★中本修平氏 ドルナでタレントプロモーション部門のマネジメンを担当

HRCで副社長を務めた中本さんがドルナ入りすることになりました。タレントプロモーション部門において若き才能の発掘などに手腕を振るうことになります。これは日本人にとってもホンダファンにとっても嬉しいニュースですね。

Sponsored Link

ホンダのMotoGPの元ボスである中本修平氏は、チャンピオンのアドバイザーとしてドルナに加わることとなった。中本氏はドルナのタレントプロモーション部門のマネジメントをアルベルト・プーチと共に行なう。これにはアジアタレントカップ、ブリティッシュタレントカップ、ヨーロピアンタレントカップが含まれる。さらに中本氏はアジア人ライダーのサポート、明日の才能の発掘に彼の経験を活かしていくこととなる。

ドルナCEO カルメロエスペレーター

「中本サンをドルナに迎えることが出来たのは大変な栄誉です。彼の経験と成功は比較できるものがありません。彼はドルナにとって、そしてドルナのビジョンにとってかけがえのない資産となるでしょう。彼と共に仕事が出来ることは誇らしいことですし、彼の経験がドルナ、そしてドルナの未来に活かされることが楽しみです。」

中本氏のキャリアはHRCでシャーシデザイナーとして始まり、HRCが2009年にMotoGPに復帰する前に、2輪から4輪へと移動を経験。HRCでは副社長としてだけではなく、技術的な開発、開発の方向性に関しても大いに関わっていた。中本氏が2輪部門に復帰した後、ホンダは4度ライダーズタイトルを獲得、5度のマニュファクチャラーズタイトルを8年間で獲得している。

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★ホンダNM4 Vultus 映画「GHOST IN THE SHELL」に登場
★ホンダ 「CBR1000RR」「CBR1000RR SP」をフルモデルチェンジし発売
★MotoGP2017 アレイシ・エスパルガロ「予選順位を改善し良いセットアップを見つけたい」
★MotoGP2017アルゼンチンGP アブラハム「明日のレースにおいて大きなアドバンテージ」
★MotoGP2017アメリカGP マルケス「今週は表彰台を獲得したい」
★MotoGP2017アメリカGP ロレンソ「この困難な時期はすぐに終わる」
★MotoGP2017アプリリア カタールニャで新型シームレスギアボックスをテスト
★MotoGP2017ドイツGP ロッシ「ザクセンでもベストを尽くす」
★MotoGP2017ドイツGP 11位ロレンソ「後半にバイクを曲げるのが難しくなってしまった」
★MotoGP2017ドイツGP 10位クラッチロー「今シーズンで最もがっかりしたレース」
★MotoGP2017チェコGP マルケス「肘、膝、あらゆるものが転倒をセーブする助けとなる」
★MotoGP2017アラゴンGP ドヴィツィオーゾ「今週末も表彰台を狙っていく」
★MotoGP2017日本GP ロレンソ「あの接触は別として、良い走行が出来た1日だった。」
★MotoGP2017日本GP FP3結果
★MotoGP2017日本GP ウォームアップ結果
★MotoGP2017日本GP 優勝ドヴィツィオーゾ「素晴らしい仕事が出来た。チームに感謝したい」
★MotoGP2017オーストラリアGP ロッシ「自分達は難しい状況にある」
★MotoGP2017オーストラリアGP FP1結果
★MotoGP2017マレーシアGP FP3結果
★ホンダ EICMAでアフリカツインの派生モデルを発表か