★MotoGP2017ブルノテスト ペドロサ「セットアップに集中。ポジティブな1日だった」

タイムではなく、全体的なセットアップをブラッシュアップすることに時間を費やしたというペドロサ選手。スロットルを開けた際のフィーリング、フロントフォークのフィーリングなどが改善したとのこと。

Sponsored Link

ダニ・ペドロサ

「今日はバイクのセットアップに関して改善したいと思っていた細かい内容について作業を行ないました。これはレースウィークによる快適に走れることを目指したものです。スロットルコントロールに関していくつかのマップを試し、フロントフォークのセッティングもいくつかテストを行ないました。この部分に関して前回作業を行った時に比べて改善することが出来ました。まだこれからも作業は必要ではありますけどね。また、今後のレースに備えてミシュランの新しいタイヤもテストしました。トラックコンディションは良くグリップもさらに向上していました。ただタイムアタックをしていたわけではなく、バイクのセットアップ作業に集中していたんです。チームは素晴らしい仕事をしてくれましたし、全体的にポジティブな1日でした。」


<レプソルホンダ プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト3日目 ロッシ「昨日のような走りが出来なかった」
★MotoGP2017テック3エルヴェ・ポンシャラル 「ザルコには驚かされた」
★MotoGP2017アメリカGP ウォームアップ結果
★MotoGP2017 4/26時点でのポイントスタンディング
★MotoGP2017ヘレスGP 4位ザルコ「最後まで3位争い出来ると思っていた。」
★MotoGP2017Ducati パオロ・チャバッティ「新しいカウルの作業を進めている」
★MotoGP2017ヘレスGP マルケス「今シーズンの中でも最も重要な週末の1つだった」
★MotoGP2017イタリアGP イアンノーネ「”自分の”サーキットで良いレースをしたい」
★MotoGP2017オランダGP ポル・エスパルガロ「非常に重要でポジティブな結果」
★MotoGP2017 7/5時点でのポイントスタンディング
★MotoGP2017ブルノテスト ビニャーレス「バイクから再び良いフィーリングが得られた」
★MotoGP2017オーストリアGP ロウズ「アプリリアが間違っていると証明したい」
★MotoGP2017オーストリアGP3位 ペドロサ「タイヤのロック、スピンが発生し苦戦した」
★MotoGP2017 Ducati CEO クラウディオ・ドメニカーリ「ドヴィの事を讃えたい」
★MotoGP2017イギリスGP 予選5位ロレンソ「レースペースの改善が必要」
★MotoGP2017イギリスGP 7位ペドロサ「フロントグループについていけなかった」
★2018年のカタルーニャGPではオリジナルレイアウトのターン12が復活
★ホンダ 2017 FIM MotoGP™ 世界選手権シリーズ第15戦日本グランプリ パブリック・ビューイング
★MotoGP2017日本GP ビニャーレス「今週末は優勝しないといけない」
★MotoGP2017日本GP ロッシ「現状これ以上打つ手がない状態」