★MotoGP2017チェコGP ロッシ「レースでは1列目が非常に重要になる」

どんどんと調子を上げて、予選では2番手グリッドを獲得したロッシ選手。バイクの感触も良く、レースではハードタイヤ、ミディアムタイヤのどちらでもいけると語ります。天候に関しては雨が降っても良い走行が出来るのではとのこと。

Sponsored Link

Q2/2位 バレンティーノ・ロッシ

「今週末はそこまで悪い状態ではなくて、昨日の段階でバイクに関しては非常に良い感触でした。今日はさらに改善することが出来て、FP3の終わりにはソフトタイヤで良いタイムを刻むことが出来ました。ですから予選では1列目を狙ったんです。レースでは非常に重要になりますから。」

「予選は良い形で楽しむことが出来ました。バイクも悪くなかったですし、特に最終ラップは良いラップタイムでしたね。明日はトップ7人が表彰台争いに参加出来ると思うので、1列目でのスタートは非常に重要です。優勝できるかどうかはわかりませんが表彰台は可能だと思います。ですから、こうして1列目からスタート出来るというのは非常に重要なんです。」

「タイヤに関してはミディアムではレースが出来ますし、ハードでもいけます。またその組み合わせでもレースが出来るでしょう。気温次第ですね。重要なのはコンディション、気温などを理解しようとすることです。明日の天候は下り坂ですのでね。ドライのレースを望んでいますが、FP1ではウェットコンディションで力強い走行が出来ました。ですからコンディションがどうなるかによってくるでしょう。」

「シーズン中にフォルガーとザルコが常に旧型のバイクでいかなるコンディションでもスピードを発揮していたのは悪夢ですね。今回は自分達がフロントにいてアドバンテージもあります。ですから嬉しいです。確かに旧型のバイクが良いバイクであるというのもありますが、Moto2からやってきたザルコとフォルガーが非常に強いライダーであり、負かすのが難しいライダーであるというのも事実です。重要なのは明日彼らよりも前でフィニッシュしようとすることです。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link