★MotoGP2017オーストリアGP3位 ペドロサ「タイヤのロック、スピンが発生し苦戦した」

終盤はバトルを繰り広げるドヴィツィオーゾ選手、マルケス選手に加わるかという形のペドロサ選手でしたが、僅かに力及ばず3位となりました。リアタイヤのスピンに苦しんでいたとのことですが、今シーズンの安定感は抜群と言えるでしょう。しかし表彰台での蝶ネクタイがお洒落ですね。

Sponsored Link

Q

「素晴らしい週末でした。ジェームズ・ボンドになった後に表彰台を獲得。良い7日間でしたね。」

決勝3位 ダニ・ペドロサ

「今週は正しいセットアップ、適切なフィーリングをタイヤから得るのが難しい週末でした。FP1では全てのブレーキングでフロントタイヤがロックしてしまって、コーナー立ち上がりではリアがスピンしまくっていました。そのせいでリアタイヤの温度が上がりすぎるというような問題もあったんです。昨日はQ1から予選を走り、タイヤがもう無かったことで8位グリッドとなりました。」

「レースでは思ったよりスピードを発揮することが出来ました。レースの中でもタイヤのロックやスピンという問題は引き続き発生していたんですが、レース戦略は良かったですね。序盤はあまりアグレッシブに攻めずに、燃料満載の時はペースを抑えていました。最後にはペースを上げていったんですが、リアタイヤの温度が上がりすぎてしまい、スピンが多くなってしまいました。最後は前の2人に追いついていったんです。ホンダのワンツーなら最高ですから。最終的には表彰台を獲得出来ましたけど、誇りに思っていますし、チームが素晴らしい仕事をしてくれたと思っています。」

 

Q

「皆がアンドレアとマルクの素晴らしいバトルについて話していますが、あなたのバイクから見えたバトルはどうだったのでしょうか?」

ダニ・ペドロサ

「マルクが頑張っているのは見えましたけど、最終コーナーは簡単ではありません。本当にタイトですからね。これでDucatiは3勝目で、今シーズンは彼らは素晴らしい仕事をしていると思います。1つ2つのサーキットで速いわけではなくて、間違いなく注意していく必要があるでしょう。今日はグリップを得るのに苦戦しましたが、さらなるグリップを発揮出来るように作業をしていきます。そうすればもう少し速く走れるでしょう。」

 

Q

「次は2週間後のイギリスGP、シルバーストーンです。天候はいつも怪しいですが、シルバーストーンに向かうに当たっての心境をお願いします。」

ダニ・ペドロサ

「簡単なトラックではないですね。いつも自分は天候で苦戦してしまいます。良い仕事が出来ればと思います。序盤に集中して時間を使って、正しいタイヤ選択をしたいと思います。そしてまたトップで走れるようにしたいと思います。」


(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト1日目 フォルガー「スタンダードなM1の調子が良い」
★MotoGP2017カタールテスト2日目 アレイシ・エスパルガロ「レースではこんなリスクは冒せない」
★MotoGP2017アルゼンチンGP アブラハム「Ducatiはいつだって素晴らしいバイク」
★MotoGP2017 ロッシが今年10度目のタイトルを獲得出来ると言える理由
★MotoGP2017ヘレスGP Q2結果
★MotoGP2017ヘレスGP 予選3位クラッチロー「蜂に胸の辺りを何度も刺された」
★MotoGP2017フランスGP ウォームアップ結果
★MotoGP2017フランスGP 3位ペドロサ「昨日を考えると素晴らしい結果」
★ホンダ ニッキー・ヘイデン選手の逝去について
★MotoGP2017イタリアGP 予選5位ペドロサ「最初の数週に強い走りをすることが重要」
★MotoGP2017イタリアGP 予選プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017カタルーニャGP 2位マルケス「難しい状況の時はポジティブな事を見つけ、楽しむ事が大事」
★MotoGP2017カタルーニャGP 5位ヨハン・ザルコ「トップ集団に追いつけると思っていた」
★MotoGP2017オランダGP予選1位 ザルコ「表彰台獲得の良いチャンス」
★MotoGP2017 ダニロ・ペトルッチが解説するMotoGPマシンのサムブレーキ
★MotoGP2017 エルヴェ・ポンシャラル「カルこそ、全てのモーターサイクルレーサーがなるべき姿」
★MotoGP2017チェコGP マルケス「ブルノはフィジカル面で要求の多いトラック」
★MotoGP2017 ブルノテスト結果
★MotoGP2017オーストラリアGP 木曜プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2017バレンシアGP チャンピオンシップ優勝プレスカンファレンス