★MotoGP2017オーストリアGP4位 ロレンソ「燃料消費、タイヤ右側のグリップに苦戦した」

1周目にマルケス選手からリードを奪って快調な走りを続けていたロレンソ選手でしたが、燃料消費の問題、ソフトリアタイヤの右側のグリップ低下に苦しみペースダウンせざるを得なかったとのこと。ただ、トップとの差は縮まっていますので、今後の走りに期待しましょう。

Sponsored Link

オーストリアGP4位 ホルへ・ロレンソ

「最高の結果ではありません。ヘレスでは3位でしたから。しかしヘレスではダニから14秒離されていました。モントメロではドヴィから9秒、しかし今回はその差は今までで一番小さいんです。そして今まで一番長く10周トップで走行することが出来ました。そして今回は1列目だったわけです。ですから、全体的にパフォーマンスに関しては最高の週末だったと言えるでしょう。最高のフィーリングでしたしパフォーマンスもそうでした。この結果には満足すべきだと思います。ただ、嬉しくはありません。当たり前のことながら、もっと上を目指していますし、チームも自分からはさらに素晴らしい結果を望んでいるわけです。ただ、最近は自分達は素晴らしい前進を果たしています。そしてミサノテスト(※月曜)でさらなる飛躍を遂げたいと思います。」

「今日は自分には2つ問題がありました。燃料がギリギリだったので、3周目から燃料セッティングを変える必要がありました。一番パワーが無いセッティングです。そして自分のバイクも通常よりも遅くなってしまったんです。トップの3人と比較するとストレートスピードでかなり負けている状況でした。自分は普通に乗っている状態でしたけど、新品タイヤのメリットを自分のほうが引き出せるようで、そのアドバンテージを活かして走っていました。ただ、スロットルに関してはアグレッシブにならないようにしていました。もう少し良いペースであれば、彼らは自分を捉えるのにもう少しかかったでしょうし、もしかしたら自分を捉えることが出来なかったかもしれません。」

「ただ残念ながら、優勝するために同じペース、0.1秒プラスといったタイムを維持することが出来ませんでした。ラップ12から15にかけてタイヤ右側のかなりのトラクションを失い、スローダウンを余儀なくされました。リアタイヤに関しては、ソフトタイヤが正しい選択かどうかまったくわかっていませんでした。タイヤ右側のトラクションがなくなってしまいましたからね。ただ、バイクの上ではより自然ライディングが出来ました。経験と知識を積んでおり、遅かれ早かれ優勝は出来るでしょう。重要なことは上位のライダー達との差が縮まっているということです。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト2日目 ビニャーレス「今年は最低5名のライダーが優勝出来る」
★MotoGP2017カタールテスト3日目 レディング「久しぶりに速く走れると感じた」
★MotoGP2017 ホルへ・ロレンソ「Ducatiではより尊敬されている感じる」
★Ducati 新型V4スーパーバイク「Quattrofromaggi」を商標登録
★MotoGP2017アルゼンチンGP ミラー「さらに結果を求めていく」
★MotoGP2017アメリカGP Q2結果
★MotoGP2017アメリカGP リンス「転倒で支払った代償は大きい」
★MotoGP2017スズキ リンスの代役にテストライダーの津田拓也を起用
★MotoGP2017ヘレスGP 予選4位ビニャーレス「タイヤ左サイドのスピンが問題」
★ミシュラン モータースポーツの伝説であるヘイデン選手へ最後のお別れ
★MotoGP2017カタルーニャGP Q2結果
★MotoGP2017 バレンティーノ・ロッシ「モルビデッリは皆にとって来年強敵となる。」
★【7月29~30日】Ducati Road Show 2017 – “コカ・コーラ”鈴鹿8耐 イベントエリア(BASE8耐) @ 鈴鹿サーキット
★MotoGP2017 ブルノテスト結果
★MotoGP2017 Ducati CEO クラウディオ・ドメニカーリ「ドヴィの事を讃えたい」
★Marc VDS ティト・ラバト2014年のMoto2タイトル獲得マシンが盗まれる
★MotoGP2017サンマリノGP ウォームアップ結果
★MotoGP2017アラゴンGP12位 イアンノーネ「今までのレースより苦戦しなかった」
★MotoGP2017アラゴンGP 決勝プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2018 ジャック・ミラー 2018年シーズンのスタジオ写真