けとなる」
★MotoGP2017チェコGP マルケス「こういう状況でも表彰台争いは出来る」
★MotoGP2017オーストリアGP ロレンソ「新型フェアリングを使用すると0.5秒は速く走れる」
★MotoGP2017 スコット・レディング 現時点でのアプリリア移籍を否定
★MotoGP2017イギリスGP 予選1位マルケス「3、4人での優勝争いとなるだろう」
★MotoGP2017ティト・ラバト 2018年はReale Avintia Ducatiから参戦
★MotoGP2017アラゴンGP フォルガー「これからしっかりポイントを獲得していきたい」
★MotoGP2017アラゴンGP5位 ロッシ「もてぎはさらに良い状態で挑めるはず」
★MotoGP2017日本GP 予選3位マルケス「時には予選でも新しい情報を理解することが大切」