★MotoGP2017オーストリアGP ロレンソ「ブルノと同様の感覚を得ることが重要」

昨年はDucatiのワンツー体制となったオーストリアGPですが、もしロレンソ選手が新型フェアリングを引き続きオーストリアでも使用する場合、Ducatiの強みであるトップスピードは若干失われますが、ダウンフォース増加によりコーナー立ち上がり加速は良くなるはずです。こうした事を考えると、FP1は非常に面白くなりそうです。

Sponsored Link

ホルへ・ロレンソ

「数日前のブルノのレースで何が起きたかについて、ゆっくりと考える時間がありませんでした。前にもお話したとおり、最も重要なことはチームとしてまとまっていること。そして同じ情熱を持って仕事をすることです。月曜テストは速く走ることが出来る新しいセットアップの解決策を見つけることが出来たのでポジティブでした。データ上はDucatiのバイクはスピルバーグにぴったり合うはずなんです。このトラックをDucatiで走るのは初めてですし、ブルノと同様の感覚を得ることが重要になってくるでしょうし、最初の練習走行から自分の戦闘力が高いのだということを見せつけることが重要です。新しいフェアリングのフィーリングは非常に良いですし、こうして新しいトラックでテストを行う機会にも恵まれているわけです。」

(Photo courtesy of Ducati)

<Ducati プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト1日目 ドヴィツィオーゾ「スピードは十分。既にレースに向けた作業が出来る」
★MotoGP2017アルゼンチンGP 予選プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017ホンダ リヴィオ・スッポ「現状は落ち着いてパニックにならないことが重要」
★MotoGP2017アメリカGP10位 ミラー「ホルヘがミスをすることを願っていた」
★MotoGP2017ヘレスGP ビニャーレス「今日は難しいコンディションだった」
★MotoGP2017ヘレスGP イアンノーネ「リーダーとの差が大きすぎる」
★MotoGP2017ヘレステスト ギュントーリ「トップとの差は思ったほどではなかった」
★MotoGP2017フランスGP 予選2位ロッシ「新しいアスファルトが良い仕事をしている」
★ホンダ ニッキー・ヘイデン選手の逝去について
★MotoGP2017 ペドロサ「腕上がり手術のドクターを紹介してくれたのはニッキーだった」
★MotoGP2017イタリアGP ドヴィツィオーゾ「チャンピオンシップ争いをするのは難しい」
★MotoGP2017ドイツGP ウォームアップ結果
★MotoGP2017ドイツGP 3位ペドロサ「リアグリップに苦戦した」
★MotoGP2017 シーズン前半戦をジジ・ダッリーニャが語る【Part2】
★MotoGP2017チェコGP マルケス「事前テストでは良いベースセットアップが出来た」
★MotoGP2017 スコット・レディング 現時点でのアプリリア移籍を否定
★MotoGP2017イギリスGP FP2結果
★MotoGP2017 少しづつ、着実に前進を続けるKTM
★MotoGP2017ロッシ 「現実的にはもてぎでレースに復帰する形だが、アラゴン出場を目指している」
★MotoGP2017アラゴンGP ウォームアップ結果