★MotoGP2017チェコGP 予選プレスカンファレンス翻訳

チェコGPの予選プレスカンファレンスをお届けします。日曜の天候が不安定ということでタイヤの選択肢などに関しての質問のほか、Ducatiが披露した新型フェアリングに関する質問などもありました。今回はアンヘル・ニエトのこともあり、質問はかなり短めに終わったという印象です。

Sponsored Link

 

ニック・ハリス

「それではプレスカンファレンスをマルク・マルケスから始めましょう。あなたにとっては典型的な予選でしたね。転倒しそうな瞬間があって、その中でポールポジションを獲得しました。2回危うい瞬間がありましたが、最初は予選中盤でしたね。」

マルク・マルケス

「夏休みの後に後半戦を最高の形で迎えることが出来ました。昨日はウェットで今日はドライでしたから、バイクのフィーリングをしっかりと感じることは難しい状況でした。ポールポジションとうのは重要ですが、ペースもまた非常に良かったですね。バイクに関していくつかの内容を試したんですが、FP4のセカンドランではあまり良いフィーリングがありませんでした。ただ、ステップ・バイ・ステップで改善することが出来、これが最も重要なことです。明日はどうなるかわかりませんが、もちろん目標としているのは表彰台を獲得することです。今日のリズムなどを確認してということですが、優勝は当然狙っていきます。」

 

ニック・ハリス

「コンスタントさもありますね。タイヤの選択も既にしているのでしょうか?もちろん天候が同じであればということですが。」

マルク・マルケス

「確かに天候は重要ですね。明日は不安定な天候になりそうですから。重要なことはウェットでもドライでもフィーリングは良いということで、いずれにしても良い順位で争うことが出来るでしょう。明日の天候がどうなるかですが、出来ればドライのレースを希望しています。フィーリングは良いですから。ただチームメイトのリズムも良いですし、ヤマハライダー達も速いでしょう。今日バレンティーノの後ろで少し走ってみましたけど、彼らのポテンシャルも例年同様に高いようです。ただ、そうは言っても自分達も準備が出来ています。そしてこれが最も重要なことです。」

 

ニック・ハリス

「マルク、今期4度目のポールポジションおめでとう。それではバレンティーノ・ロッシ。今週はしっかりと良い走行が出来ています。タイヤの状態もありますがFP4で良い走行でした。グリッド位置も1列目ですね。」

バレンティーノ・ロッシ

「昨日の段階でバイクに関しては非常に良い感触でした。今日はさらに改善することが出来て、FP3の終わりにはソフトタイヤで良いタイムを刻むことが出来ました。ですから予選では1列目を狙ったんです。レースでは非常に重要になりますから。予選は良い形で楽しむことが出来ました。バイクも悪くなかったですし、特に最終ラップは良いラップタイムでしたね。明日はトップ7人が表彰台争いに参加出来ると思うので、1列目でのスタートは非常に重要です。優勝できるかどうかはわかりませんが表彰台は可能だと思います。ですから、こうして1列目からスタート出来るというのは非常に重要なんです。」

 

ニック・ハリス

「タイヤチョイスは天候が保ったとして重要になってきますね。最初はハードを使用いていてミディアムにスイッチしたようですが。」

バレンティーノ・ロッシ

「タイヤに関してはミディアムではレースが出来ますし、ハードでもいけます。またその組み合わせでもレースが出来るでしょう。気温次第ですね。重要なのは明日の朝起きた時にコンディション、気温などを理解しようとすることです。明日の天候は下り坂ですのでね。ドライのレースを望んでいますが、FP1ではウェットコンディションで力強い走行が出来ました。ですからコンディションがどうなるかによってくるでしょう。」

 

ニック・ハリス

「バレンティーノありがとう。それではダニ・ペドロサ。フロントロースタートですが、転倒があったもののしっかりとした週末になっていますね。」

ダニ・ペドロサ

「ええ。全体的には満足です。予選はいつももう少しタイトなんですが、今日は良いラップタイムを記録することが出来ました。今日のトラックは恐らく暑すぎたせいもあったと思うのですが、多くの転倒がありました。ただ、それでもしっかりと自分達の仕事は出来て、タイヤのテスト、レースペースに関しての作業などが出来ました。最終的にはチームメイト、ヤマハも非常に良いペースを刻んでいました。特にヤマハに関しては今日1日でかなりの改善をしていました。明日に関しては天候がどうなるかについて見てみないといけません。非常に重要な要素となるでしょう。明日は気温が下がるでしょうから、タイヤの選択に関しては決定を待つ必要があります。いかなるコンディションであっても準備が出来ている状態である必要があります。」

 

ニック・ハリス

「シーズン前半戦の走りもあって、まだチャンピオンシップ争いに参加出来ていますね。今は5位で2戦連続した後にテストがあります。」

ダニ・ペドロサ

「これからのレースは全て非常に重要になってきます。夏休みはいいものでしたけど、今はこのレース、そして次のレースに集中しているわけです。特にFP1のラップタイムに関しては多くのライダーが非常に高い競争力を発揮していました。ですから自分達にチャンスが来た時のために集中している必要があります。」
 

ニック・ハリス

「ダニありがとう。それでは私からは以上です。フロアからの質問をどうぞ。」


 

Q

「明日の状況がどうなるにしても、メインライバルはダニですか?それともバレンティーノなのでしょうか?」

マルク・マルケス

「難しいですけど、今日の午後の走行を考えても夏休みのテストの結果を考えても、チームメイトだと言えるでしょう。自分のペースに非常に近いですから。ただ両ヤマハのライダー達も昨日からかなり改善を続けていますからどうなるかわかりません。明日もまたさらに改善してくるでしょうしね。それにバレンティーノはいつも日曜は非常に速いですから。ただ、さらに重要なのがタイヤライフです。自分達はタイヤライフに関しては夏休みの間にかなりの作業をしてきました。レースの残り10周に関しては非常に厳しいでしょう。」

 

Q

「初めてファクトリーヤマハの2台がサテライトバイクの2台よりも前にいます。どのような改善策を行ったのでしょう?」

バレンティーノ・ロッシ

「いやいや、今回が初めてではないですよ。(笑)シーズン中にフォルガーとザルコが常に旧型のバイクでいかなるコンディションでもスピードを発揮していたのは悪夢でしたね。今回は自分達がフロントにいてアドバンテージもあります。ですから嬉しいです。確かに旧型のバイクが良いバイクであるというのもありますが、Moto2からやってきたザルコとフォルガーが非常に強いライダーであり、負かすのが難しいライダーであるというのも事実です。重要なのは明日彼らよりも前でフィニッシュしようとすることです。」

 

Q

「バレンティーノの後ろを少し走ったということですが、他になにか気づいた内容はありましたか?」

マルク・マルケス

「ええ。FP3では彼の後ろを走ってその後前にいきました。その中でヤマハが強い部分、ホンダが強い部分をチェックすることが出来ました。いつものように強力な加速があるのは確認出来ました。ただ、自分達にも強力なポイントがあります。ですから、自分達もその強いポイントに関して集中していく必要があります。ただ、FP3から比べると、ヤマハはFP4と予選でバイクをさらに改善してきたと言えますね。」

 

Q

「昨日はダニが新しいDucatiのフェアリングは少し危険なのではないか?と話していました。ハンドルバーが当たるのでは?という話もありました。これについてどう思いますか?」

マルク・マルケス

「昨年の巨大なウイングのほうが危険だと思いました。確かに妙な形状ですし、転倒した時などを考えるとライダーの腕があの部分に当たるのでは?という感じもします。もちろんバイクといのは常に危険な乗り物ですけどね。ただ、あれがルールの範囲内であって認証されたものであるのなら良いんじゃないでしょうか。」

バレンティーノ・ロッシ

「昨年の時点でのウイングレット禁止に関する理解というのは、それが危険であるからということでした。そしてそういったカウルを避けるような形でルールを整備したわけです。それが正しいことなのか間違っているのかはわかりませんけどね。ただ、このDucatiの新しいカウルを見るとルールが機能していなかったということがわかりますよね。昨年とほとんど変わらない状況になっているわけですから。ただ、個人的にはそこまで危険性はないのではと思います。」

 

Q

「テストは今回のタイムにどの程度意味があったのでしょうか?」

マルク・マルケス

「もちろんテストは助けになりました。ここは過去に自分が苦戦していたトラックですからね。これは自分のライディングスタイルやバイクによるものなんですが、なぜか今週は非常に快適に感じているんです。テストでも特に2日目にかなり改善作業が進みました。今週はウェットでもドライでも力強さを感じています。通常は苦戦しているトラックですので、こうして良いフィーリングが得られていることが嬉しいです。明日は優勝争いが出来る準備が出来ています。」

 

Q

「予選でのスーパーセーブに関してはどう思っているのでしょうか?」

マルク・マルケス

「あれはそこまで凄いセーブではなかったと思っています。予選では常に100%で走っていますから。シーズン前半はフロントタイヤが異なっていたんですが、途中からミシュランが昨年型のタイヤを持ち込んでいます。それによってリミットを再び感じることが出来るようになり、またリスクを冒せるというフィーリングを感じることが出来るようになりました。これはあくまでコントロール下でという話です。もちろんこういったセーブをすることは出来るんですけど、明日はこういうアグレッシブさを少し抑えないといけないでしょう。もう少し安全運転をしないといけないと思います(笑)」

 

Q

「明日はアンヘル・ニエトの為に優勝しようという事がモチベーションになりますか?」

マルク・マルケス

「ええ。もちろんそれはあります。明日はニエトの為に特別なレースをしたいと思います。今日は69回目のポールポジションをニッキーに捧げましたし、当然明日のレースは表彰台に上がった選手が誰であれ、その想いはアンヘルに捧げるものとなるでしょう。」

バレンティーノ・ロッシ

「ええ。もちろん明日のレースはアンヘルに捧げるものとなるでしょう。これはもちろんMotoGPライダーだけでなく、小排気量カテゴリーのライダー達にしてもそうでしょう。彼は小排気量クラスのキングですから。皆がアンヘルのために5%限界に近い走りをすると思います。」

ダニ・ペドロサ

「もちろんです。こうした感情というのはパワーを与えてくれるものですから。あらゆるレース、トラック上の活動の中で、彼のこの世界への情熱を忘れないでしょう。」

 

ニック・ハリス

「以上ですか?それでは皆さんありがとうございました。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017フィリップアイランドテスト アプリリア(Aprilia)写真ギャラリー
★MotoGP2017カタールテスト3日目 ロレンソ「徐々にライディングが容易になってきている。」
★MotoGP2017カタールGP ヨハン・ザルコ「こうした転倒もレッスンの一部」
★MotoGP2017 サム・ローズ「12位争いが出来る可能性があった。」
★MotoGP2017ミシュラン アメリカGPプレビュー
★MotoGP2017アメリカGP予選5位 ザルコ「トップの選手についていって学びたい」
★MotoGP2017アメリカGP予選6位 ロレンソ「少しづつ良くなっている」
★MotoGP2017ホルへ・ロレンソ「Ducatiの乗り方を理解した後は、他の誰よりも前に行ける」
★MotoGP2017カタルーニャGP ウォームアップ結果
★MotoGP2017オランダGP ドヴィツィオーゾ「コンスタントに速く走ることを考えていた」
★MotoGP2017オランダGP リンス「ペトルッチには申し訳ない」
★MotoGP2017オランダGP ペトルッチ「最終的な差は本当に小さかった」
★MotoGP2017 エルヴェ・ポンシャラル「2019年にMoto2のタイムはさらにMotoGPクラスに接近する」
★MotoGP2017チェコGP ロレンソ「新しいフェアリングを使用しようと思っている」
★MotoGP2017オーストリアGP Q2結果
★MotoGP2017イギリスGP ビニャーレス「明日レースだとしても準備は出来ている」
★MotoGP2017サンマリノGP ドヴィツィオーゾ「レースではマルケスとペドロサに注意」
★MotoGP2017アラゴンGP 予選プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2017日本GP クラッチロー「2人共無事だったことが重要」
★MotoGP2017日本GP ロレンソ「あの接触は別として、良い走行が出来た1日だった。」