★新型スズキ隼は2018年には登場しない?

スズキから新型隼が登場するのかという噂は長いこと出ていますが、カリフォルニア州大気資源局(CARB)に提出されている2018年モデルの排ガスに関する内容からすると、2018年モデルも現行型と同じモデルとなるようです。(※画像は2017年モデル)

Sponsored Link

スズキが隼をリニューアルするものと期待していた。またスズキが隼のリニューアルをするという話も出ていた。しかし、どうやら2018年に新型隼の登場はないようだ。現時点でスズキから2018年型GSX1300Rとしてカリフォルニア州大気資源局(CARB)に提出されている内容から判断すると、この車両の排ガスに関連する書類は2017年モデルと同一のものとなっている。

つまり、2018年型の隼は11年間同じデザインのまま継続されるということになる。隼が近代スポーツバイクというポジションであることを考えると素直に受け止めにくい事実だ。カワサキがNinja H2とNinja H2Rをデビューさせた時、ハイパーバイクの熱が再び盛り上がり、過給器付きのモデルの登場もあるものと期待していた。こうした未来が到来することもあるかもしれないが、それは2018年ではなさそうだ。

(Photo courtesy of suzuki)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017フィリップアイランドテスト チームスズキECSTAR写真ギャラリー
★MotoGP2017スズキ 河内健氏「早い段階でタイトル争いに参加したい」 
★MotoGP2017 アレックス・リンスの自宅を訪問して42の質問をしてみた
★FCR Original カタナカスタム
★MotoGP2017 スズキMotoGPスペシャルサイトでGSX-RRの詳細を公開
★ハスクバーナ(Husqvarna) フューエルインジェクション2ストロークモデルをラインナップ
★クロスオーバーモデル「400X」の各部の熟成を図るとともにカラーリングを変更し発売
★ヤマハ 「BOLT ABS」「BOLT Rスペック ABS」2017年モデル発売
★ホンダ ロードスポーツモデル「CBR650F」「CB650F」のスタイリングを刷新し走りを熟成させ発売
★ホンダ 新型の軽二輪スーパースポーツモデル「CBR250RR」を発売
★MotoGP2017スズキ リンスのレース復帰は6〜8週間後の見込み
★MotoGP2017カタルーニャGP イアンノーネ「どこまで競争力を発揮出来るか」
★ヤマハ トップエンドモデル「YZ450F」は新スペックエンジン、新設計フレームで大幅に進化 モトクロス競技用YZシリーズ6機種の2018年モデルを発売
★MotoGP2017 スズキMotoGPトリビア
★MotoGP2017ドイツGP イアンノーネ「シュワンツの批評にはトラック上で応える」
★BMW 新型BMW HP4 RACEを発表
★MotoGP2017ブルノテスト イアンノーネ「バイクに対するフィーリングが大きく向上した」
★MotoGP2017オーストリアGP16位 リンス「思っていたようにタイヤをキープ出来なかった」
★ケーシー・ストーナー Ducati新型パニガーレV4 Sをバレンシアでテスト
★Triumph(トライアンフ)からボンネビル ボバーブラックが登場