★MotoGP2017オーストリアGP 予選7位ロッシ「2番目に履いたタイヤが機能しなかった」

予選走行ではソフトタイヤを履いたものの、2番目のタイヤが機能しなかったということで3列目に終わったロッシ選手。今回はブルノテストで使用していたカウルを使用していましたが、使ってみたところ良い感触だったとのこと。

Sponsored Link

予選7位 バレンティーノ・ロッシ

「土曜は朝から良い可能性だったんです。最初の走行からバイクのバランスはかなり良かったんです。快適でしたし競争力も高かったんです。午後にはいくつか別のタイヤを試して、常に良いペースで走行出来ました。予選でソフトタイヤを履いた最初の走行も良かったです。ただ、残念ながら2番目に履いたタイヤが機能しませんでした。グリップレベルが低くてスピンが発生しました。最大にプッシュしようとしましたが、タイムアップが出来ませんでした。トップ5に入れる速さはあったんです。もしかしたらフロントローも可能だったかもしれません。でも時にはこういうことが起きるもので、今回はそれが自分に起きたってことです。」

ニコラ・グベール

「特に何も見つけることが出来ませんでした。ロッシはグリップを感じられなかったと言っていました。彼はラップタイムを0.1秒ほど改善出来ましたが、これはそこまで大きなものではありません。ですから、彼はタイヤからさらに強大なグリップを期待していたのでしょう。我々もヤマハと共に何が原因なのかを探っています。」

バレンティーノ・ロッシ

「3列目からのスタートとなりますが、これは常に難しいんです。このトラックではなおさらでしょう。ただペースに関しては悪くありません。ですから序盤から最後までプッシュしてどうなるかですね。そして天候がどうなるか、タイヤチョイスが実に重要になるでしょう。どのタイヤも使えますから、どのタイヤを選択するかが非常に重要になります。」

「ブルノで試した時から新しいフェアリングは気に入っていたんですが、チームと共にこのトラックは最適なトラックではないだろうと思っていたんですよ。ただ昨日はウイリーが多発してしまい、このフェアリングをテストすることにしたんです。これはウイリーに有効ですからね。乗りやすいですし、美しいフェアリングですね。レースでも使うでしょう。」

「トップスピードと燃費に関してはフェアリングによる影響はないと思います。ただレースを終えないとわかりません。燃料に関してはこのトラックは本当に要求が多いんですが、フルパワー(のマップ)で走ることが出来ると思います。ここでの状況は昨年と同じだと思います。しかしDucatiには少し接近しています。昨年はDucatiのアドバンテージが大きかったですから。」

「ただホンダが最も向上していると言えるでしょう。ホンダは昨年苦戦していましたが、今年は本当に強いんです。しかし昨年はレース前にテストをしていませんでした。マルケスも練習走行で怪我をしていましたし。(※転倒で肩を脱臼していた)自分達もハードに働いていますし、常に向上を続けようとしています。このトラックがM1にとって最高のトラックでないことはわかっています。ただ、トップ7からトップ8のライダー達、もしかしたらそれ以上のライダー達が、明日は速いでしょうね。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017フィリップアイランドテスト チームスズキECSTAR写真ギャラリー
★MotoGP2017 Avintiaレーシング 2017年のカラーリングを発表
★MotoGP2017カタールGP 決勝結果
★MotoGP2017 ペドロサ「アルゼンチン戦を楽しみにしている」
★ヤマハ 「BOLT ABS」「BOLT Rスペック ABS」2017年モデル発売
★MotoGP2017スズキ リンスのレース復帰は6〜8週間後の見込み
★プレストコーポレーション XT1200ZE フルパニアセット購入支援キャンペーン
★MotoGP LCRホンダ 2018年からMoto2のトップ選手を加えた2台体制を検討か?
★MotoGP2017フランスGP ヨハン・ザルコ「表彰台獲得が目標」
★バレンティーノ・ロッシ「さようなら。ニッキー。」
★ヘイデン一家 ヘイデン選手の意志に基づき、臓器提供に同意
★MotoGP2017 イアンノーネ「ル・マンでは完走することが大事だった」
★MotoGP2017 カタルーニャテスト結果
★MotoGP2017オランダGP予選3位 ペトルッチ「難しいコンディションだった」
★MotoGP2017ドイツGP ザルコ「夏休み前に再度表彰台を獲得出来れば最高」
★MotoGP2017ドイツGP 木曜プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2017チェコGP フォルガー「自分達の競争力の高さを再び証明したい」
★MotoGP2017チェコGP FP3結果
★MotoGPジャック・ミラー 2018年はPramac Ducatiから参戦
★MotoGP2017オーストリアGP ロウズ「アプリリアが間違っていると証明したい」