★新型スズキ隼は2018年には登場しない?

スズキから新型隼が登場するのかという噂は長いこと出ていますが、カリフォルニア州大気資源局(CARB)に提出されている2018年モデルの排ガスに関する内容からすると、2018年モデルも現行型と同じモデルとなるようです。(※画像は2017年モデル)

Sponsored Link

スズキが隼をリニューアルするものと期待していた。またスズキが隼のリニューアルをするという話も出ていた。しかし、どうやら2018年に新型隼の登場はないようだ。現時点でスズキから2018年型GSX1300Rとしてカリフォルニア州大気資源局(CARB)に提出されている内容から判断すると、この車両の排ガスに関連する書類は2017年モデルと同一のものとなっている。

つまり、2018年型の隼は11年間同じデザインのまま継続されるということになる。隼が近代スポーツバイクというポジションであることを考えると素直に受け止めにくい事実だ。カワサキがNinja H2とNinja H2Rをデビューさせた時、ハイパーバイクの熱が再び盛り上がり、過給器付きのモデルの登場もあるものと期待していた。こうした未来が到来することもあるかもしれないが、それは2018年ではなさそうだ。

(Photo courtesy of suzuki)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017フィリップアイランドテスト チームスズキECSTAR写真ギャラリー
★MotoGP2017カタールテスト3日目 イアンノーネ「進むべき方向性がわかった」
★ホンダ モーターサイクルショーでCBR250RR レースベース車両を発表
★ハスクバーナ(Husqvarna) フューエルインジェクション2ストロークモデルをラインナップ
★ル・マン24時間耐久 チームSRCカワサキ 転倒により順位を落とす
★MotoGP2017アメリカGP7位 イアンノーネ「完走を優先してレースを終えた」
★スズキ 2018年モデル GSX-S1000 ABS 7月発売予定
★BMWモトラッド コンセプトモデル「Concept Link」を発表
★MotoGP2017カタルーニャテスト リンス「GSX-RRに再び乗れて嬉しい」
★スポーティな走りとスタイルで人気の原付二種スクーター 「シグナスX XC125SR」の新色を発売 新排出ガス規制にも適合
★MotoGP2017チェコGP イアンノーネ「ピットレーンでの転倒が無くても冴えないレースだっただろう」
★ホンダ 原付三輪スクーター「ジャイロX」「ジャイロキャノピー」の法規対応とメンテナンス性を向上し発売
★BMW S1000RRの2018年モデルは2017年モデルを継続
★Triumph(トライアンフ)からボンネビル スピードマスターが登場
★ホンダ 新型モデルと思われる「Neo Sports Café」のティザー映像を公開
★ホンダ 「CB400 SUPER FOUR」と「CB400 SUPER BOL D'OR」の商品魅力を向上し、法規対応を施して発売
★ホンダ 第45回東京モーターショーにおいてHonda Riding Assist-eを出展
★ヤマハ EICMAで2018年型MT-07を発表
★MotoGP2018バレンシアテスト イアンノーネ「コーナーエントリーの改善が必要」
★今度は SUZUKI のバイクが印鑑に!自動車に続き、バイク 10 車種の印鑑が、MONOIY に登場!!