★MotoGP2017オーストリアGP 予選プレスカンファレンス翻訳

オーストリアGPの予選プレスカンファレンス翻訳です。各選手が、明日は気温が上がるとのことでリアタイヤ選択が非常に重要になるという話をしており、その他には前回のブルノのようなフラッグtoフラッグの場合にどうするかといった内容をセーフティーコミッションで話しあったのか?雨の場合にブレーキングポイントの危険性が露呈したレッドブルリンクだが、雨の場合はどうするか?といった質問が出ていました。

Sponsored Link

ニック・ハリス

「おめでとうマルク。FP4では転倒もありましたが今までのところは素晴らしい週末になっていますね。」

マルク・マルケス

「ええ。今のところは今週は昨年よりもずっと良いフィーリングです。昨年はトップ5に入るのに苦戦していましたが、今年は良いリズムがあります。色々な事を試しましたが、最終的には素晴らしいベースを作ることが出来ました。明日に関して準備が出来ています。明日はリアタイヤがどうなるかですね。ミディアムタイヤを試したんですが、良いポテンシャルがあるようです。ユーズドタイヤでも良い感触を得ていますし良い走行が出来ています。これが最も重要なことで、同様にポールポジションも重要です。ブルノの後でこうしてポールを獲得出来ましたし、これが自分に良いフィーリングとメンタリティを与えてくれます。ただ、明日はしっかりと自分達の今週の仕事をしないといけないと思っています。」

 

ニック・ハリス

「Ducatiが大きな脅威となる中で、ブルノテストでは本当に集中して作業をしたのでしょうね。」

マルク・マルケス

「ブルノテストではトラックでレースの時よりも改善することが出来ました。ここでどのようなセットアップが上手く機能するのかを探るために、作業をしていたんですが、チームは素晴らしい仕事をしてくれたと思います。FP1で走り出してすぐに昨年よりも良いフィーリングを得ることが出来ました。まったくバランスが異なるバイクになって失っている部分もあるんですが、逆に新たにプラスになった部分もあります。これが非常に重要なことで、明日はDucatiの2人が素晴らしいペースですし、ドヴィが特に速く、ヤマハもそこに加わるでしょう。後は天候がどうなるかですね。暑くなるようですが、適切なリアタイヤを選ぶということが最も重要なことです。」

 

ニック・ハリス

「マルクありがとう。それではドヴィ。昨年はここで2位でしたが、良い週末ですね。練習走行と予選でのタイヤチョイスは面白いものでした。」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「時には皆と違う戦略が上手くいくことがあるんです。予選でのタイヤチョイスに皆驚いたようですが、今日のコンディションは変わっていましたから。予選での決勝に備えて自分達のスピードを確認出来たのが良かったと思います。今朝のスピードは自分達が予想していたようなものでは無かったんですよね。ただタイヤが昨日とは異なる働き方をしたんです。あとはソフトタイヤを多用するということで、ライバルとくらべて変わった戦略だったと思います。スピードはあったんですが、苦戦はしていました。それで予選を迎えて良い走行が出来て、スピードもありました。そこで明日もこうしたスピードを発揮出来ればと思ったんですが、マルクが言っていたようにリアタイヤに関して正しい選択をするということが本当に重要です。これで多くが変わってきてしまいます。しかし気温が5℃6℃変わると大きな違いですが、決断を下す必要があります。簡単なことではありませんが、誰に対してもこれは同じことですからね。」

 

ニック・ハリス

「そしてもちろんブルノで使用した新しいフェアリングに関しては満足ということですね。」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「ええ。このトラックでは有効ですね。比較をしっかりしたわけではありませんから、詳細はわかりませんがポジティブな点、ネガティブな点はあるでしょう。ただ、自分達が成し遂げたいと思っていた内容に関して、うちのエンジニア達は良い仕事をしてくれたと思います。ただ今週末にスピードのあるライダーの後ろを走ってみたわけではありませんから、どうなるかはわかりません。加速、ブレーキングなど、それにマルクもヤマハもいますからね。レースの中で理解出来るでしょう。」

 

ニック・ハリス

「ドヴィありがとう。それではホルヘ、これで2度目のフロントロースタートですね。ブルノのテストも上手くいき、そしてここでフロントローを獲得しました。」

ホルへ・ロレンソ

「良い結果は良い仕事から得られると信じています。良い仕事が出来ていてフィーリングも良いですから。ブルノの週末でもこうした感覚を得ることが出来ましたし、その後のテストでは大きく前進が出来ました。ただ金曜の朝は大きく離されていたので大変でした。少しづつバイクを改善していき、自分のライディングも改善していきました。完璧なラップは出来ませんでしたが、非常に良いラップを3周連続して記録出来ました。これは明日に向けて非常に重要になると思います。自分のこのトラックでのコンスタントさ、正確性を発揮出来ましたし、ペースも大きく落ちていません。これは明日に向けて良い内容だと言えるでしょう。明日に向けて自分達の状態を確認する必要があるでしょう。ただ、自分達が正しい方向にいるというのは間違いないですね。」

 

ニック・ハリス

「そして新しいファリングはどうでしょう。ブルノテストでも使用していたものですが、ここでは大きく助けになると言えそうですね。」

ホルへ・ロレンソ

「自分のライディングスタイルではこのフェアリングの効果がより高いようなので、他のライダー達よりも自分のほうがメリットがあるということです。これは良いことですが、それ以外にも作業をしている部分がよりフィーリングを与えてくれるんです。それにバイクの理解も進んできましたしオールドタイヤで良いタイムを記録出来るようになってきました。」
 

ニック・ハリス

「ホルヘありがとう。それではフロアからの質問をどうぞ。」

 

Q

「Ducatiライダー達に質問です。マルケスはハード、ミディアム、ソフトのどれでもユーズドタイヤでタイムが出ていますが、あなた方のレース後半のペースはいかがでしょう?」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「先程もお話したように、今日はちょっと妙な形でした。自分達は他と戦略を変えて、昨日、今朝、午後に使用したユーズドのソフトタイヤを使いました。ペースはそこまでよくありませんでしたが、明日の走行でライバルが使っていたような他のタイヤでどうなるかを試すことが出来ます。どの程度のスピードが出せるかといったことを理解したり比較するのは難しいと思います。ただ自分達のスピードに関して心配はしていませんし、正しい選択が出来るかどうかを心配しています。

ホルへ・ロレンソ

「ドヴィのように昨日はユーズドタイヤを多用しました。そしてソフトのリアを使ってラップタイムを出していきました。自分は新品タイヤを履いた時のグリップの違いをはっきりと感じることが出来るので、そこは他のDucatiライダー達とは少し違うのかもしれません。ただ、ユーズドタイヤであってもスペシャルなラップというのは出来ませんでしたが、非常にコンスタントなラップを記録することが出来ました。明日は新品タイヤを履くことで、ライバル達よりもスピードを発揮出来るのではないかと思います。いずれもコンスタントに走行出来ますから、ソフト、もしくはミディアムで良い走行が出来るでしょう。

 

Q

「昨日はセーフティーコミッションのミーティングがありましたが、そこで何を話したのか?またホルヘ、今回のヘルメットは今回が限定なのか、それとも今後継続して使用するのでしょうか?」

マルク・マルケス

「昨日のセーフティーコミッションの主な話題はフラッグtoフラッグでした。ピットレーンの安全性を向上することが話し合われました。色々な意見が出て、レースディレクションが意見をまとめています。その中の1つにはピットレーンの速度を40km/hにするという内容があります。これなら色々なものがしっかりと認識出来てメカニックがどこにいるか、他のライダーがどこにいるかもわかりやすくなります。あとはピットインする選手とピットアウトする選手の優先度合いを変更するというものです。今はピットインするバイクが優先ですが、自分はピットアウトするバイクのほうに優先権があったほうがいいと思います。ピットにやってくるバイクのほうが色々と状況を見ることが出来ますから。あとはロリポップガイを設けるということです。ただ、これは1人のライダー専用のというものではなくて、表示された番号で自分がピットアウトする番なのだと理解出来るというようなものです。こうした内容を検討して、すぐにどうなるかが発表されるでしょう。」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「昨日は22人のライダーが同じ部屋に集まっていたわけですから、本当に色々な意見が飛び交いました。ただ、まだ決定はしていません。ある方向ではポジティブですけど、そうとも言えない場合もあります。改善は出来るでしょうけど、完璧にすることは不可能でしょう。とは言え意思決定はしないといけないわけですけどね。」

ホルへ・ロレンソ

「ええ、本当に色々な意見が出ました。22人のライダーが一同に集って、しかも若いライダーもいますから上手くコミュニケーションが出来ないという状況もありました。自分が思うにフラッグtoフラッグのリスクを全て消し去るということは不可能です。自分の意見としては皆が同時にピットインをしてレースを中断。そしてレースをリスタートするというものです。ピット内での色々な混乱を避けるためにね。ピットレーンで色々なリスクが存在することになってしまいますから。これが自分の意見ですが、皆が1つの意見に賛成する必要があるわけです。いずれにしても、自分はピットレーンでの全ての危険性を取り払うというのは非常に難しいことだと思います。ヘルメットに関しては今回限定のものです。Ducatiは赤がテーマカラーですから、赤をテーマにしたヘルメットを作りたかったんです。このレースはDucatiにとっても特別なレースですから。他のトラックで使用する予定はありません。」

 

Q

「トラックコンディションに関してなんですが、今日と昨日を比較していかがですか?またいくつかのライダーは燃料消費が明日のレースでは鍵になると話していますが、それに関してはいかがでしょう?」

マルク・マルケス

「確かにトラックコンディションは昨日から良くなりましたが、これは雨が降らなかったからで、ここは雨が少し汚いというか、雨が降ると路面に載ったゴム(※タイヤ)が落ちてしまうようなんです。ただ、今日はFP4ではより多くゴムが載っていたようで、タイヤグリップが良かったんです。燃料消費に関しては、自分は全く問題ないですね。」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「今朝はより滑りやすいと感じました。ただ午後に関しては少し良くなって、これは自分達が使用したタイヤによるものか気温なのかは少しわかりません。燃料消費に関しては皆が限界だと思いますが、だからといって非常に厳しいということではないと思います。」

ホルへ・ロレンソ

「グリップが走行ごとに良くなってきたと思います。今朝に関してはブレーキングでフロントがロックしてしまうこともあって難しかったですけど、全体的にはグリップは良くなっています。燃料消費に関しては特に問題にならないでしょう。」

 

Q

「激しい加速ポイントがあるこのサーキットでこうした結果を得たということは、今まで抱えていた加速に関する問題を解決したのでしょうか?」

マルク・マルケス

「正直なところ、今週に関しては加速で失っているということはありません。どうやらライバル達と似たような状況で、良いバランスを見つけることが出来ました。昨年はもっと失っている部分がありましたが、昨年はウイングがありませんでしたし、バイクのバランスも完全に異なるものでした。今年はバイクのフィーリングも加速も昨年より良いんです。もちろん他の部分で失い、苦戦している部分はありますが、自分もまたバイクに自分のライディングスタイルを合わせようとしているんです。ですからこうやってこのトラックでスピードを発揮してポールポジションというのは嬉しいです。ただあくまでもポールはポールで明日はまた競争力を発揮する必要があります。表彰台を獲得することが重要ですが、今の感じだと優勝も狙えるでしょうね。」

 

Q

「ブレーキングポイントが危険だということで、明日のレースが雨になる心配はしていますか?」

マルク・マルケス

「そうですね。Moto2のFP1を見ましたけど、雨でもレースはしないといけませんが、誰も一番最初にトラックに出ていきたいという気分のライダーはいないでしょう。MotoGPではブレーキングポイントでのスピードも高いですからね。ただ明日は今日よりも暑くなるようですから心配はしていませんが、昨日何が起きたのかを理解することが必要でしょう。あれは本当に危なかったと思います。

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「マルクが言ったように、ウェット走行でストレートでフロントがロックすると、そこからどうにかするっていうのはほぼ不可能なんです。これはかなりの問題ですし、レースディレクションが何か対策を講ずるべき問題でしょう。来年も同じことが起きるかもしれませんからね。ランアバウトを設けるとかなのかもしれませんが、それだけなのかどうかはわかりません。ただレースディレクションは将来に備えてしっかりとこの問題を分析する必要があるでしょうね。」

ホルへ・ロレンソ

「これはセーフティーコミッションで話した内容の1つでもあるんですが、雨がここで降った場合にレースをするのかどうなのかというのははっきりしていません。今のところは雨が降ったとしてもレースをするような事になりそうですが、今年は雨は降らないようです。ただ、F1のタイヤが路面に残っているものが、雨が降ると非常に滑りやすくなることは変わりません。そしてオーバーテイクをしようと思ったら、他のラインを使用するっていうのは不可能なんです。簡単にフロントがロックしてしまうんです。非常に危険な状況だと思います。」

 

ニック・ハリス

「ありがとうございます。それではSNSの質問をスティーブからお願いします。」
 

スティーブン・デイ

「ホルヘ、Instagramからの質問です。”もちろん毎戦勝ちたいと思っているのでしょうが、もしDucatiで初勝利を上げることが出来る1つのサーキットを選べるとしたら、そこはどこでしょう?”」

ホルへ・ロレンソ

ここでの優勝ですね。出来るだけ速く優勝したいと思いますから(笑)」

スティーブン・デイ

「オーストリアでないとしたらどこでしょう?」

ホルへ・ロレンソ

「その次の1戦です(笑)」

 

スティーブン・デイ

「なるほど(笑)それではドヴィTwitterからの質問です。”ライダーとして最も嫌な仕事はなんでしょう?そしてどのようにそれを我慢しているのでしょうか?”お願いですからこのソーシャルメディアクエスチョンとは答えないで下さい(笑)」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「答えは簡単でメディアとの対応ですよ(笑)ライダーにとっては最高の仕事ではないです。これは真実でしょう。誰もこういう意見を言いませんけど、自分達がレースを始めたのはトラックに毎日いたいからなんです。家に帰ったりレースをしたり、バイクに乗ったり、他のスポーツをやったりという感じで、レースをする中でこうしたことを繰り返していてラッキーなんだと思いますけど、もし選ぶことが出来るなら、メディアの時間はあまりという感じですね。(笑)」

 

スティーブン・デイ

「ごめんなさい(笑)ただ、我々も仕事ですので(笑)最後にマルク。Twitterからの質問です。”自分について何か変えたいことがあるとしたら、それは何?”」

マルク・マルケス

「ライディングスタイルとかですか?」

スティーブン・デイ

「なんでも結構です。」

マルク・マルケス

「飛行機に乗っている時間ですかね。家からサーキットに一瞬でドアを開けるだけで行けたら最高ですよね。自分は空港だとかそこでの待ち時間だとかが大嫌いなんです。まるで時間の無駄をしているような感じですから。」

スティーブン・デイ

「質問者から”マルク、どうかそのままでいて”というメッセージが届いています。(笑)」

マルク・マルケス

「OK(笑)そうしましょう(笑)」

 

ニック・ハリス

「それでは皆さんありがとうございました。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017 ジョナス・フォルガー「今週末のレースには自信がある」
★MotoGP2017アルゼンチンGP リンス「足の痛みがなければ。。」
★MotoGP2017アルゼンチンGP Q2結果
★MotoGP2017アルゼンチンGP ビニャーレス「満足しているし、自信もある」
★MotoGP2017アメリカGP ドヴィツィオーゾ「COTAでは高い戦闘力を発揮出来る」
★MotoGP2017アメリカGP FP1-3総合結果
★MotoGP2017フランスGP ギュントーリ「ル・マンでの走行が本当に楽しみ」
★MotoGP2017フランスGP ペドロサ「リアグリップを感じられなかった」
★MotoGP2017オランダGP ザルコ「ロッシの後を継ぐのはライダーの夢」
★MotoGP 2017ドイツGPのブレーキングをブレンボが徹底解説
★MotoGP2017ドイツGP 5位ロッシ「今日の5位は悪くない結果」
★MotoGP2017レプソルホンダの2人の特別レース
★MotoGP2017 カル・クラッチロー「全てのコーナリングでマルクは他のホンダライダーよりも優れている」
★MotoGP2017チェコGP クラッチロー 第6頚椎を骨折したまま5位を獲得
★Ducati V型4気筒のスーパーバイクの動画がリークか?
★MotoGP2017イギリスGP 3位ロッシ「優勝するには、リアタイヤの摩耗を改善する必要がある」
★MotoGP2017サンマリノGP ザルコ「トップ5で完走しポイントを獲得したい」
★MotoGP2017 リン・ジャービス「エンデューロが最高のトレーニングとは思わない」
★ニッキー・ヘイデンの死亡事故の過失割合が明らかに ドライバーには懲役5〜10年の判決の可能性
★MotoGP2017日本GP ロッシ「フルウェットならペースは悪くないはず」