★MotoGP2017チェコGP クラッチロー「自分はレーサー。意思決定は自分でする」

ドクターストップを無視して走行、結果として予選5位を獲得するところがクラッチロー選手らしいですが、当初は脊椎の損傷が疑われていましたが、検査の結果特に申告な怪我ではないとのこと。大事に至らなくて何よりでした。

Sponsored Link

LCRのカル・クラッチローはマルケスと共にアルバロ・バウティスタのDucatiが撒き散らしたオイルによってFP3のターン10で転倒した。クラッチローはサーキット併設の病院を訪れ、MotoGPメディカルディレクターのドクターAngel Charteはクラッチローが背中に怪我を負っている可能性があると告げた。土曜の走行は一旦やめたほうが良いというアドバイスにも関わらず、クラッチローはFP4と予選走行を行なった。

カル・クラッチロー

「Charte医師のことやクリニカのドクターのことは尊敬しています。ただ意思決定は自分のものです。ですから彼らは怒ったんです。自分はレーサーですしレースがしたいんです。ただ、この後は一度病院に戻る必要があります。脊椎に何か問題があるかもということなんですよ。」

クラッチローは予選の後に検査を行なった。LCRチームのスポークスマンによると、検査の結果、特に深刻な怪我は見つからなかったということで、クラッチローはレースへ出場出来ることとなる。

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017カタールGP カピロッシ 土曜のセッションキャンセルについて説明
★MotoGP2017カタールGP バウティスタ「日曜ではなく月曜開催のほうが良かった」
★MotoGP2017ヘレスGP マルケス「バイクの感触は良くないが、何故か速く走れる」
★MotoGP2017ヘレスGP FP3結果
★MotoGP2017イタリアGP フォルガー「初めてのムジェロで自信を持って走行出来ている」
★MotoGP2017イタリアGP Q1結果
★MotoGP2017カタルーニャGP ペドロサ「ムジェロ以前のレベルを取り戻したい」
★MotoGP2017オランダGP優勝 ロッシ「非常に重要な勝利だった」
★MotoGP2017ミシュラン オランダGP決勝レースリリース
★MotoGP2017オランダGP 決勝プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2017 シーズン前半戦をジジ・ダッリーニャが語る【Part2】
★MotoGP2017 ケビン・シュワンツ「イアンノーネが本気でやっているとは思えない」
★MotoGP2017チェコGP ウォームアップ結果
★MotoGP2017イギリスGP イアンノーネ「昨年のデータが役に立つ」
★MotoGP2017ミシュランタイヤ イギリスGPプレビュー
★MotoGP2017ロッシ 「現実的にはもてぎでレースに復帰する形だが、アラゴン出場を目指している」
★MotoGP2017アラゴンGP ペドロサ「アラゴンでは再び表彰台争いをしたい」
★MotoGP2017アラゴンGP ドヴィツィオーゾ「今週末も表彰台を狙っていく」
★ホンダ モトクロス競技専用車「CRF250R」をフルモデルチェンジし発売
★MotoGP2017日本GP クラッチロー「2人共無事だったことが重要」