★MotoGP2017オーストリアGP ロレンソ「新型フェアリングを使用すると0.5秒は速く走れる」

チェコGPの翌日に行われた公式テストでも引き続き新型フェアリングを使用したロレンソ選手は、新型フェアリングは0.5秒ほどタイムを向上させる効果があると語ります。チームメイトのドヴィツィオーゾ選手は今週はまずは使用してみるということのようですが、日本時間16:55からとなるMotoGPクラスのFP1でDucatiのスピードを見ることが出来るかもしれません。

Sponsored Link

ホルへ・ロレンソは先週チェコGPで使用した新型フェアリングは0.5秒ほどタイムを短縮する効果があると語っている。ロレンソはブルノの金曜の練習走行で新型フェアリングを使用して、その後もこのフェアリングを使用していた。彼はレースでもこれをしようし、フロントエンドの安心感が増すとしていた。

フラッグtoフラッグのレースでピットインした際に、彼のチームクルーがバイクを用意していなかったことが原因で15位となったロレンソだが、ロレンソは新型フェアリングを使用することで明確なパフォーマンスの向上が見られるという。

ホルへ・ロレンソ

「重要なことは、以前乗っていたバイクのフィーリングに近づいているってことです。まだ完全ではありませんが、いずれ同様のフィーリングになるでしょう。このフェアリングはフロントエンドに絶大な自信を与えてくれるんです。」

新型フェアリングはDucatiが夏休み明けのレースに認証を受けて持ち込んだもので、Pramacのダニロ・ペトルッチも土曜日の練習走行で使用していた。ロレンソは月曜日のテストで新型フェアリングのセット全体をテストするチャンスを得たが、レースウィークで使用していたものとは少し異なると話している。

「月曜に少し違うタイプを試してみました。これはレースウィークにはテストしなかったものです。そこまで大きな変化が無いことがわかっていましたからね。月曜に試したものは、より効果があるんですが(ダウンフォースの)トップスピードはさらに落ちてしまいました。レースで使用したフェアリングと旧型フェアリングの違いは80%か90%(良くなった)という状態でしたが、月曜に試したものは10%くらいの違いでしたね。」

「ペトルッチも新型フェアリングをテストしましたけど、彼にとってはライディングが悪化したようなのではあれは使わないでしょうね。ですから、これはライディングスタイルによると思うんです。彼も馬鹿じゃないですから、明らかに彼にとってメリットがあったならレースで使用したでしょう。」

ロレンソのファックトリーDucatiのチームメイトであるアンドレア・ドヴィツィオーゾはブルノのレースウィークエンドでは新しいカウルを使用しなかったが、月曜のテストではこれを使用している。ドヴィツィオーゾは少なくともレッドブル・リンクの週末を新しいカウルでスタートすることを考えているという。

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「新しいフェアリングでスタートすると思います。トラックで使用した時に初めて、ポジティブな点、ネガティブなを理解することが出来るんです。自分達は新しいフェアリングをブルノテストで使用し、正しいフィードバックを得ようとしました。どのような効果があるかは明確にわかったんですが、これを将来的に使用するかどうかは将来的に判断することになります。しかし、オーストリアでは使用するだろうと思います。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link