★MotoGP2017チェコGP クラッチロー「自分はレーサー。意思決定は自分でする」

ドクターストップを無視して走行、結果として予選5位を獲得するところがクラッチロー選手らしいですが、当初は脊椎の損傷が疑われていましたが、検査の結果特に申告な怪我ではないとのこと。大事に至らなくて何よりでした。

Sponsored Link

LCRのカル・クラッチローはマルケスと共にアルバロ・バウティスタのDucatiが撒き散らしたオイルによってFP3のターン10で転倒した。クラッチローはサーキット併設の病院を訪れ、MotoGPメディカルディレクターのドクターAngel Charteはクラッチローが背中に怪我を負っている可能性があると告げた。土曜の走行は一旦やめたほうが良いというアドバイスにも関わらず、クラッチローはFP4と予選走行を行なった。

カル・クラッチロー

「Charte医師のことやクリニカのドクターのことは尊敬しています。ただ意思決定は自分のものです。ですから彼らは怒ったんです。自分はレーサーですしレースがしたいんです。ただ、この後は一度病院に戻る必要があります。脊椎に何か問題があるかもということなんですよ。」

クラッチローは予選の後に検査を行なった。LCRチームのスポークスマンによると、検査の結果、特に深刻な怪我は見つからなかったということで、クラッチローはレースへ出場出来ることとなる。

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017ロリス・バズ「マルケスに勝てるのはビニャーレスだけ」
★MotoGP2017カタールGP FP3結果
★MotoGP2017カタールGP ロッシ「決勝では路面はかなり綺麗になるはず」
★MotoGP2017グランプリコミッション 新たなレギュレーションについて
★MotoGP2017ミシュラン アルゼンチンGP決勝レースリリース
★MotoGP2017アメリカGP予選2位 ビニャーレス「さらにプッシュしていく」
★MotoGP2017アメリカGP ウォームアップ結果
★MotoGP2017ヘレスGP 写真ギャラリー
★MotoGP2017フランスGP 写真ギャラリー
★MotoGP2017カタルーニャGP 3位ペドロサ「最後は良い形でタイヤをセーブ出来なかった」
★MotoGP2017オランダGP フォルガー「アッセンはヤマハに合っているはず」
★MotoGP 2019年から電動バイクシリーズを本格的に検討
★MotoGP2017 ブラッドリー・スミス「オーストリアには出来る限り良いパッケージで挑みたい」
★MotoGP2017チェコGP Q1結果
★MotoGP2017 フォルガー「ロッシの後を継ぐのは自分かザルコ」
★MotoGP2017マレーシアGP 決勝3位ザルコ「ソフトタイヤを選んだのが表彰台獲得の鍵だった」
★MotoGP2018ヘレステスト2日目 中上「今からマレーシアのテストが楽しみ」
★ホンダ 「Gold Wing(ゴールドウイング)」シリーズの受注状況について
★MotoGP2018 セパンテスト1日目 中上「バイクに良いフィーリングがあった」
★MotoGP2018カタールGP 4位クラッチロー「チームは冬の間に素晴らしい仕事をしてくれた」